2021年

5月

11日

5月12日は「牡牛座」の新月です。

 

GWが明けてからの変異型コロナウイルス感染の広がりは増加傾向にあります。これまでと何も変わらない姿勢の政府が行なう緊急事態宣言が、本当に国民一人ひとりと向き合って施策しているのか、疑問を持つ人が多いでしょう。

 

それを証明するかのように、人の動きは以前と比べて活発になっています。東京五輪を開催するか否かの選択を迫られる政府にとっては、ワクチン接種においても不十分な対応策しかなく、ただ現場の人たちが振り回されているように映ってしまいます。

 

現在の天体の動きを読み解くと、 意識的にこれまでのこだわりを無くし、世の中に既存している価値基準から離れて、ものの見方や価値観を変えるタイミングにあります。

 

政府も国民も視野を広げて、どんな可能性を選び、それをどう利用すれば良いかを判断する力を培うことが必要です。

 

私たちは、日常生活においての自己管理(食事、睡眠、運動による自己治癒力アップや、感染予防対策など)や、ワクチン接種についても、正しい情報や知識を集め、自分の責任において、政府の政策に振り回されることなく、健全な日常生活を営むこと、社会的モラルやルールを侵さない社会活動をしていくこと(ソーシャルディスタンスを心がけること)が重要だということになります。

 

感染者を減らすには、正しい自己管理と健全な行動なのです。自分を取り巻く環境に感染者がいなければ、安全な場所です。しっかりした安心・安全な環境を整える意識を高め、自分や大切な家族、友人、仲間の「命」を守りましょう。

 

今の私たちに大切なことは、無駄に「心配」をするのではなく、きちんと「用心」することです

 

「心配」はマイナス思考です。この言葉には、過ぎ去ったことや、まだどうなるかわからない先のことについて考えを巡らし、悪いことが起きるのではないかと、自分で勝手に起きていないことを、あれこれと悪い方へ想像している状態です。

 

もう1つの「用心」は「今」という現実の中で、必要な情報を集めたり、健全で必要なことやできる限りのことをする姿勢を意味します。視野を広げて現実と向き合いながら正しく対応ができているので、心が安定します。これら2つに共通することは、「危機管理能力」になりますが、「用心」は「危機管理能力」のプラス作用で、「心配」は「危機管理能力」のマイナス作用になります。「用心」は行き過ぎてしまうと、「心配性」になるので気をつけましょう。

 

4月27日の蠍座の満月は、思い込みの激しさを改めること、他者に対する普遍的な愛情を育て、他者を赦す(個人の自由意志を認める)ことを学ぶことがテーマでした。特に、他者に対する慈悲心を培うことで、無償の愛について理解できるように促されたと思います。

 

一人ひとりが他者に思いやりをもつことで、人を傷つけることはいかに自己中心的な考えであるかを、理解できるようになれたでしょう。それができると、意識的に相手をコントロールしたいという欲求から解放され、その相手と健全な関係を築くことができるようになります。この先も、お互いが自立した関係を維持できるよう心がけることが大切です。

 

5月12日の牡牛座の新月は、物質的な豊かさ(=物質的価値基準)を手にしていく種蒔きになります。自ら五感の才能や美的感性を表現して、豊かで安定した暮らしを築いていくタイミングです。他の人にはない自分の才能に気づきやすいときなので、衣食住といった日常生活の中で五感を研ぎ澄まし、自分の感覚や感性にこだわってみましょう。

 

牡牛座の苦手意識が強化されるときなので、些細な環境の変化にストレスが生じるでしょう。特に、GW明けで休みモードから仕事モードへの切替が難しい人や、新入社員や新入生の人たちの慣れない環境の変化に順応するようサポートしてくれるフラワーレメディは、「ウォルナット」がおすすめです。

 

「ウォルナット」は、環境の変化に生じる緊張を解放し、移り変わる環境に適応するよう導いてくれます。使い方はシンプルで、原液を携帯できるので緊張するときにボトルから直接2滴を飲む、または、予めペットボトルなどに希釈したものを1日4回に分けて飲むだけでOKです。

 

物事の変化に対する切り替えが早くなり、周囲や人の影響を受けず自分のやることに集中できるようになるでしょう。詳しくは、フラワーレメディの説明をご参照ください。

 

月は、私たちの無意識(潜在意識)に働きかけます。私たちの生まれ持った才能や能力は、まだ気づかないだけで、多くのものが自分の中に眠ってはいないでしょうか?未知なる分野へのチャレンジは、不安や恐れがありますが、まずは自分の可能性を疑わない『自己信頼』と『勇気』が持てるように、新月のお願いをするのも良いのではないでしょうか?

 

新月のお願いが叶いやすくなる方法をご紹介いたします。

 

…★…★…

 

4月12日(水)04:00は、牡牛座に位置する新月です。

 

この時刻から、48時間以内がワークに適している時間です。(ボイド時間除く)

*もっとも有効な時間は、8時間以内といわれています。

 

ボイド時間は、ワークに適さない時間帯です。(※ボイド時間の説明はこちら

 

 4/12(水)21:24 ~ 21:44(牡牛座のボイド時間)

 

牡牛座のボイド時間は、 物事を損得で捉えやすくなり、表面的なものに惑わされて本質を見失いやすいでしょう。恋愛面では、独占欲が強まるかもしれません。視野が狭まって頑固さが強まるので、お互いに相手の気持ちを無視し、自分の意見を押しつけようとするでしょう。普段よりも心配性が強まるので、マイナス感情が生じるかもしれません。前向きな考えができないので、リスクを恐れてせっかくのチャンスを逃す可能性があります。

 

牡牛座の人の特徴は、優れた五感を使って、物質的な豊かさ(財産、芸術、美しいもの、美味しいものなど)を所有したいという欲求を持っています。穏やかで感受性に優れ、物事を寛大に受け止める器量があります。真面目で正直さがあり、野心家ではありませんが、所有欲や執着心が強く、いったん得たものはなかなか手放さない傾向があります。

 

物事をコツコツと積み重ねて目的を成し遂げるという特徴があり、社会で認められるには多少時間がかかる大器晩成型のタイプです。社会で成功する前に、何度も挫折感を味わうかもしれません。けれども、自分の可能性を疑わずに、機が熟すまで努力を惜しまずにやり続けた先には、必ずゴールがあることを信じる強さが必要です。

 

牡牛座の支配星は、『金星』です。

 

