2019年

1月

15日

1月21日は、『獅子座』の満月です。

 

昨日は、例年になく全国的に快晴になり、平成最後の「成人の日」になりました。

 

新成人の方々は、どんな思いでこの日を迎えたのでしょう。

 

これからは自分の言動に責任を持ち、社会での義務を果たしていく始まりです。

 

今、二十歳で描く将来への理想や夢はどんなものなのでしょう。多くの人は、社会の中で自分の可能性に挑戦したいと、前向きに行動していくのだと思います。

 

ただ、自由な選択ができる一方、社会ルールに違反すると、社会での厳しい制裁があります。これまで大丈夫だったことが、これからは大丈夫ではなくなるということです。

 

専門学生や大学生にとっては、二十歳ではあっても学生という立場です。

 

社会的には、成人という立場にもあることを自覚しなければなりません。学生気分で社会的なモラルやルールに反した行動をしてしまうと、社会的に厳しく評価されることになりかねません。社会人としての自覚をもって、今の世の中をよい方向へ動かしていく新成人であって欲しいと願っています。

 

1月5日に山羊座であった部分日食のメッセージは、個人の「社会的な評判」がテーマでした。この影響は、次の7月3日に起きる蟹座の皆既日食まで続くので、それまでの期間は、個人の「社会的な評判」を健全な形で築いていくよう努めましょう。

 

詳しくは、山羊座の新月「日食」の活用法をご参照ください。

 

1月21日には、獅子座で皆既月食が起きます。この獅子座の月食の活用法は、改めて満月近くにお伝えしたいと思います。

 

1月27日は、毎年恒例のビジュアルボード講習会です。今年1年の夢(目標設定)を、意識レベルを高めるドリームマップ化して、参加者の皆さんとシェアしたいと思います。事前の講習会では、昨年1年を振り返って必要でないものや、とらわれていた気持ちと向き合って頂きました。グループワークでは、昨年の個人の体験を話して頂き、それぞれが他者の体験を通して、客観的に物事の本質に気づき、必要なことを学ぶことができました。

 

その後はホームワークにて、やわらか頭で本当に自分がやりたいことを、リストに書き出して頂いているところです。27日には、今年の皆さんの素敵な夢をシェアできることを楽しみに、私自身も今年の夢を描いているところです。

 

夢の実現を達成するために、「〜しなければならない」という思考は失敗傾向にあります。自分の気持ちに素直に従って、楽しんでやりたいこと、少し頑張ってチャレンジしたいこと、心がワクワク、ドキドキするような目標を立ててみてくださいね。

 

ドリームマップは、可能な自分の夢を実現させるための、プロセスを楽しんでいくアイテムです。このドリームマップは、1年毎に更新していくと、本当に「やりたいこと」「なりたい自分」に無理なく自分のペースで近づいていくので、自らの人生をよりよい方向へ進むことができます。

 

もちろん、数年先の長期的な夢の実現に向けて、意志がブレないよう確実な「道しるべ」の役割を果たしてくれるでしょう。ビジュアルボード講習会は、グループワークならではの、お互いが描くドリームマップに刺激され、モチベーションを高める場です。

 

ドリームマップに関心や興味があるけれど、「まだやる気になれない」「忙しくて時間がない」「どうせ自分は続かない」と自分の可能性を制限している考え方は、とても、もったいないかもしれません。自分の人生に責任を持つことは、現世に生まれてきた私たちにとって、自由に生きるための権利と言えます。

 

自分の人生を自分でプロデュースすることに制限をかけてしまうと、それまでの人生で終わりがちです。どうせ1度しかない人生を、思いっきり楽しめるように「やりたいこと」「なりたい自分」を最大限に思い描いてみても良いのではないでしょうか。

 

私自身は、2012年からドリームマップを更新し続けています。年月を重ねる毎に、ドリームマップに描かれるイメージが、より明確に広がり進化を遂げていることが確認できます。将来の夢を描いていると、ワクワクやドキドキといった感情が湧き出て、モチベーションが高まります。

 

これからチャレンジする目標がとても楽しいことだと認識していると、湧き上がる情熱を仕事や生活の原動力とし、意識的に目標達成に必要な行動ができるようになります。多少の困難に見舞われても、それを乗り越えるよう努力もできるようになります。常に理想(=目標)と現実のギャップを埋めながら、将来が確実な理想の世界となるよう導いてくれるのも、ドリームマップの役割です。

 

ティクレサイトをご活用の皆様、少しでも関心・興味を寄せられる方は、これをきっかけに2019年の目標設定にチャレンジしてみてください。サイト上でご紹介する毎月の新月ワーク満月ワークを行なうことで、これまでの日常生活に変化が起き、努力した分の成果を得られやすくなるでしょう。

 

今、月のサイクルは『上弦の月』になりました。私たちの気力が充実し、行動力と表現力が優れて何事にも頑張れる時期です。新月から始めた計画に従って、積極的に行動を起こしてください。

 

心理的には、意識と無意識の間で葛藤が起きる時期でもあるので、何かと計画通りに進まないこともあるでしょう。けれども、目標を達成するためには、しっかりと目標を見据えて、気持ちがブレないように意識してみてください。今、あなたが経験していることは、自己成長するために必要な経験だということを忘れてはいけません。夢を叶えるということは、日々の努力の積み重ねなのです。

 

