2021年

12月

03日

12月4日は「射手座」の新月です。

11月19日は、牡牛座の満月で「月食」が起きました。

 

この「月食」は、普通の満月よりも心理的な影響が強く、個人の魂にとって『受け取る経験』を与えます。

 

それは、個人的な課題として現象化され、この世に誕生した魂が、成長するために取り組んでいくプロセスになります。

 

引き続き12月4日は射手座で新月が起こり、南極付近で「皆既日食」が起こります。

 

この「日食」はこの世に誕生した魂がもつ潜在意識に眠る能力や才能を発揮する場を与えてくれます。『他人に与えたり、他人と分かち合う経験』になります。

 

日食が起きてから約半年間は、社会や私生活に至るまで、宇宙が与える宿命的な出来事が起こって、私たち一人ひとりの潜在意識に刺激を与えるでしょう。

 

その作用の働きを活かせるかは、その個人に委ねられます。「個人の成長」と地球全体を覆う「意識領域レベルの向上」が成されていくと、集合意識によって世の中が変化していきます。

 

ただ、それは期待するものかどうかは、私たちの集合意識によって選択された結果になるでしょう。誰にも止められない流れなので、良くも悪くも世の中が変化していくことになります。

 

射手座の新月「日食」の活用法

 

太陽は社会的なアイデンティティーを司り、月は人感情や感受性に刺激を与えます。今回の日食は、日食星座である射手座のテーマに焦点が当たります。

 

射手座で起こる日食のテーマは、「博愛的で平等を愛する思想で差別や偏見の心を作らない」ということ…。ありとあらゆる思想や宗教に共通して流れる考え方や価値観は、元々同じ一つの意識の集合体から生まれたことを認識するよう求めてくるでしょう。

 

社会で起きている変異株のコロナウイルス感染拡大の影響は、再び私たちの生活に多大なる打撃を与えています。医療現場においては、変異株コロナウイルス感染の予防として先行して医療従事者たちに3回目のコロナワクチン接種といった深刻な状況になっています。

 

私たちは、現状の問題に関心を向けなければなりません。社会問題に浮上した感染者やその家族、医療従事者やその家族に対する差別や偏見の心を作らないよう自らを戒め、周りの人たちにも伝えなければならないでしょう。そして、目の前に起きる物事の表面上に惑わされず、学ぶべき真実を見抜く心眼を培いましょう。

 

物事を偏見のフィルターを通して見ると、あるべき真実が見えなくなります。この時期は、意識的に広い視野を広げることで、様々な情報を得て有益なものだけを抽出する能力が引き出されます。その作用を活かして観察力や洞察力を発揮し、正しい情報を基に的確な判断処理をしていくことが大切です。自ら知的な決断ができるよう努めましょう。

 

射手座の日食は、地球上に生きる人々は同じ一つの意識の集合体から生まれ、皆同じ方向を目指していることや、地球上では皆それぞれの人生を歩みながら、何かを学ぼうとしていることに気づくチャンスを与えてくれます。

 

日食の影響を受ける約6ヶ月間は、博愛的で平等を愛する思想の影響を受けやすくなるでしょう。それはあなたの魂の成長を促すために、普遍的で高次の意識が注がれるからです。この時期に人々が精神性を高め、とらわれている偏見や差別といった心を解放することが必要です。自分自身の中に宿る神聖さを見出すための期間になるでしょう。

 

特定のパートナーシップに関わる7ハウスで日食が起きることから、その影響は特定のパートナーや人間関係のなかで自分の考えや経験、気持ちを相手と分かち合うことで、自然と直感的なひらめきが発揮されます。

 

お互いに多くの人が知らない真実や知恵を獲得したり、普通の生活のなかでは決して発見できない貴重な知識を不思議な成り行きで手に入れ、それによって喜びやメリットを活かして活躍できる可能性を秘めています。

 

そのため、自分が置かれた身近な人間関係の中で正しい情報や知識を、常に流通させる必要性を感じるでしょう。今の世の中で起きている出来事の真相を正しく理解し、判断した上で、自分の選択肢の幅を認識し、その中から知的な判断を下すことの重要性に迫られるでしょう。

 

なぜなら、安易な考えで選択すると、常に混乱が生じるからです。自らの行動によって物事に限界はないということを、周りの人に示すかもしれません。例えば、お金や愛情、知識でも人生で欲しいだけ手に入れることができるといった自分の誤った現実認識や、今自分が持っている財産にしがみつくことにより自分に向かってどんどん流れ込んでくる豊かさを、自らの手で塞き止めていることに気づかされるでしょう。

 

これまでの間違った物質世界の価値観を手放すことにより、私たち一人ひとりが常に全てのものを循環させていれば、もっと価値のある良いものや、もっと新しいものが自然に流れ込んでくるという真実を実現化し、その喜びを体現できるようになるのです。

 

射手座の新月は、既成概念にとらわれない自由で活発な好奇心や冒険心を目覚めさせ、未知なるものへのチャレンジ精神を与えてくれます。コミュニケーションが活発になるため、自分にとって未知なる新しい試みや、新たなグループとの交流や外国人とのグローバルな異文化交流などで、新しい人間関係を結ぶ絶好のチャンスです。詳しいことは、下記の新月ワークでご紹介しています。