『金星』は、愛と美を司り、芸術、品性、美的感受性、恋愛、社交性などに影響を与えます。全般的に「幸福の暗示」を与えてくれる優しい惑星でもあります。女性にとっては、男性への愛の傾向を示し、男性にとっては、惹かれる女性の傾向を示します。

 

牡牛座の新月は、五感が研ぎ澄まされるときです。意識的に五感を刺激すると、気持ちが満たされ心の豊かさが育ちます。自粛生活の中でも、工夫を凝らして生活の質を高めましょう。美しい絵画や音楽、心地よい香りの感触を体感したり、手づくり料理で美味しい食事や、質の良いものを入手したり、心から楽しめる時間を過ごしましょう。

 

自分にとって豊かな環境を追求する感性が高まるので、日本的な伝統文化に触れてみるのも良いでしょう。行動はややスローテンポになりますが、決めたら決してブレない信念を貫く力が与えられます。忍耐力や持久力が増すときなので、牡羊座の新月で計画したことや、新たに始めたことをコツコツ積み上げていきましょう。

 

牡牛座は物質的な豊かさを手にしていく「所有」も象徴しているので、お金を貯めるための貯蓄能力を磨くチャンスです。この時期に収支バランスを見直して、お金に関するアクションを起こすと、この先で良い成果を得られるでしょう。

 

対人関係では、愛されたいという欲求が強くなり、恋人や身近な人への独占欲が強まります。愛され上手になるためには、相手に対して思いやりのあるコミュニケーションを心がけましょう。気になる相手がいる人は、その相手と一途な恋愛ができるチャンスです。

 

その一方、感情や行動がマイペースになるため、周囲の変化に鈍感になりがちです。些細な変化にも苦手意識や抵抗感が生じるため、自分の意見や考えに固執して頑固になりすぎないよう、柔軟な姿勢を心がけましょう。

 

牡牛座を象徴するキーワードも、以下を参考にしてみましょう。

 

○適正な貯蓄や所有物を増やすためのキーワード

 

・・・「お金」「財産」「所有権」「所有物」「物質的な快適さ」「資産管理」「経済的な独立」などです。

 

○五感を刺激して自分を磨くためのキーワード

 

・・・「視覚」「味覚」「嗅覚」「聴覚」「触覚」「身体的な感覚」「官能的な体験」「快感」などです。

 

○生きる喜びを感じるためのキーワード

 

・・・「自然との調和」「感謝」「安らぎ」「満足感」「体を持つことの喜び」「命があることの喜び」「身近な幸せ」などです。

 

○望ましい結果を生むためのキーワード

 

・・・「持久力」「確かな基盤」「着実な前進」「忍耐強さ」「豊かな創造力」「堅実な努力」などです。

 

○信頼性を高めるためのキーワード

 

・・・「信頼性」「信用」「根気」「不動」「的確な言動」「誠実な姿勢」などです。

 

○自分の自己価値を高めるためのキーワード

 

・・・「明確な価値観」「自分の欲求を知る」「自分自身を受け入れる」「自分の限界を意識する」「決断力」「自己信頼」です。

 

牡牛座の解放キーワードは、「頑固さ」「執着」「独占欲」「変化を拒絶すること」「独善的」「停滞」「不健全な抵抗感」などです。

 

牡牛座の新月で効果を高めるお願い事の文例をご紹介します。

 

○私は、確実にお金が貯まるよう収支バランスを見直し、健全な金銭感覚を身に付けています。

 

○私は、豊かな老後生活を実現できるよう、長期的な資産運用をしています。

 

○私は、健全な金銭感覚で収支バランスを保ちながら、必要なものを手に入れています。

 

○私は、人生を豊かにする経済基盤を築いて、物質的に必要な衣食住を満たし快適に暮らしています。

 

○私は、お金の収支を管理できるよう、家計簿(お小遣い帳)を忘れずにつけています。

 

○私は、豊かな生活基盤を築くための努力を惜しまず、目標を定めて長期的な計画に取り組んでいます。

 

○私は、自分の素直な欲求を認め、健全な形で欲求を満たすことができています。

 

○私は、目的(旅行、資格習得、結婚、住宅購入など)を果たすために、毎月定額(○円)を貯金しています。

 

○私は、生涯にわたって必要なお金がスムーズに入ってくる仕事を手に入れて、経済的な自立を果たしています。

 

○私は、自粛生活の中でも五感や美的感性を発揮して、心地よく穏やかに過ごしています。

 

○私は、生活能力向上のために有益な情報や知識を集め、それを日常生活に活かし快適に暮らしています。

 

○私は、五感が刺激される(料理、趣味、旅行、仕事、運動など)に取り組み、身体的な感覚を磨いています。

 

○私は、五感を使って伝統や文化に触れ、本物の美しさを見抜く審美眼を磨いています。

 

○私は、周りと協力し合って新しいことに取り組み、良い成果を得ています。

 

○私は、所属する共同体の安定のために、お互いの利益になる活動ができています。

 

○私は、不測の事態においても動揺せず、冷静な判断で的確な行動をしています。

 

○私は、常にプラス思考で物事を考え、どんな状況にも建設的な行動ができています。

 

○私は、表面的なメディアの情報に振り回されず、冷静にできることを行い安全対策ができています。

 

○私は、問題のある対人関係に粘り強く取り組み、相手との信頼関係を築いています。

 

○私は、他者のサポートをして心の豊かさを培い、相互扶助の基盤を築いています。

 

○私は、徹底して新型コロナウイルス感染予防を行い、社会や他者のために役立っています。

 

○私は、粘り強く新型コロナウイルス感染問題に取り組み、自分や大切な人の命を守っています。

 

○私は、どんな状況でも自分の可能性を信じ、忍耐強く取り組んで目的を果たしています。

 

牡牛座が支配する身体部分と症状のキーワード

 

牡牛座は、「喉」「あご」「首」「甲状腺」「声帯」などを支配しています。具体的な症状として、「咽頭炎」「ポリープ」「顎関節症」「甲状腺ホルモンの疾患」などがありますので、この辺が気になる方は、改善または健康を促進するお願いをするとよいでしょう。

 

実践的なことでは、美容液を首周りに塗って、優しくマッサージしてみましょう。この時期、首周りのシワやたるみをケアしておくと、首周りがスッキリしてアンチエイジングの効果が期待できます。また、凝り固まった首をほぐすことで、肩こりや目の疲れも緩和することができます。温かいタオルを首の後ろに塗布することで、筋肉が緩みリラクゼーション効果も高まります。