これから『満月』に向かって、心と身体が徐々に緩んでいきます。満月に近づくにつれて、イライラしたり落ち込みやすくなったり、あるいは気分が高揚したりと、バランスが崩れて不安定になりやすい時期へと移ります。感情のコントロールができない時には、レスキューレメディを飲んでみましょう。深呼吸やストレッチをおこなうのも効果があります。

 

また、そういう時期なのだと割り切って、無理をしすぎないよう意識して、ストレスを溜めないようにしてください。『新月』に願ったことを達成できるように、今の迷いを断ち切り、迷わず『満月』に向けてチャレンジしていきましょう。

 

山羊座の新月から獅子座の満月までにやっておくとよい行動は、

 

「1日の合理的な時間配分を身につける」

「モラルと責任を持ち、手抜きをしない」

「自分のすべきことを全うする」

「長期的なより高い目標を設定する」

「物事を妥協しないで行動する」

「尊敬する人にコンタクトをとる」

「目上の人と行動をともにする」

「父親と話をする」

 

など、何か1つでも行動に移せると良い流れに乗れるでしょう。

 

大学入試センター試験は、今週の末の19日と20日に実施されますので、受験生の皆さんは、もうひと頑張りのときですね。自分が果たしたい夢に向かって、今の受験に挑戦してください。

 

ブレない意志と情熱、今ある全てのエネルギーを受験に注ぎましょう。この時期、最後まで諦めず、良い結果を得られるという前向きなイメージで受験しましょう。これまでコツコツと積み上げてきたことは、良い結果を引き寄せるでしょう。

 

『月のワーク』で最も大切なこと…

 

目標は、必ず身近で達成できる小さなことから始めるということ。

そして、成功体験を繰り返しながら、その達成感や充実感を脳に記憶させること。

 

小さな成功体験の積み重ねこそが、大きな目的を達成させる行動力や継続力、意志力を強めていく秘訣になります。『自らの心で決めたことを、実現するために体で実行していく』この一連の流れは、体内で幸せホルモンの分泌を促し、脳内に成功体験の充実感を与えてくれます。

 

何度もこれを繰り返すことで、脳に成功体験の流れを蓄積していくシステムを確立します。この脳内に作られたシステムこそが、不可能を可能にする『幸せを引き寄せる源』になるということになります。

 

今回の獅子座の満月は、自分のワガママを手放し、謙虚さを学ぶチャンスを与えてくれます。満月の感謝ワークと共に、獅子座の象徴する苦手意識を解放するワークを行いながら、自己成長を促していきましょう。

 

 

今回の『満月ワーク』について、ご紹介いたします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

1月21日(月)14:17は、獅子座に位置する満月です。

 

満月の浄化パワーの影響は、月が満ちる前後8時間といわれています。

 

ボイド時間は、ワークに適さない時間帯です。(※ボイド時間の説明はこちら

 

 1/21(月)10:51 ~  12:56(獅子座のボイド時間)

 

今回の獅子座のボイドは、自信過剰で自己中心的になるかもしれません。そのため、視野が狭くなって人のアドバイスを受けつけない傾向にあります。自分の非を認めなかったり、相手の状況が見えないまま、自分の意見を押しつけてしまうでしょう。

 

何事にも過剰な自己アピールをしやすく、周りの人たちの反感を買うかもしれません。人の意見に過剰反応してしまう場合は、気持ちが落ち着くように深呼吸をして、謙虚な気持ちで自らの視野を広げるように意識してみましょう。緊急時にはレスキューレメディを飲むのもお勧めです。特に今回の満月の影響で不安定になりやすい月星座の人は、『牡牛座』『蠍座』の人です。

 

占星術の観点では、月は私たちの感情や情緒を司り、過去の記憶を刻印された天体です。私たちの素の自分(無意識)でおこなっている行動パターンは、月に蓄えられた私たちの過去の癖に従います。したがって、同じ状況では同じような対応を無意識にしてしまうので、過去に犯したうっかりミスは同じ状況になると、また同じうっかりミスとして繰り返すことが多くなります。

 

失敗を繰り返さないようにするには、月が影響を及ぼす無意識の行動パターンの癖を、はっきりと自覚し、意識的に自制心のコントロールに努めることが必要になります。この自制心のコントロールをサポートするものが、フラワーレメディの波動です。様々なマイナスの感情を癒し、感情をニュートラルな状態に戻してくれるので、意識的に自制心のコントロールがしやすくなるでしょう。

 

月は、私たちの無意識(潜在意識)に働きかけます。私たちが気づかないうちに満月の影響を受けた感情から、良くも悪くもその態度や行動をしがちです。月が及ぼす私たちへの影響をプラスに発揮することで、心と身体や精神のバランスを調整することができます。無意識を意識化して、プラスの思考を持つことで、夢や目標を実現させることが可能になります。まずは、手放したいマイナス感情を解放していきましょう。

 

満月の時期は、新月に立てた目標が成熟します。緊張感や不満感が一気になくなり、脱力ムードになる時期でもあります。そのため、満月の感謝ワークや瞑想などを行いながら、自分を客観的に見つめやすくなれるでしょう。

 

2019年1月6日の山羊座の新月で立てた目標を、もう一度思い返してみてください。

 

半年前の『獅子座の新月』で立てた目標に対して、努力してきた人にとっては、これまでの成果を得られる時期になりました。目標が達成している場合は、宇宙の法則や周りの人たちに感謝を忘れず、そのまま前進してみましょう。

 

目標が達成していない場合は、目標の内容に無理がないかどうか、目標を達成するための行動ができているかどうか、その原因を分析したり、代替案を考えたりするとよいでしょう。

 