 

再び巡ってくる『新月』は新しいことを始めるパワーに満ちています。実現したい目標を決めて、月が満ちる満月までの期間は、目標実現に向けて積極的に行動していきましょう。長期的な目標の場合は、それを細分化し、毎月の満月ごとにステップアップができるように計画してみてください。

 

月は、私たちの無意識(潜在意識)に働きかけます。私たちの生まれ持った才能や能力は、まだ気づかないだけで、多くのものが自分の中に眠ってはいないでしょうか?未知なる分野へのチャレンジは、不安や恐れがありますが、まずは自分の可能性を疑わない『自己信頼』と『勇気』が持てるように、新月のお願いをするのも良いのではないでしょうか?

 

新月のお願いが叶いやすくなる方法をご紹介いたします。

 

…★…★…

 

12月4日(土) 16:45 射手座に位置する新月(南極付近で起きる皆既日食)です。

 

この時刻から、48時間以内がワークに適している時間です。(ボイド時間除く)

*もっとも有効な時間は、8時間以内といわれています。

 

ボイド時間は、ワークに適さない時間帯です。(※ボイド時間の説明はこちら

 

 12/5(日)14:08 ~  20:30(射手座のボイド時間)

 

射手座のボイドは、自由奔放な自己陶酔が強まり、現実味のない空想やアイデアを夢見がちです。未知なことに対して冒険心が高まり、何も考えず興味本位で挑戦したくなりますが、熱しやすく冷めやすいときなので、一時的で終わりそうです。

 

無意識に浮ついた気分になり、ルーズさや無責任な態度が出ると、 周囲への配慮に欠けてしまい、人に対する言動や態度が厚かましくなります。知らずに人の心を傷つけてしまうかもしれません。夢が膨らむ一方で、現実的なことに無関心になりやすく、仕事や物事への集中力が散漫になるため、苦手なことや上手くいかないことがあると、子供っぽい言い訳をして現実逃避する傾向が出て生活が乱れるでしょう。

 

射手座の人の特徴は、活発で好奇心や冒険心が旺盛です。生きることは、まさに冒険そのものだと感じながら、未知のことに興味を持ち、それがどんな波乱を含んでいようと体験したいという欲求を抱きます。楽観主義で自由な行動力を持ち、束縛を嫌います。熱しやすく冷めやすいところがありますが、探究心や向上心も強くあるので、目標を持つとスピーディーに行動します。

 

そのバランスが良いと未来を見据え、次々と新しいことにチャレンジして、スケールの大きな人生を歩むことができます。その反面、理想追求のため、マイペースを貫く傾向が強いので、自己中心的になりがちです。バランスを崩すと、興味の対象がすぐに変わってしまったり、成り行きまかせになったりと、無責任な行動が目立って散漫な人生を送る場合もあります。

 

射手座の支配星は、『木星』です。

 

『木星』は、成功や幸運、拡大を司り、宗教や科学、哲学など、深い知性を意味します。物事を大きく膨らませ、可能性を広げながら発展させる役目を持ち、社会的な成功を約束してくれる惑星です。

 

今回の射手座の新月は、射手座(火)の太陽と月のエネルギーが強調されるので、物事を明るくポジティブな方向に発展させていくパワーを与えてくれます。直観力が鋭くなり、ひらめきとともに情熱的なエネルギーが作用し大胆な行動ができるときです。いつもより明るく開放的なコミュニケーション活動が活発になり、行動範囲や視野が広がるときなので、自分の可能性を信じて大きな目標を持つには好機です。

 

目標に向かって具体的な計画を立て、第一歩を踏み出す準備をするとよいでしょう。コロナ禍生活においても、恐れることなく自分の未来の可能性を前向きに信じることができます。もし失敗しても、くよくよ落ち込まず直ぐに立ち直れるでしょう。

 

探究心や冒険心が旺盛になるので、外国や異文化への興味や憧れが高まります。宗教や高等教育、海外などに関する分野に携わっている人は、活躍の場が訪れやすいでしょう。自分の世界を広げられるよう、積極的にSNS上で海外の人と異文化交流といった新たな人間関係を築くには好機です。知的向上心も高まり、学問に関する理解力に優れるので、興味のある外国語を学んでみましょう。

 

集中して学習すると、スムーズに習得できそうです。教育や宗教、精神世界、哲学、出版、法律などにも関心が向くでしょう。この時期は、単なる情報収集だけではなく、それらの学問を通じて知性や精神性が向上していくでしょう。

 

ただし、射手座の気質は楽観的になり過ぎると、やや子供っぽい思考になるので、社会的なルールがアバウトになりがちです。面倒な事から現実逃避したくなり、社会的モラルやルールに反する行動をしてしまうかもしれません。

 

変異株コロナウイルス感染拡大の状況下においては、自他ともに「命」を守ることを最優先して考えましょう。大切なことは、社会活動を行う上では個人が社会モラルやルールに反しない意識をもって、その責任を負うということです。そうした意識の高い人たちが社会活動を行なうことで、変異株コロナウイルス感染拡大の抑制は可能になります。