 

牡牛座に対応するフラワーレメディは。「ゲンチアナ」です。

 

「ゲンチアナ」タイプの人は、消極的な性格で意志力が弱いため、不測の出来事に気落ちしやすく、すぐに挫折する傾向があります。マイナス思考が強く、否定的な人生観を持っているので、なかなか自分の可能性を信じようとはしません。そのせいか、目の前にチャンスが来ても疑うばかりで、幸運を信じようとはせず『悪い兆候』として信じる傾向があります。そして、新しいことにチャレンジするのを恐がり、諦める理由や不平を言うための理由を探します。

 

人は『経験から学ぶ』ということを理解できず、自分への信頼が持てないことで、自分が持っている才能や能力の可能性を信じることができません。物事の相互関係がつかめず、日常生活の中で盲目的に動く傾向があります。このような偏りのあるマイナス思考と、頑な態度で時間が経過すると、うつ病や神経衰弱になりやすい傾向があります。頑な態度を変えようとしないため、病気の治療効果が停滞したり、治っていた病気がぶり返すことがあり、治療の効果が現れにくいタイプです。

 

前向きな「ゲンチアナ」タイプの人は、自然界の力と法則の信念を持ち、不測の出来事を受け入れることができます。常にプラス思考で、たとえ気持ちが動揺してしまうことになっても、自分の可能性を信じて、その試練を乗り越えようと努力します。自分自身を励まし、どんなことにも諦めることはなく、確固たる態度と着実な努力によって、現実世界を生きる存在になります。

 

「ゲンチアナ」は、『原因のある落ち込みや心配性の人』のためのレメディです。何か不測の出来事が起きて気持ちが動揺して安定しなかったり、落ち込んでしまった時、自分を励まして自らの可能性を信じられるようにサポートしてくれます。また、心配から生じる恐怖心を前向きな気持ちに切り替えて、自らの可能性を疑わずに再チャレンジができるように、忍耐強さを育てられるようにサポートしてくれます。

 

パワーストーンをお持ちの方は、月光浴をさせてエネルギーチャージをするのもおすすめです。

 

*新月のワークの方法は、「新月の願い事」をご参照ください。

2021年

4月

27日

4月27日は、「蠍座」の満月です。

 

今年のGWは、昨年と同様に緊急事態宣言で自粛生活になります。

 

何度も繰り返される緊急事態宣言ですが、政府の取り組みに私たちの生活は、このまま振り回されるだけで良いのでしょうか?

 

今の天体上の星回りを読み解くと、どんな策を講じれば今後の苦難から身を守ることができるのか、本気で検討するときだという惑星の配置になっています。

 

私たちは、自分の生活を守るために、改めて自分の弱みや手薄なところを見つけ出し、何を補えばよいかを考えて早めに対処することが大切になります。

 

自分が置かれた状況を客観視して、これからの将来に、どのような問題が起きるかを見通すことが重要な時期だといえます。

 

自分の弱点や今不足しているものを把握して、早めに対策を立てましょうと、言うのが私から皆さんへのアドバイスです。今のうちに余裕を持って周到な準備をすることで、大きなトラブルを未然に防ぐことができると思います。

 

満月前後の2〜3日は、物事の展開や自らの行動もスローテンポになる傾向がありますが、探究心が旺盛になるので、一つの分野に徹底してこだわりながら現実的な目標達成に近づいていく努力ができるでしょう。

 

取り巻く環境でやるべきことを見つけて、義務をこなすことで気持ちが落ち着きます。それは、日常的な家事や自粛生活の中でのルーチンワークなど、家族や周囲の人の役に立つ行動ができると、喜んでもらえるので絆が深まるでしょう。この時期は、特定の人と共有するものや共感できるものを通して、充足感で気持ちが満たされます。

 

ただ、蠍座の月の影響が強い影響をもたらすので、無意識に頑固で執着心が強くなります。いつもより忍耐強く集中力があるものの、一度決めたことを柔軟に変更はできなくなるため、物事を見誤ると大きな損失に繋がります。ネガティブ感情が浮上しやすいときなので、人間関係においての怒りや恨みといった情念に苛まれるかもしれません。あまり考え過ぎないようリラックス時間を作り、自分が癒される趣味や音楽など、好きなことに浸ってネガティブ感情を手放しましょう。

 

現在、「緊急事態宣言で自粛生活にうんざりしている」「テレワークにストレスを感じる」「朝からやる気が起きない」「孤独を感じる」「職場の人と会いたくない」「新しい環境に馴染めない」「経済的な不安や恐れ」など、マイナス感情が生じているときは、気持ちの切替がうまくできるようにサポートしてくれる「ウォルナット(環境の変化に順応できるようになる)」や「ホーンビーム(倦怠感がなくなり自然とやる気が湧いてくる)」、「ミムラス(具体的な不安や恐れを緩和し勇気が湧いてくる)」などのフラワーレメディを飲むことをお勧めします。

 

それらのフラワーレメディを飲むことで、気持ちも前向きになり、日常生活への意欲が回復できるでしょう。GW明けの五月病対策には、ハッピーライフサポート・メニューを参考にしてください。

 

自粛生活でのストレスや変異型コロナウイルス感染への不安を感じ、情緒不安定に陥って問題が深刻な場合は、専門家のカウンセリングを受けることをお勧めします。ティクレでは、今の自分に必要なサポートレメディを知りたい、自分の気質や性格の弱点を改善するタイプレメディが知りたいと思われる方は、Skypeや電話、メールカウンセリングも受付けております。

 

4月27日の蠍座の満月は、思い込みの激しさを改めること、他者に対する普遍的な愛情を育て、他者を赦す(個人の自由意志を認める)ことを学べるチャンスです。特に愛情バランスが崩れやすい時期なので、意識的に相手をコントロールしたいという欲求を手放して、健全な愛情表現を心がけることが大切です。

 

そうすると、蠍座の満月パワーは、お互いが自立した関係を築けるよう機会を与えてくれるでしょう。気になる方は、『満月の解放ワーク』をおこなってみてください。特に、うっかりミスや情緒が不安定になりやすい人は、月星座が『水瓶座』『獅子座』の人です。

 