獅子座の満月は、周囲から注目されたり、認められたいという欲求が高まるので、普段よりも気分が高揚してハイテンションになるかもしれません。そのため、自分の魅力を周囲にアピールするあまり、自分の意見や欲求をゴリ押しするような自己中心的な振る舞いをしやすくなるでしょう。

 

間違った判断や意見を正当化して、周囲の人たちと衝突する可能性があります。それでも、自分は正しいことをしているのだからと、人のアドバイスに耳を傾けられず、傲慢な態度を貫く傾向があります。獅子座の満月は、あなたに独善的ではなく、健全な自己表現について要求してくるでしょう。

 

「間違ったことを正当化していないか」「傲慢な態度をとっていないか」「目上の人に非礼していないか」「周囲の声を無視していないか」「浪費していないか」など、自分の状態を確認してみましょう。この時期、あなたが自己中心的に振る舞うと、あなたの夢を応援してくれる理解者や味方を失ってしまう恐れがあります。

 

夢を叶えるためには、「俯瞰的な視点」や「謙虚さ」を育てる必要があります。意識的に視野を広げて物事を捉えながら、人のアドバイスを素直に受け入れられると、堅実な判断や決断ができるようになるでしょう。

 

満月は、浄化パワーが強いときです。自分に必要がないもの、必要なくなったものを手放す「解放ワーク」をするとよい日といわれています。(例えば、デトックスのためのダイエット、不要な物の断捨離、影響されているものからの解放など…)

 

獅子座に関係する解放テーマは、

 

「独善的」「傲慢」「短気」「自己中心的」「プライドの高さ」「支配的」「生意気」

「自意識過剰」「頑固」「批判的」「浪費」などです。

 

これらのマイナス感情を抱いている人は解き放つようなお願いをするとよいでしょう。

 

例えば、

 

○私は、自己中心的な考えを手放し、素直に周囲の意見やアドバイスを聞いています。

 

○私は、過剰なプライドを手放し、周囲と上手く協力してビジネスチャンスを広げています。

 

○私は、短絡的な行動を手放し、先を見据えた計画のもと的確な行動ができています。

 

○私は、短気さを手放し、焦らず冷静に目の前の問題を解決しています。

 

○私は、独善的な態度を手放し、全体を見て信頼される行動ができています。

 

○私は、プライドの高さを手放し、人に愛される親しみやすい態度で接しています。

 

○私は、自分の無知さを手放し、気になる知識を基礎から学んでいます。        

 

○私は、誤りを自己正当化することを改め、自分を誤摩化さず誤りを修正できています。

 

○私は、目の前の辛さから逃げず、現実を受け止め自分のすべきことを全うしています。

 

○私は、支配的な態度を手放し、周りから信頼される健全なリーダーシップを発揮しています。

 

○私は、自意識過剰な態度を手放し、冷静に自分を客観視して周囲と調和しています。

 

○私は、視野の狭さを手放し、問題の原因が何であるか本質を見抜き解決できています。

 

○私は、傲慢な態度を手放し、人に対する優しさと謙虚さを培っています。

 

○私は、頑な態度を改め、柔軟な頭で物事の対処がスムーズにできています。

 

○私は、他人に対する批判を手放し、価値観が違う相手でも健全な態度で接しています。

 

○私は、会話中に人の意見をさえぎる癖を改め、相手の話を最後まで傾聴できています。

 

○私は、目上の人への言葉遣いを改め、相手を敬い信頼関係を深めています。

 

○私は、日頃の浪費癖を手放し、現実的な金銭感覚で収支管理ができています。

 

○私は、無駄遣いせず、

 (旅行、結婚、引っ越し、具体的な目的)のために堅実な貯金ができています。

 

獅子座が支配する身体部分は、「背中」「背骨」などがあります。症状では「コリ」「痛み」「炎症」などがあります。また、身体が熱に弱く、心配や疲労、病気のためにやせ衰えてしまう「憔悴」といった症状があります。この辺が気になる方は、改善または健康を促進するお願いをするとよいでしょう。

 

実践的なことでは、背中や背骨の部位は、なかなか自分ではケアしにくいところなので、整骨院や鍼灸院などでの整体やマッサージ、エステサロンでのアロマトリートメントなど、背中を中心にボディケアをおこなうと良いでしょう。身体が冷えると筋肉がこわばってしまうので、ゆっくりお風呂に入ってから、背中を中心としたストレッチをおこなって、リラックスすると眠りの質が高まります。

 

獅子座に関係する象徴キーワードは、

 

「創造力」「自己表現」「情熱」「自信」「勇気」「決断力」「存在感」「寛大さ」「遊び」

「愛とロマンス」などです。

 

獅子座の人の特徴は、誇り高く情熱や自信がある中で何かを創造し、自己表現することが得意です。自己表現したいという本能的欲求から自分をアピールし、人から認められ、賞賛され、そして愛されることを無意識に求めています。人生のあらゆる局面で、生きる喜びを追求しようとする情熱家です。物怖じせず自分の夢を追い、誇り高く生きようとします。その結果、周囲にも認められたり賞賛されて、実りある人生になるでしょう。

 

ただ、自信が傲慢さに変わってしまうと、バランスの崩れた自信過剰に陥ってしまうため、独善的な振る舞いをしがちになります。そうなると、周囲と衝突することが多くなります。自分が注目されないでいると周りをひがんだり、自尊心を傷つけられるような挫折を体験すると、ひねくれたり、無鉄砲になったり、投げやりになる傾向があります。

 

獅子座の支配星は、『太陽』です。

 

『太陽』は、生命の根源、バイタリティー、自我を表し、名誉、勇気、意志力、向上心、健康を司り、人生を切り開くパワーを与えてくれます。社会に示す「表の顔(自己表現)」を意味し、自分が自分らしく生きるためのエネルギーを表します。個人の性格や意思などに最大の影響力を与え、自らがこのように生きたいという「人生の目的」を示し、その人生を成功に導く役目を果たします。

 

蟹座に対応するフラワーレメディは、「バーベイン」です。

 

「バーベイン」タイプの人は、独自の強い理想主義や固定概念があり、強い信念から外の世界を変えようとする欲求があります。そのため、周囲にもその意図を理解させようとするあまり、何時間でも過剰な熱弁を振います。自分の考えに優越感を抱きながら固執するあまり、平凡な考えには我慢ができないため、他人の意見や忠告には、いっさい耳を傾けようとはしません。

 

自己中心的な押しつけがましい態度で、相手に接してしまうため、相手を疲れさせ自分自身をも疲れ切ってしまう傾向があります。正義感が強く自分は正しいことをしている、という思い込みも強いので、根は真面目でも自分の横柄さには、まったく気づくことができません。

 

したがって、使命を果たそうとする意欲や活動欲から能力以上のことを自分に課してしまう慢性的な態度は、間違ったエネルギーを漏出し続けてしまいます。その結果、過剰なエネルギーは、自分自身の交感神経に影響を及ぼすことになり、興奮状態、緊張状態が原因で、高血圧や筋肉の硬直、睡眠障害、神経過敏、ストレスという形で現れやすくなります。

 

前向きな「バーベイン」タイプの人は、自分の情熱と心の内を適切にコントロールします。自分の限界を知り、賢明で有能な人の助言を尊重します。また、人生においての目標設定にも、どの程度の力が必要なのかを良くわきまえています。

 

周囲を皆公平に扱い他人を尊重することができるので、相手を褒めながら協力し合える関係を築けます。その結果、心が安定した状態で自分の目的をやり遂げることができます。自己本位でない自分の能力や知識を人に積極的に与え、人がそれぞれの方法で幸せをつかむことを黙って見守ることができます。必要とされた時には、寛容な態度で人を助けられるので、自然と周囲にも認められ、内心的に満ち足りた人生を生きられます。

 

「バーベイン」は、『熱中し過ぎたり、やり過ぎ傾向の人を緊張状態から解放する』ためのレメディです。「バーベイン」は、柔軟な考えが持てるようになり、他人の意見や忠告を寛容な態度で受け入れるように促してくれるので、心に落ち着きを取り戻します。そして、休息したり、リラックスすることの大切さがわかってきます。

 

次第に精神的な視野を広がっていくと、人はそれほど利口でも立派でもなく、完璧ではないことに気づけるようになります。また、理想主義的な欲求が一人歩きしてしまう癖を改善して、ストレスを生み出さないようサポートしてくれます。

 

満月の時期は『女性ホルモン』のバランスを崩しやすく、感情や情緒が不安定になりやすいようです。イライラしたり衝動的な行動をとってしまいそうな時の対策には、過度の緊張から心を解放してくれる『レスキューレメディ』がオススメです。

 

パワーストーンをお持ちの方は、月光浴をさせて浄化とエネルギーチャージをするのもおすすめです。

2019年

1月

05日

山羊座の新月「日食」の活用法

 

新年あけましておめでとうございます。

 

これからもティクレサイトを通して、皆様のご活躍をサポートして参りますので、よろしくお願いいたします。

 

今年、2019年の干支は己亥年です。『亥』とされる動物は『猪』ですが、一般的には「猪突猛進」という言葉があるように突っ走るイメージが強いですね。

 

二地域居住地の島根県の中山間地域では、ドライブしていると、可愛いウリ坊や『猪』を頻繁に見かけます。

 

「猪突猛進」で車に向かって来られると、車が廃車になるくらいの衝撃を受けるので、あまり出会いたくない動物です。

 

その一方、害獣駆除で捕まった猪、、、猟師さんからお裾分けされた新鮮な猪肉は、とても美味しく頂いております。

 

猪肉は体温を上げる作用があり、昔から万病を予防する言い伝えがあることから、『亥』には無病息災の意味が込められているそうです。

 

ただ、問題が1つ…今年の干支なので、食すことへの「罪悪感」です(笑)。

 

今年も恒例ではありますが、成田山新勝寺へ初詣して参りました。

 

お不動様へ「家内安全」と「心願成就」を誓わせていただきました。皆さんの初詣の誓いは、どのような内容でしょうか?その誓いを忘れずに、これからの1年を大切に過ごしてくださいね。

 

今年は、拡大・発展を表す木星が射手座に入座している影響で、2019年11月2日まで木星のパワーが強まります。個人的に、私の太陽星座は射手座なので、今年は12年に1度の当たり年になるようです。ボーッと過ごしていると、この大、大、大チャンスを掴めないので、そのためにも皆さんと一緒に飛躍できるよう努めてまいります。

 

その大チャンスを掴むためにも、木星のパワーを活用して、人生をよい方向に転機していきましょう。そのためには幅広い知識を身につけ、グローバルな視野を広げることがカギとなります。

 

積極的にいろいろな場所に出かけて見聞を広め、様々な分野の読書や語学、習い事を通して、専門的なスキルや学識を豊かにしていくことが社会的成功のチャンスへと繋がります。外国の人との交流や、海外の文化・国際交流などに関わる活動から精神的な成長が促され、現実的な発展がもたらされるでしょう。