この時期に飲むと良いフラワーレメディは、身近な人との距離感を保ち、健全な愛情バランスをもたらせる「チコリー」です。特に恋愛中の人や、パートナーさんがいる人は、相手とのトラブルを避けるためにお役立てください。また、長期化している自粛生活での自己欲求不満が溜まっている人にも、お勧めのレメディです。自己欲求を健全な形で満たせるようサポートしてくれます。

 

満月の前後では、イライラしたり落ち込みやすくなったり、気分が高揚したりと、心身のバランスが崩れて不安定になりやすい時期です。感情のコントロールができない時には、レスキューレメディを飲んでみましょう。深呼吸やストレッチをおこなうのも効果があります。また、そういう時期なのだと割り切って、無理せずストレスを溜めないようにしましょう。

 

『月のワーク』で最も大切なこと…

 

目標は、必ず身近で達成できる小さなことから始めるということ。そして、成功体験を繰り返しながら、その達成感や充実感を脳に記憶させること。

 

小さな成功体験の積み重ねこそが、大きな目的を達成させる行動力や継続力、意志力を強めていく秘訣になります。『自らの心で決めたことを、実現するために体で実行していく』この一連の流れは、体内で幸せホルモンの分泌を促し、脳内に成功体験の充実感を与えてくれます。何度もこれを繰り返すことで、脳に成功体験の流れを蓄積していくシステムを確立します。この脳内に作られたシステムこそが、不可能を可能にする『幸せを引き寄せる源』になるということになります。

今回の『満月ワーク』について、ご紹介いたします。

 

…★…★…

 

4月27日(火)12:32は、蠍座に位置する満月です。

 

満月の浄化パワーの影響は、月が満ちる前後(48時間)になります。

 

ボイド時間は、ワークに適さない時間帯です。(※ボイド時間の説明はこちら

 

4/28(水)21:33 ~ 4/29(木)00:44(蠍座のボイド時間)

 

蠍座のボイド時間では、今まで蓄積していた不満や嫌悪が爆発しやすいので衝動的になるかもしれません。油断して大切な秘密や情報を、つい漏らして取り返しのつかない事態を招く恐れがあります。無意識に人の弱みにつけ込む強引な態度もとりがちです。恋愛中の人は、依存や憎悪、独占欲、嫉妬心などの否定的な感情になりやすいので、一時的な感情で暴走しないよう気をつけましょう。

 

月は、私たちの無意識(潜在意識)に働きかけます。私たちが気づかないうちに満月の影響を受けた感情から、良くも悪くもその態度や行動をしがちです。月が及ぼす私たちへの影響をプラスに発揮することで、心と身体や精神のバランスを調整することができます。無意識を意識化して、プラスの思考を持つことで、夢や目標を実現させることが可能になります。

 

まずは、手放したいマイナス感情を解放していきましょう。満月の時期は新月に立てた目標が成熟します。緊張感や不満感が一気になくなり、脱力ムードになる時期でもあります。そのため、満月の感謝ワークや瞑想などを行いながら、自分を客観的に見つめやすくなれるでしょう。

 

4月12日の牡羊座の新月で立てた目標を、もう一度思い返してみてください。また、半年前の『蠍座の新月』で立てた目標に向かって行動してきた人は、成果を得られる時期になりました。目標が達成していたら、宇宙の法則や周囲の人たちに感謝を忘れないでください。

 

目標が実現できていない場合は、目標の内容に無理がないかどうか、目標を達成するための行動ができているか、進展しない原因を分析したり、代替案を考えたりするとよいでしょう。

 

蠍座の満月は、底知れぬパワーをもたらし、自分のやり方にこだわりたくなるときです。いつにも増して思い込みが激しくなるので、誤った考えを持つと自分の都合で正当化しがちです。感情の起伏が激しく自制心に欠けると、誤った考えを持ったまま行動してしまうので失敗しやすいでしょう。

 

私生活もルーズになりやすいので、無自覚に欲求がエスカレートして自分を甘やかし、面倒なことから逃避する傾向があるため、お金の浪費に注意が必要です。この時期は節制を意識して堅実な習慣を身につけましょう。

 

他人への猜疑心も強くなります。建設的な意見やアドバイスを聞かず、せっかくのチャンスを自らが逃すこともありそうです。物事が上手くいかなくなると感情のコントロールができず自暴自棄になり、今まで積み上げてきたものを一気に破壊してしまう恐れもあります。

 

その一方、深層心理への関心が高まり、人の心の動きが容易にわかります。不屈の精神が宿るので、目の前の困難な状況を乗り越えようとすると、これまで気づかなかった潜在的な能力が引き出されるでしょう。気持ちが繊細に働くので、人に対する同情心が強まり共感できます。洞察力を発揮して、相手の無意識な望みを感じとり、頭に浮かぶことを言葉にして表現してみましょう。

 

あなたの言葉で弱っている人を癒せるので、その相手との絆が深まります。人に支持されやすいときなので、家族や親しい人との結びつきを深めるには良いときです。この満月のパワーを、建設的な方向に向けるよう意識的に自分のマイナス感情を手放していきましょう。この蠍座の満月のパワーを、建設的な方向に向けられるよう意識して、マイナス感情を手放す満月ワークをおこなってください。

 

満月は、浄化パワーが強いときです。自分に必要がないもの、必要なくなったものを手放す「解放ワーク」をするとよい日といわれています。(ダイエットをはじめるとか、断捨離をするとか、影響されているものなど)また、財運を上げるための「金運アップワーク」をするのもよいです。

 

蠍座に関係する解放テーマは、

 

「嫉妬」「執着心」「猜疑心」「復讐心」「残酷」「破壊的」「強引」「罪悪感」「放棄」「コンプレックス」「依存」「金銭管理の苦手意識」などです。これらのマイナス感情を抱いている人は、解き放つようなお願いをするとよいでしょう。

 

例えば、

 

○ 私は、変異型コロナウイルス感染への不安を手放し、落ち着いて予防や安全対策に努めています 。

 

○ 私は、利己主義な考えを手放し、外出時の行動に責任を持ち不必要な行動を慎んでいます。

 

○私は、GW中の自粛生活においての自己欲求への不満を手放し、アイデアで自己欲求を健全な形で満たしています。

 

○ 私は、経済的な不安を手放し、置かれた環境の変化に順応してライフスタイルを変えています。

 

○私は、パートナーへの嫉妬を手放し、相手を尊重して信頼関係を回復しています。

 

○私は、他人への猜疑心や妬みを手放し、広い視野で相手の長所を見出すことができています。

 