 

特に海外留学や旅行、海外関連の事業などを通して、社会的な成果を得られそうです。日常的な環境を離れた馴染みのない海外の地で、新しい世界の人々と出会って見識を広げるのも良いでしょう。また、これまで興味のなかった多種多様な思想、哲学、精神世界、宗教分野などに興味が向きやすくなるので、それらを学ぶことで精神性を向上させ、自分の可能性を広げていくときです。

 

世の中の「流行」をつくり出す海王星が魚座に入座している影響からも、ボランティア活動などの社会貢献によって結ばれる人を通して、気づきや発見をもたらせてくれるので、精神的な成長や充足感を得られるでしょう。

 

ビジネス面では、社会の課題を事業によって解決する専門的なビジネスや、仕事のスキルを活用した社会貢献など、お金を稼ぐよりも社会貢献している人たちにスポットライトが当りやすくなるので、心、優しさ、共感、精神、癒し、スピリチュアル、福祉などの分野にもビジネスチャンスがあります。いわゆる「目には見えないけれど、存在を感じる」という、宇宙エネルギーや波動など、直感的・感覚的・精神的なジャンルが発展しやすいでしょう。

 

2020年の東京オリンピックを見据えながら、あなたを取り巻く環境に、何か当てはまるビジネスチャンスがあるかもしれません。

 

2019年は、3回の日食と2回の月食が起こります。1月6日の山羊座の新月に今年最初の山羊座の部分日食が起こります。

 

今回の山羊座の日食は、公での健全な評判を築き、維持することの大切さに気づくよう促すため、個人の「社会的な評判」がテーマとなりそうです。人は社会的な成功を収めたいという、誰もがより高いところを目指そうとする成功志向の願望は、潜在的に持っているものです。

 

個々が目指す分野が、物質世界においても、精神世界においても、単なる気持ちの充足を満たそうとすることでも同じです。その成功志向の願望を果たすためには、例外なく「社会的な評判」が必要だということを認識しなくてはなりません。

 

今のあなたが社会的成功を収めたいのであれば、公はもちろんのこと、プライベートにおいても、自分の行動の一つひとつに注意を払い、常に誰かに見られているという感覚を持っていることが大事だということを、山羊座の日食は教えてくれます。

 

社会面において、健全なパートナーシップの構築や継続、交渉や契約などのコミュニケーション、新しい出会いでの人脈づくりなど、様々な場面で「社会的な評判」が試されることになるでしょう。

 

もし、あなたが公の場でモラルに反する行動をした場合は、必ず辛い顛末(てんまつ)を受けることになるでしょう。これまで大丈夫だったことが、大丈夫ではなくなるのです。公の場で社会的な制裁を受ける羽目になりかねないので、自分の行動に責任を持ち、公の場での振る舞いに自制心を働かせる必要があります。

 

社会人としての正しい行動をとることが、周囲からの良好な評判を築き、それを維持することで、あなたへの信頼が集まります。 社会的な目標に向けて謙虚に自分を磨きながら努力を重ねていきましょう。誰もが共通してもっている素直な感情と、社会性とのバランスを取ろうと努力しているのです。  

 

今回は自分の理想を叶えるためには、自らを律することの大切さを学ぶことになるでしょう。自分の決めた目標を常に描き、ぐらつくことなくその目標が実現するまで努力を惜しまず、歩み続ける意志の強さを備えなければなりません。自分の足場をしっかり固めないことには、先に進めないことを学ぶタイミングになりそうです。

 

社会的環境で大人としての振る舞いができない人は、社会的な責任を果たさないといけない出来事が起きやすくなります。社会面でも、プライベートでも、身近な人間関係であっても、これまでのいい加減な姿勢では、その先に進めなくなるかもしれませんので、覚えておいてくださいね。

 

この影響は、次の7月3日に起きる蟹座の皆既日食まで続きますので、それまでの期間は、個人の「社会的な評判」を健全な形で築いていくよう努めましょう。

2018年

12月

29日

1月6日は『山羊座』の新月です。

 

今年も残り3日となり、故郷への帰省や海外旅行などのラッシュが始まっています。

 

日本海側では、寒波の影響が強い地域もあるので、交通事情の面からも気をつけて移動してくださいね。

 

東京は快晴ですが、二地域居住地の島根の家は雪景色となり、これから厳しい冬を迎えます。

 

12月23日は、今年最後の蟹座の満月を迎えました。

 

ティクレでは来年を気持ちよく迎えるために、『ビジュアルボード講習会2019(前期)』と満月ワークを催しました。占星術では、月が蟹座の支配星であることから、私たちの心理面への働きが非常に強いとされています。今回の蟹座の満月の前後に、数名のクライアントさんから「些細なことに感傷的になって落ち込んでしまった」「抑えていた感情が湧いて泣いてしまった」「気をつけていたのに思わずキレてしまった」と、ご報告を頂きました。

 

月の影響は、私たちが意識しているものではなく、無自覚な領域に及ぶのです。月の満ち欠けと同じく、私たちの感情や気分は自然のリズムと同調し、一時的に強まる満月の時期にマイナス感情を抱くと、自己嫌悪になったり、自己憐憫に陥りやすくなります。

 

満月の解放ワークでは、自分の本心と向き合ってみて、内心の違和感や詰まりがあると感じた場合は、その気持ちや感情の揺れを自覚し、それに振り回されないよう、自制心のコントロールをすることが大切になります。それには、自分を客観視することが必要です。今の自分の状態を把握し、恐れや不安を煽るマイナス感情を手放すよう、セルフヘルプ(自助)を行ないましょう。

 

満月の時期は、意志と気持ちが対立して内心が葛藤しやすくなるので、意識的に気持ちにフォーカスしてみましょう。その気持ちが放つ感情がマイナス感情であれば、マイナスの感情を打ち消すアファメーションを書き出し、繰り返し音読すると良いでしょう。満月のエネルギーを活用し、月光を浴びながらアファメーションを唱えるのも効果的です。

 

自分の夢や目的を達成するためには、それ相応の努力が必要です。最優先すべきことは、足かせになる感情や不要なものを早めに手放して自由になり、自らが変容していく思考を持つことです。

 

2019年を迎えて間もなく、1月6日に山羊座の新月を迎えますが、同時に部分日食が起こります。山羊座の新月は、社会的なステイタスやビジネスに関係したこと、生活基盤の安定、老後のニーズに関係したことなど、実際性に富んだ能力を与えてくれます。

 

日食は、これまで続いていた社会が一旦ピリオドを迎え、再び新しい社会が始まる暗示…。一度隠れてしまった太陽が、再び現れることで…新しい時代の始まりとも言えます。山羊座の日食の活用法は、改めて新月近くにお伝えしたいと思います。

 

只今、来年の抱負を考えながら、 平成最後の年末を過ごしていますが、相変わらず雑用に追われております…。せめて、大掃除ができなくても、新年を気持ちよく迎えられるよう、年神様が訪問してくださるようお掃除をコツコツと頑張っているところです(笑)。皆様も、気持ちよく新年を迎えられますように…。

 

2019年の目標を、この時期にきちんと計画して、自分の「あらゆる可能性」の種を蒔けるように準備しましょう。

 

1月6日の山羊座の新月は、実際性に富んだ能力を目覚めさせてくれるエネルギーを与えてくれます。

新月のお願い事では、社会的なステイタスやビジネスに関係したこと、生活基盤の安定、老後のニーズに関係したことなど、将来(3年後、5年後、10年後など)を見据えた、現実的な長期目標を設定するのに良い時期となります。

 

今は具体的な目標が浮かばなくても、自分が何に興味や関心があるのかを考えてみると、徐々にやりたいことが見えてくるでしょう。既成概念にとらわれたり、他人と自分を比べたりせず、自分の理想の夢に向かっていく目標をリスト化してみましょう。

 

月齢は『下弦の月』へと移行しました。この時期のテーマは「回顧と進捗確認」です。新月からやって来たことや、情報がどこまで進んでいるのかをきちんと確認してください。もうすぐ、2019年という新しいサイクルがを迎えますので、これまでの2018年を振り返って次の目標を考えてみましょう。

 

2018年の年間目標を達成できた人は、ワンランクアップして、次のサイクルでの目標に向かいましょう。目標(中期・長期計画)に達成していない人は、根気よく今年も継続していきましょう。夢を叶えるためのコツは、手に届く範囲の目標設定をして、1つ1つ段階的に目標を達成することです。

 

例えるなら、自分のペースで一段一段、確実に螺旋階段を昇っているイメージです。夢が大きければ、大きいほど、願いが叶うまでには、昇る階段が長くなり時間がかかります。途中で諦めてしまえば、そこで階段はなくなってしまうでしょう。夢を叶えるためには、見えている目の前の階段の高さを確実にのぼり、ゴールを目指して進み続けることが大切です。

 

月のワークを実践されている人にとって、2019年は1月6日(旧暦1月1日)の山羊座の新月から新たな1年のサイクルが始まります。ここで1年間の目標をしっかりと設定し、実利性に富んだ収穫の多い年にしていきましょう。詳しいことは、新月のワークでご紹介しています。

 

月は、私たちの無意識(潜在意識)に働きかけます。私たちの生まれ持った才能や能力は、まだ気づかないだけで、多くのものが自分の中に眠ってはいないでしょうか?未知なる分野へのチャレンジは、不安や恐れがありますが、まずは自分の可能性を疑わない『自己信頼』と『勇気』が持てるように、新月のお願いをするのも良いのではないでしょうか?

 

新月のお願いが叶いやすくなる方法をご紹介いたします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

1月6日(日)10:29 山羊座に位置する新月です。

 

この時刻から、48時間以内がワークに適している時間です。(ボイド時間除く)

*もっとも有効な時間は、8時間以内といわれています。

 

ボイド時間は、ワークに適さない時間帯です。(※ボイド時間の説明はこちら

 

 1/7(月)15:21 ~ 15:46(山羊座のボイド時間)

 

今回の山羊座のボイド時間は短いので、大きな影響は及ばないと思われますが、山羊座の特質がマイナス面に作用すると、社会における自分の評価が気になります。特に社会的なステイタス(地位や名誉、経済力など)が、判断基準になりがちです。

 

そのため、努力している自分がなかなか評価されないことへの苛立ちや、経済的な安定や安らぎが得られないことへの不安や恐れを感じるかもしれません。また、視野が狭くなり自分の意見に固執しやすいので、反対意見の人を敬遠したり、親しい人にも素直な気持ちを表現しにくくなってしまうかもしれません。自分の判断基準が間違っていないか、視野を狭めないよう注意しましょう。

 