○私は、自己中心的な態度を手放し、身近な人たちへの健全な愛を育んでいます。

 

○私は、(具体名)へのコンプレックスを手放し、自分の長所を意識して建設的な行動をしています。

 

○私は、破壊的な激しい衝動を手放し、冷静に自制心のコントロールができています。

 

○私は、偏見による残酷な言動を改め、客観的な視野のもと健全な発言をしています。

 

○私は、過食や自傷行為などを手放し、心身ともに健全な自己管理ができています。

 

○私は、モノをため込む癖を手放し、本当に価値のある物だけを所有しています。

 

○私は、(具体名)に対する反抗的な態度を手放し、真摯な態度で相手との信頼関係を築いています。

 

○私は、独善的な態度を改め、相手が求める価値観や欲求を理解し寛容な対応しています。

 

○私は、一時的な感情で責任を放棄する態度を改め、どんな逆境においても不屈の精神で自分の責任を果たしています。

 

○私は、(具体名)に見捨てられることへの恐怖心を手放し、勇気を持って自立の道を進んでいます。

 

○私は、(具体名)への罪悪感を手放し、常に健全な愛情表現ができています。

 

○私は、(具体名)に干渉する癖を手放し、必要なときに健全なサポートができています。

 

○私は、金銭管理の苦手意識を手放し、理想的な形でスムーズに(借金、ローン、税金など)を清算しています。

 

○私は、浪費癖を手放し、本当に必要なモノだけで、シンプルな生活を心から楽しんでいます。

 

○私は、気になっていた婦人科の検査を受け、婦人病の問題をスムーズに解決できています。

 

○私は、月のリズムを意識して、女性ホルモンバランスを整え、健全な生理周期を維持しています。

 

蠍座が支配する身体部分は、「排泄器官」「生殖器官」があります。排泄器官に関わる「直腸」「結腸」「膀胱」の具体的な症状として、「ポリープ」「痔」「膀胱炎」などがあります。生殖器官に関わる「性器」「子宮」「卵巣」の具体的な症状として、「性病」「生理不順」「子宮内膜症」「子宮筋腫」「子宮がん」「月経前緊張症」「ED」などがありますので、この辺が気になる方は、改善または健康を促すお願いをするとよいでしょう。

 

実践的なことでは、蠍座の象徴する排泄器官や生殖器に影響を及ぼしやすい時期なので、何か疾患の疑いで悩みを抱えていてもなかなか打ち明けられないような人にはチャンスです。悩みの原因を明確にする目的意識を持ち、集中して行動を起こすキッカケを与えてくれます。

 

この時期、思い切って検査や疾患治療を受けると、治療もスムーズに受けることができるので早く改善できるでしょう。身体の悩みをパートナーに話して理解してもらうには良い時期です。

 

浄化力が高まる満月水を作って、浄化作用のあるフラワーレメディ(クラブアップル)や、今のあなたに必要なフラワーレメディを飲んでみるのもお勧めです。この時期は、個人の自由意志を認めるために、チコリー(手放す)が役に立つかもしれません。

 

蠍座に関係する象徴キーワードは、

 

「深い絆」「信頼関係を築く」「愛を深める」「思慮深く」「直感的」「目的意識を持つ」「洞察力」「探究心」「財務協力」などです。

 

蠍座は、感情豊かに自分の気持ちを優先し、愛する人との関係に深みを加えていくことを象徴しています。

 

蠍座の人の特徴は、人の奥底に眠る強い欲求を持っています。それは、「かくされた価値あるもの」ですが、人間にとっての絶大な魅力や価値あるものは、厳重に管理されているので、なかなか表に出てきません。このため、特に対人関係に性質が強く表れます。内向的な性質を持ち、固定された人間関係を求めるため、ごく限られた人にしか心をオープンにすることができません。なかなか人を信用せず、あまり感情表現をしないので、周りからは「何を考えているのかわからない」と思われがちです。

 

その反面、一度心を許すと非常に誠意を尽くします。親密な相手とは、深く関わりたい欲求が強くなるので、相手に対して過干渉(依存関係)になる傾向があります。相手の中にとことん入り込むことで安心感や満足感を得ようとするので、相手との関係が表面的な軽いものでは、ストレスを溜め込んでしまい、不安定になってしまいます。蠍座の人にとっては、相手と関係の深さや信頼性、継続性などがとても重要になります。また、洞察力にすぐれ目的意識を持って行動します。真面目で何事にも白黒はっきりつけたがる傾向があります。

 

蠍座の支配星は、『冥王星』です。

 

『冥王星』は、物事の始めと終わり、破壊と再生、自己創造、深層的価値観、啓示、再建などを意味します。また、個人ではどうすることもできない時代の流れや、潜在している宿命的なもの(カルマ)を司っています。

 

不思議な魅力やカリスマ性を与えてくれることもあり、その反面、突然の大変動を暗示することもあります。現在の天体上では、その冥王星が山羊座で逆行中です。その影響から、常に「現実的なこと」に意識が向けられます。

 

新しいことを始めた人は、早く先に進みたいという気持ちが強くなるでしょう。ただ、惑星が逆行をしている期間は、「過去を振り返る」エネルギーに覆われてしまうので、前に進みたい気持ちと過去を振り返る気持ちが交差し、混沌とした気持ちを感じやすくなります。

 

この時期は、前に進むための準備期間だと捉え、一旦立ち止まってみましょう。客観的に自分を見ることができると、現実的に必要なものがわかり、着実な行動がとれるようになります。立ち止まることを恐れず、根本的な問題を一歩引いて見ることを身につけましょう。

 

蠍座に対応するフラワーレメディは、「チコリー」です。

 

「チコリー」タイプの人は、嫉妬深く、愛する人たちを自己中心的に所有したがります。気に入った人を絶えず近くに置きたがり、相手の意思とは関係なく自分勝手に拘束しがちです。パートナーや子供を愛するよりも、自分が果たせぬ願望を相手に押しつけたがります。

 

自分の願望を遂げるためには、同情と他の義務感を悪用し、相手をコントロールしようとします。願望が思い通りにならないと、自らが被害者を演じて、同情と看護で相手を拘束しようと自己犠牲的な病気になることもあります。一見、相手の幸運を願って手助けしているように見えますが、実は利己的な利点から行動しています。人からの関心を自分に引きつける欲望が強いため、それが満たされていないと不安と恐れに苛まれ、バランスを崩してしまいます。

 