山羊座の人の特徴は、有能で責任感が強くとても勤勉で努力家です。控え目ながらも野心が強いので、自分の実力で社会的地位やステイタスを築いていこうとする上昇志向の強いところがあります。そのため、目標をしっかり定めると、意志が強いので目標とする地位や身分などを手に入れるために努力を惜しまず、ゴールに向かってコツコツと歩みを進めます。

 

とても慎重で用心深く物事を計画的に進める野心家ですが、その反面では肝心なところが抜けていたりする落差があります。基本的には内向的で恥ずかしがり屋なので、あまり社交的ではありませんが、誠実に人と接するので周りの人から信頼されます。

 

山羊座の支配星は、『土星』です。

 

『土星』は、『試練の星』と言われ、縮小、制限、拘束、節制などを司り、人間が成長するためには欠かせない試練を示します。若いときほど悩みや苦しみが大きく、困難や苦手意識を与えますが、経験を積み精神的に成熟していくための忍耐力や努力、思慮、実務能力なども与えてくれます。土星が示すその試練は、私たちの成長に大きな(宿命的な)影響を及ぼしています。

 

現在、天体上ではその土星が山羊座に入座しているので、2019年は全般的に社会経済への影響が及ぶことになるでしょう。個人レベルへの影響は、山羊座の土星は「権力」にこだわる性質が強いため、上昇志向に偏って物事を打算的に捉えてしまう傾向があります。

 

名誉や地位といった権力、物質的なお金にこだわり、愛する人や身近な人を打算で裏切ってしまい、気づけば周りに誰もいない状況に陥ることもありそうです。この時期、自分の人生に有り余る富や名誉が本当に必要であるのか、自分に問いかけて自分なりの答えを出すよう促されるでしょう。

 

社会的に有用な能力を身につけることに、苦手意識が働きがちなため、自分が社会の中で役立つ人間なのかどうか不安を抱き、自信がもてなくなるかもしれません。あるいは、早く世の中で認められようとして、無理やり野望を達成しようとしたり、社会的ステータスを手に入れるためにモラルに反する行為が目立つようになるでしょう。

 

自分を押し殺して、サービス残業などの社会的義務(自己犠牲的奉仕)に従うことになるかもしれません。この時期に大切なことは、腰を据えてじっくり社会人としての自分を磨き、本物の実力を身につける必要があります。この試練を乗り越えると、周囲から厚い信頼を得て、仕事面では着実に目的を達成できるようになります。

 

ただ、山羊座の守護星が土星であるため、この試練のエネルギーは強まるので、並大抵の努力で超えられるものではありません。必要以上の責任感や義務感を持ち、自分で自分を縛る傾向が強まるので、意識的にリラックスする時間を作って、気分転換をすることが必要です。

 

特に若い世代の人にとっては、自己犠牲的な努力を強いられる可能性がありますが、これをクリアできると、社会的な成功を得られる可能性が高まります。これらの影響は、個人差があり出生のホロスコープとの関係性において、影響力が違ってきます。あくまで、そのような傾向があるという参考にしてください。

 

今回の山羊座の新月は、仕事や社会的な立場に関することに焦点があたり、あなたの中にある社会性(仕事)への責任感や自己管理能力を目覚めさせます。現状を受け入れながら、しっかりとした目標を設定することにより、それに向けてコツコツと精進する持久力を与えてくれます。この時期は、役割意識や責任感が強くなるのでプライベートな楽しみよりも、社会的な仕事や勉強を優先したくなるでしょう。

 

新年を迎えて最初の新月で、現実的な考えのもと、長期的な展望を持ち、しっかりとした目標設定を行うには良い時期です。その計画に基づいたスケジュール管理を実践していくと、目標を達成しやすくなるでしょう。真面目にスケジュール管理や事務処理など、テキパキとこなしていくと、仕事面でのあなたの有能さをアピールできる絶好のチャンスです。

 

この新月は目の前にある課題から逃げ出さないように勇気を与え、努力して解決するように要求してくるかもしれません。あなたがそれを謙虚に受け入れて、その課題を解決しようと努めると、その成果は大きな実りとなるでしょう。誠実なコミュニケーションを心がけて、信頼関係を築くチャンスです。親しくなりたい人がいるなら、意識して自分の気持ちを素直に表現してみましょう。

 

ただ、感情を素直に表現することに苦手意識を感じるときなので、憂うつな気分になる傾向があります。生真面目に考えすぎると息抜きが難しくなります。楽しむことやユーモアを忘れず、意識的に遊びの時間をつくり、リラックスできる時間を大切にしましょう。    

 

山羊座を象徴するキーワードは、以下を参考にしてみましょう。

 

○将来を安定させるためのキーワード

 

・・・「老後の安定」「経済的な基盤」「資産形成」「定年期」「退職」「賢明な選択」「成熟」

   などです。

 

○責任ある行動を促すためのキーワード

 

・・・「現実対処能力」「責任感」「秩序」「規則正しい」「誠実」「慎重」「冷静沈着」

   「忍耐強さ」などです。

 

○目標を達成して成功を手に入れるためのキーワード

 

・・・「野心」「目標設定」「勤勉さ」「ゴールに達する」「昇進」「社会的地位」

   「スペシャリスト」「賞賛」などです。

 

○処理能力を高めるためのキーワード

 

・・・「処理能力」「管理能力」「時間配分」「スケジュール管理」「手順を踏む」

   「優先順位をつける」「仕事を人に任せる」などです。

 

○権威者と上手につきあうためのキーワード

 

・・・「権威者」「上司」「父親」「伝統」「評判」などです。

 

○過剰操作しないためのキーワード

 