建設的な「チコリー」タイプの人は、人の幸福に直接関わることで、自分も生き甲斐を感じ、人と喜びを共に分かち合い、自分自身の心を温めます。自分自身を助けるために、人を助け慈悲深く見返りのない無償の愛を注ぎます。『人を愛し、愛される人』という、理想的な愛の意味を知っているので、バランスの取れた愛情表現で接することができ、内なるもの(心・精神・魂)が喜びで満たされています。

 

「チコリー」は、『本当の愛に気づき、普遍的な愛を育てる』ためのレメディです。愛が手段や目的の介在しない、『生きる喜び』から生じていることを気づかせてくれます。愛は、私利私欲に働いて手に入れることも、力づくで、奪うこともできないと認識させ、病的な利己主義や感情的依存、感情による暴力的な支配、脅迫、自己憐憫を緩和するので、人間関係やパートナー、子供との問題などの改善をサポートします。

 

愛情深く相手を縛らない人間関係を築けるように、恋人や夫婦関係、神経症的な親子関係の改善(親離れ、子離れのようにお互いの自立心を育てる)によく使われています。物に対する執着心の改善にも役に立つので、手放したい対象物があるときに効果があります。

 

満月の時期は『女性ホルモン』のバランスを崩しやすく、感情や情緒が不安定になりやすいようです。イライラしたり、衝動的な行動をとってしまいそうな時の対策には、過度の緊張から心を解放してくれる『レスキューレメディ』がオススメです。

 

パワーストーンをお持ちの方は、月光浴をさせて浄化とエネルギーチャージをするのもおすすめです。

2021年

4月

11日

4月12日は、「牡羊座」の新月です。

 

ムーンパワー活用講座の受講生の方が、今年の目標にペット(ワンコ)を飼うと話されていました。

 

ふと思い出したのは、コロナ禍になってから巣ごもり生活で癒しを求める人たちが、ペットを飼うようになり、にわかペットブームが起きていました。

 

その結果、現状では飼育放棄の問題が増えています。ペットブームの裏では、ペットを飼ったものの、イメージと違っていたとか、鳴き声がうるさいとか、餌の臭いが嫌いとか、実に飼い主側の身勝手な理由が多いようです。

 

犬や猫も人間と同じ大切な命です。一時的な気持ちで、その大切な命を容易く取り扱うこと事態が「尊い命」への冒涜です。

 

もし、自分がペットの立場だとしたら、そんないい加減な飼い主を決して選ばないはずです。

 

アニマルセラピストとして私が伝えたいことは、ペットを飼うときには、一生その命を見守るという覚悟を決めなければ、飼う資格はありません。ペットの気持ちが分からないのではなく、分かろうとしていないご自身に問題があるのだと、気づいてください。

 

たくさんのペットの問題行動をカウンセリングしてきた経験から、ペットの問題行動は、飼い主さんとのコミュニケーションギャップから、問題が生じているケースが多く見受けられます。飼い主さんの心の問題が、ペットの問題行動に直結していることが多いのです。

 

お金や時間、飼育場所、心の余裕がないと、ペットを飼うこと事態が難しいのです。「自分だけが良ければいい」というような小さな利己主義的な考えではなく、「ペットと共に困難な現状を乗り越えて幸せになる」という選択をすることが重要です。

 

縁があって出会ったペットとの信頼関係を深めるよう努めてもらえると幸いです。飼い主さんとペットが幸せに暮らせるフラワーレメディをご紹介していますので、「ペットと上手に暮らすためのメンタルサポート」を参考にしてみてください。

 

天体上では、10ハウスの社会面に惑星(太陽、月、水星、金星)が集中しているため、仕事や社会活動、趣味などにスポットが当たるでしょう。

 

自分の可能性を現実的に考えることができるので、専門知識を学ぶには良いときです。知識の向上や技術的な訓練など、地道に取り組むと習得しやすいでしょう。この作用が働くと、仕事にも忍耐強く集中できます。仕事の成果が評価されやすく、ステップアップにつながる出来事や周囲から注目されることが起きやすいでしょう。

 

チャレンジ精神が高まるので、家の中にこもるよりも、外に出て活動したくなるかもしれません。1箇所にじっとしているよりも、動き回っていることで活力が増すので、刺激と変化を求めることに情熱を燃やす傾向があります。様々な場に出かけて多くの人と情報を交換すると良いでしょう。

 

人との関わりの中で、あなたの誠実さや善良な面が伝わりやすいときです。恋愛面はパートナーシップが深まりやすいので二人の関係が発展しやすいでしょう。

 

その一方、パートナーシップの問題が生じやすくなるので、この時期に真剣にパートナーと向き合って話す機会があるかもしれません。現状の問題を解決する過程を通して、互いに固い絆で結ばれるか、別れを選ぶかの二者選択に迫られる可能性があります。

 

社会面は多くの人の社会活動が困難になる傾向があるため、コロナ感染対策における理想と現実との間で混乱が生じるときです。市中感染が増加して大規模な危機を感じるため、集団意識に不安と混乱を招きそうです。政府や行政の取り組みに、過度な期待をすると失望するでしょう。

 

社会生活に適応できないと感じる人が増える傾向があり、自分の世界に引きこもってしまうかもしれません。健康面はメンタルが弱ると、直ぐに体調に影響が及びます。意識的にリラックス時間を作りましょう。

 

この時期に始めたことは、良くも悪くも習慣化する傾向があります。あるいは、多くの人たちと共有するものや仕組みにのめり込みやすく、中毒的に熱中してしまう傾向もあります。嗜好品の取り過ぎや神経系の疾患に注意しましょう。

 

4月12日は月が「牡羊座」に入座し、太陽と重なって牡羊座の新月を迎えます。この牡羊座は12星座の「始まり」であり、魚座から生まれた一番最初の炎(原初の火)です。荒削りで自ら燃え始める発現の火の気質です。

 

牡羊座の火の元素は、『精神的』『創造的』『情熱的』『直観』『未来志向』が象徴されています。これらに共通することは、意志が強くてエネルギッシュ、自由に行動することを好みます。自分を奮い立たせてくれるものがあれば、炎のようにどんどん燃え上がる性質を持ちますが、熱しやすくて冷めやすい面もあります。

 

牡羊座の気質エネルギーを活用するには、目的意識をハッキリ持ち、常にモチベーションが落ちない工夫をしながら、仕事やサークル活動、ボランティア活動、趣味、家庭など、どれかのジャンルで自分の思い通りにリーダーシップを発揮することです。

 

牡羊座の新月では、人生の目標(顕在意識)を司る太陽と感情(無意識)を司る月のエネルギーが、先に説明した牡羊座の特徴で強調されるので、このときに決めた目標はスピーディに行動しやすくなります。あなたの顕在意識である太陽と無意識である月の関係がゼロ地点でニュートラルな状態(=新月)のとき、改めて長期的な目標を設定してください。

 

常に意識して決めたことに着手していくと、本来の宇宙エネルギーの流れ(=自然のリズム)に乗れるので、確実に成果が現れて目標を達成できます。

 

これは、言い換えると1年をかけての「自分磨き」です。どんな状況下でも自分磨きを怠らなければ、あなたが努力した分だけの「自己成長」ができるのです。そのため、今回の牡羊座の新月では、1年後のなりたい自分の姿をイメージして、より具体的な目標の種を蒔きましょう。

 

牡羊座の新月は、自分を奮い立たせてくれるものがあれば、どんどん燃え上がる自己主張(自己信頼・自己発見)で、スピーディな行動力を与えてくれます。この時期は、意志が強くなりエネルギッシュに自由な行動をしていきたくなるので、目標を明確にした上で長期的な目標を設定し、自発的に新しいことに挑戦していくチャンスです。詳しい事は、「新月ワーク」をご参照ください。

 

月は、私たちの無意識(潜在意識)に働きかけます。私たちの生まれ持った才能や能力は、まだ気づかないだけで、多くのものが自分の中に眠ってはいないでしょうか?未知なる分野へのチャレンジは、不安や恐れがありますが、まずは自分の可能性を疑わない『自己信頼』と『勇気』が持てるように、新月のお願いをするのも良いのではないでしょうか? 

 

新月のお願いが叶いやすくなる方法をご紹介いたします。 

 

…★…★…

 

4月12日(月)11:31は牡羊座に位置する新月です。

 

この時刻から、48時間以内がワークに適している時間です。(ボイド時間除く)

 

*もっとも有効な時間は、8時間以内といわれています。

 

 4/12(月)21:08 ~ 4/13(火)02:45(牡羊座のボイド時間)

 

牡羊座のボイド時間は、気持ちが落ち着かず焦りがちになる傾向があります。普段しないような単純ミスや確認作業を忘れてしまったり、大事な行程を飛ばして問題が生じやすいでしょう。主観的な思考が強くなり思い込みも激しく、思いついたら即行動に移したくなります。

 

ただ、早合点して失敗しやすいときなので、行動するには注意が必要です。特に、目新しい「うまい話」に乗せられやすい傾向があります。恋愛面は、焦りが生じて相手との急性な展開を求めがちです。ひとりよがりで事を急いでしまうと、後で後悔することになるので気をつけましょう。

 

牡羊座の人の特徴は、自分の能力や才能を最大限に発揮したいという欲求があります。このため、積極性があり、冒険心が強く、楽天的で明朗です。牡羊座は勢いよく外の世界に向かって飛び出していく「始まり」を象徴し、自立心が強くエネルギッシュに行動します。客観的に自他の比較をすることが少なく、自己主張もはっきりしているので、リーダーシップに優れています。

 

その反面、調子にのりすぎると、独断と偏見に陥ってしまう傾向があります。協調性に欠けるところがあり、グループワークが苦手ですが、意欲はあるので周りとうまくバランスが取れると活躍できます。

 

牡羊座の支配星は、『火星』です。

 

『火星』は、攻撃性、開拓精神などを示し、決断力の有無や行動力、また興味が注がれる方向を司ります。主体的な行動を強くし争いやトラブルの原因を作ることもありますが、新しい計画進行や難関突破にパワーを与えてくれる惑星です。この火星のパワーを上手く発揮できれば、効果的な自己主張を身につけ、ポジティブに目的に突き進み、その目標に到達することができるでしょう。

 

逆に、火星のパワーを活かしきれなければ、フラストレーションを感じ、挫折感や性的な欲求不満を深めることになってしまいます。必要なのは、火星のパワーの特徴を知って、それを欲しいものを得るために上手く活用することです。自分の中の闘争本能を恐れたり、封じ込めたりするのは未熟な考えです。

 

牡羊座の新月は、 12星座の「始まり」を意味する牡羊座の影響から、自発的に新しいことを始めたくなります。眠っていた負けず嫌いの闘争心も生まれ、積極的に行動できるときです。人間関係が発展するときなので、積極的にリーダーシップを発揮して、自己アピールしてみましょう。直観力にも優れるので情報のアンテナを立てて、物事や情報を素早く読み取ることができます。その作用を活かせると、的確な判断をして素早く行動に移せるでしょう。

 

普段は人の後をついていくタイプの人も、周囲を気にせず自分の意思で行動したくなります。その衝動を抑えず、この時期は、先手必勝を意識して、思い切って主導権を握ってみてください。きっと自分の気づかなかった能力を発見するかもしれません。直感やひらめきが冴えるので、新しいアイデアのもと具体的な企画や創作に取り組んでみましょう。これまでに経験したことのないことに挑む計画を立てるには好機です。

 

例えば、独立や起業などの計画を行なうと、物事がスムーズに進展しやすくなります。エネルギッシュにもなるので、スポーツに打ち込んだり、あるいは、恋愛面でも意中の相手がいる人は、もの怖じせず、思い切ってアクションを起こすには好機です。

 

牡羊座を象徴するキーワードも、以下を参考にしてみましょう。

 

○物事を始めるエネルギーを刺激するためのキーワード

 

・・・「情熱」「エネルギー」「行動」「積極的」「勇気」「大胆さ」などです。

 

○健全な自己を育てるためのキーワード

 

・・・「磨かれた肉体」「本能」「健全な自己主張」などです。

 

○自分らしくあるためのキーワード

 

・・・「正直さ」「純粋さ」「自分らしさ」「衝動」「直情径行(感情の赴くままを言動に表す)」などです。

 

○自己発見を促すためのキーワード

 

・・・「探検」「リスクを負う」「熱意」「競争心」などです。

 

○自立を強めるためのキーワード

 

・・・「自己信頼」「自給自足」「自立」「主導権を持つ」などです。

 

○大きなものに向かっていく勇気を促すためのキーワード

 

・・・「勇気」「リーダーシップ」「強さ」「警戒心」「大胆さ」「チャレンジ精神」「自分を信じる力」「情熱」です。

 