・・・「利己主義」「自己正当化」「厳しさ」「悲観主義」「未知への恐怖」「硬直」などです。

 

山羊座が支配する身体部分と症状のキーワード

 

山羊座は、「骨と関節」「ひざ」「胆のう」「皮膚」などを支配しています。具体的な症状として、「関節炎」「リウマチ」「胆石」「乾癬(かんせん)」「かゆみ」などがありますので、この辺が気になる方は、改善または健康を促進するお願いをするとよいでしょう。また、「歯」も象徴するので、念入りに歯のケアを行うことをオススメします。

 

この時期に歯科での定期検診や歯石取りをするのもよいでしょう。歯の噛み合わせを調整することによって、体のバランスが調整されて、姿勢が良くなったり、関節の痛みが改善されるケースがあります。不定愁訴などが気になる方は、思い切って歯の噛み合わせを調整するにはよい時期です。

 

冬本番のお肌の乾燥肌対策は、栄養たっぷりの美容液で保湿パックを念入りにおこないましょう。さらに、夜はできるだけ22時までを目標に早めの就寝を心がけてみましょう。質の高い睡眠は成長ホルモンを促すゴールデンタイムがお勧めです。お肌の細胞形成促進作用が高まるので、お肌トラブルが解消しやすくなります。

 

山羊座の新月で効果を高めるお願い事の文例をご紹介します。

 

○私は、退職後に安定した生活が送れるライフプランをきちんと計画しています。

 

○私は、老後の安定のために、堅実な資産形成を行なって経済的な基盤を築いています。

 

○私は、収支のバランス管理を行ない、これからの生活が安定するよう実践しています。

 

○私は、処理能力を発揮し、スピーディに経費の整理を行なって青色申告を終えています。

 

○私は、理想の未来を見据え、これから1年の目標設定を計画し実行しています。

 

○私は、忍耐強く今の問題と向き合い、現実的な対処を行なって解決しています。

 

○私は、不条理なことに対しても感情に流されず、冷静に的確な対処ができています。

 

○私は、地道に目の前の義務や責任を果たし、上司に仕事の成果を評価されています。

 

○私は、(具体名)の分野で、スペシャリストとしての社会的地位を築いています。

 

○私は、キャリアアッププランを見直し、より能力を発揮できる仕事を引き寄せています。

 

○私は、規則正しい生活習慣を身につけ、健康的な心身を維持しています。

 

○私は、的確な時間配分を行い作業効率を高め、仕事での評価を高めています。

 

○私は、上司に認められるようアクションを起こし、確実に信頼を得ています。

 

○私は、的確な優先順位をつけて行動し、最短で目標を達成しています。

 

○私は、行動範囲を広げるようスケジュール管理を行い、ビジネスチャンスを引き寄せています。

 

○私は、本当にやりたい社会貢献の仕事を見出し、天職として情熱を注いでいます。

 

○私は、社会的地位を確立するため、権威者からのサポートを健全な形で受けています。

 

○私は、社会や組織のあり方を見直し、

 古き良きものを再生して新たな未来へと繋げる活動に参加しています。

 

○私は、お互いの利益になる形で、仕事を人に任せることができています。

 

○私は、スムーズに物事が進むよう処理能力を発揮して、

 これまでにない作業成果を打ち出しています。

 

蠍座に対応するフラワーレメディは、「ミムラス」です。

 

「ミムラス」タイプの人は、日常的な様々なことに対して、他人には理解しがたいほどの不安や恐怖心をもってしまいます。そのため、いつも不安を抱いてしまい、物事に消極的になったり、行動範囲が狭められてしまいます。殆どの不安の原因は、分かっていて、人生上の出来事や物質的な事柄を深刻に捉えすぎてしまうので、喪失への不安、貧困の不安、評価されないことへの不安などが募ります。

 

真面目な性格から人のお手本になる人生を理想とし、尊敬される人にならなければ、もっと深い人だと思われなければと思い悩んでいます。繊細で神経質なところもあり、悩みや心配事は自分の胸の内にしまっておく傾向があります。

 

前向きな「ミムラス」タイプの人は、建設的にどんなことにも勇気を持って挑戦することができます。ゆっくりと落ち着いた態度で確実に目的を果たします。前向きな思考から、因果応報の考え方(原因によって生じた結果や報い=善い行いをすれば善い報いがあり、悪い行いをすれば悪い報いがあるということ)に信頼をおき、望まない結果を招かないよう、その原因を作らないように意識を向けることで、正しい判断や決断ができ、その結果として、必ず報われると強く信じることができます。

 

「ミムラス」は、『具体的な恐れや不安を解放する』ためのレメディです。不安や心配事や恐れているものに対して、向き合う勇気を与えてくれます。具体的には、人前で話すことに対する恐れ、仕事を失うかもしれないという恐れ、健康を害するのではないかという恐れ、貧困、孤独、老い、暗闇、事故、苦痛など、あらゆる恐れを軽減することができます。

 

繊細で神経質な気質を緩和し、自信を回復させ、とらわれていた問題を客観的に見ることができるようにサポートしてくれます。また、内気で人見知り、引っ込み思案で消極的な態度を解放するのに役立ちます。

 

パワーストーンをお持ちの方は、月光浴をさせてエネルギーチャージをするのもおすすめです。

 

*新月のワークの方法は、「新月の願い事」をご参照ください。

 

*過去ログ:過去のブログ(2015年以前)はこちら

→→→2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 

2018年

4月

30日

蠍座満月の活用法

続きを読む