○牡羊座の解放キーワード

 

・・・「短絡的」「軽卒」「短気」「せっかち」「怒り」「闘争的」「攻撃的」「サディスティック」「うぬぼれ」「利己主義」「自分勝手」「考えなし」などです。

 

 

牡羊座の新月で効果を高めるお願い事の文例をご紹介します。

 

○私は、自分の得意とする(具体名)の分野で活躍し、社会的な評価と利益を得られています。

 

○私は、これまで後送りにしていた(具体名)に着手し、進展させています。

 

○私は、新しい環境を受入れ、既成概念にとらわれず、理想的な自己基盤を築いています。

 

○私は、闘争心を建設的なプラスエネルギーに転じ、職場でリーダーシップを発揮しています。

 

○私は、情熱の持てる仕事に就くための活動を開始し、理想の職場を見つけています。

 

○私は、(具体名)の問題を即解決し、周りから信頼される主導者になっています。

 

○私は、人生における主導権を持ち、社会で自由にやりたいことができています。

 

○私は、自己実現に向かって(具体名)に情熱を注ぎ、社会的な地位を得ています。

 

○私は、常にチャレンジ精神を持ち、目標の(具体名)を容易く達成できています。

 

○私は、リスクを恐れず、成長できるライバルと競って勝利しています。

 

○私は、周囲に反対されても自己確信を固め、新しい価値観でやりたいことをしています。

 

○私は、瞬発力と忍耐力を発揮して、良い結果が出るまで焦らず努力を続けています。

 

○私は、物事を実行する勇気を持ち、自立するための新生活を始めています。

 

○私は、好機のタイミングを逃さず、積極的に新しいことにチャレンジできています。

 

○私は、(体操、ヨガ、ジョギング、ウォーキング、スポーツなど)を続け、年齢に負けない体力を維持しています。

 

○私は、健康年齢を維持するために、自分の体質にあう食事法や運動に取り組んでいます。

 

○私は、何事においても情熱を持ち、興味が湧いたらすぐに試す習慣を身につけています。

 

○私は、周りと意見が違っても恐れず、自分が正しいと思った健全な自己主張ができています。

 

○私は、自分の可能性を信じ、具体的な計画を立てて新しい分野に挑戦しています。

 

○私は、積極的に自分らしさをアピールして、気になる相手の気持ちを引き寄せています。

 

○私は、将来を見据えて、仲間と共に助け合えるコミュニティーに繋がっています。

 

牡羊座が支配する身体部分と症状のキーワード

 

牡羊座は、「脳」「頭」「頭皮」「顔」「目」などを支配しています。具体的な症状として、「脳疾患」「頭痛」「めまい」「にきび」「吹き出物」「目の疾患」「目の老化」などがありますので、この辺が気になる方は、改善または健康を促進するお願いをするとよいでしょう。

 

実践的なことでは、頭皮をマッサージしたり、目の周囲を軽く押してマッサージすると、疲れが取れやすくなります。頭のツボを押すと頭がスッキリして、ひらめきや直感が普段よりも冴えるでしょう。この時期は、プロにお任せして、ヘッドスパで日頃の頭の疲れを解放するのも得策です。頭皮のマッサージは、抜け毛を予防して育毛にもつながり、さらには顔のたるみ予防にも効果があり『お肌の若返り』という、エイジングケアもできます。

 

他にも、顔ヨガに挑戦するのも良いでしょう。美顔器に頼るのも良いですが、実際に自分の顔の筋肉を動かして鍛えると、顔の血行が良くなりお肌が一段階明るくなります。目もぱっちり開き、フェイスラインも引き上がって、シワやたるみが目立たなくなるので、これぞまさしく『エイジングケア』効果は絶大です。また、目や鼻、歯の治療も効果が高まるでしょう。目の関連では、メガネやコンタクトレンズの買い替えにもよい時期です。

 

牡羊座に対応するフラワーレメディは。「インパチエンス」です。

 

「インパチエンス」タイプの人は、短気で落ち着きがない気質から、周囲の人や物事が動く「テンポの遅さ」に、苛つくことが頻繁にあります。それは、頭の回転が良く、物事を素早く考えて行動し、周囲の誰よりも早く処理したいと思うことから、誰かに自分のペースを邪魔されたり、作業が上手く進まない状況になることが、一番のストレスになってしまうからです。

 

このタイプの人は、周囲の誰よりも早く新しいことに挑戦しようとしますが、グループワークにおいては、忍耐力や協調性に欠けるため、他者のサポートが受けられない状況を、自らが招いてしまいがちです。物事が進まないことを人のせいにして、他人の粗探しをするので、周囲から孤立してしまうことが、しばしばあります。

 

「焦り」を非常に恐れているため、いつも時間が足りないと感じながら、落ち着かない生活を送ってしまいます。このような偏りのある思考と、神経質な態度で時間を経過すると、身体的にもバランスが崩れてしまい、神経系障害や痙攣、睡眠障害、集中力の欠如、高血圧、かゆみ(特にアトピー性皮膚炎のような神経性皮膚炎)、硬直などの症状が現れやすくなります。

 

前向きな「インパチエンス」タイプの人は、人に比べると頭の回転が良く、物事の関連を素早く理解して、どうすれば良いのかの判断や決断も的確に早いので、処理能力に長けスピーディに物事を処理していきます。計画を立てると、目標に向かって勇気ある行動がとれます。気持ちが前向きであれば、自分が失敗やミスを犯しても、人のせいにはせず、正直に自己責任を負うことができます。

 

忍耐力や協調性のバランスも上手く取れるので、問題を素早く検討するために必要な時間や周囲のサポートを、焦りや苛立ちを感じずに、受け入れることができます。それにより、感情的なストレスを感じることがないので、身体的にもバランスが取りやすくなります。

 

「インパチエンス」は、『神経質な性格と忍耐力に欠ける落ち着きのない状態』を改善するためのレメディです。忍耐力、慎重さ、思慮深さ、丹念さなどを強化し、日常生活で追い立てられるような気持ちの焦りを解放してくれます。人や周囲との協調性を高め、相手を理解することができるようにサポートします。緊急時対応のレスキューレメディに調合されています。

 

パワーストーンをお持ちの方は、月光浴をさせてエネルギーチャージをするのもおすすめです。

 

*新月のワークの方法は、「新月の願い事」をご参照ください。