 

私たち一人ひとりの行動が良くも悪くも、この先の社会情勢の流れを変えていくことになるため、私たちは理想の社会を創造するために、現実的な目標を決め達成するよう努力を重ねていくことが必要です。

 

目には見えないけれど、確かにあるものの世界を感じて、人を信じて助け合う相互扶助ネットワークを構築し、それぞれのネットワークが繋がって、コミュニティの内外において、助けが必要な人には確実にサポートできるシステムを、これからの社会の中で広めていくことが重要だということを覚えておきましょう。

 

受験生の皆さんは、コロナ禍の慣れない環境での受験になりますが、それでも、夢を諦めず志望校に合格するための貴重な時間を過ごさなければなりません。健康管理に気をつけながら、受験に対するモチベーションを維持しましょう。真の実力を身につけるために、各科目のスキルアップを目指しましょう。

 

これまでの努力を実らせるためにも、新月ワークで具体的な目標やスケジュール計画を立て、意識的に実践していきましょう。射手座の月のパワーを活かせると、頭の回転が速く、知的好奇心が旺盛になるので、意識的に興味を向けると学習意欲が湧いて集中力が高まります。

 

射手座を象徴するキーワードは、以下を参考にしてみましょう。

 

○真実の探求を促すためのキーワード

 

・・・「正直さ」「率直さ」「ストレートな会話」「本音」「真理」「神への忠誠心(宗教心)」などです。

 

○自然界との結びつきを促すためのキーワード

 

・・・「自然との結びつき」「予言的な直感力」「共生」「心の安定」などです。

 

○自由を愛するためのキーワード

 

・・・「探究心」「冒険心」「自発性」「楽観的」「海外旅行」「柔軟性」「発展的」「未来志向」などです。

 

○楽観的な発想を呼び起こすためのキーワード

 

・・・「楽観主義」「信念」「幸運」「寛大な心」「親切さ」「親しみやすさ」などです。

 

○高次の学びを促すためのキーワード

 

・・・「指導者」「博識」「向学心」「精神性」「精神世界」「哲学」「大学」「専門学校」「解決法を探る」などです。

 

○過剰な不注意を回避するためのキーワード

 

・・・「ひとりよがり」「憶測する」「やりすぎる」「無愛想」「極端な楽天家」「向こうみず」などです。

 

○法律と上手くつき合うためのキーワード

 

・・・「弁護士」「訴訟」「裁判手続き」「調停」「倫理」「道徳」「良心」などです。

 

 

射手座が支配する身体部分と症状のキーワード

 

射手座は、「腰」「肝臓」「座骨神経」「大腿部(足の付け根)」などを支配しています。具体的な症状として、「腰痛」「肝臓疾患」「座骨神経痛」などがありますので、この辺が気になる方は、改善または健康を促進するお願いをするとよいでしょう。

 

月星座の射手座は体質的に太りやすい傾向があります。「おしり」も象徴するので、下半身太りにご注意。この時期に、ヒップラインや下半身を集中的に引き締めるエクササイズやマッサージケアをおこなって、後ろ姿の美しいラインを目指すと効果が高まるでしょう。

 

射手座の新月で効果を高めるお願い事の文例をご紹介します。

 

○私は、既成概念にとらわれず、自分の率直な意見や考えを言葉で伝えています。

 

○私は、常に親しみやすい言葉遣いを心がけ、周囲への好感度を高めています。

 

○私は、個人の価値観や自由意志を尊重し、健全な人間関係を築いています。

 

○私は、周囲や人の感情に流されず、自分の意志がブレない行動ができています。

 

○私は、視野を広げ物事の真理を理解し、目の前の現実を前向きに受け止めています。

 

○私は、グローバルな視野で見聞を広め、多様な博識を身につけ役立たせています。

 

○私は、好奇心に従って好きなことを探求し、潜在意識を目覚めさせ能力と才能を発揮しています。

 

○私は、自分の信念を貫く勇気を持ち、未知のことにチャレンジし大成功しています。

 

○私は、良心に従い、社会的モラルやルールに反しない自由な行動をしています。

 

○私は、しっかりした自己基盤を築き、現状を把握してチャンスがくるよう必要な行動をしています。

 

○私は、抱えている(訴訟、調停、相続など)裁判手続きをスムーズに行い解決できています。

 

○私は、敏腕の弁護士の協力を得て、現状の裁判で勝訴できています。

 

○私は、自分の問題に目を向け、建設的な方法でスムーズに解決できています。

 

○私は、問題が起きても動揺せず事実確認して、最善の解決法を探り即解決しています。

 

○私は、直感や衝動に従い確信を固め、自分が目指すべき道を進んで目標を達成しています。

 

○私は、信頼できる指導者の導きにより、必要な体験を通して自己成長を遂げています。

 

○私は、コロナ禍でも出来ることを見出し、自分の可能性を信じてチャレンジしています。

 

○私は、自然のリズムと調和し予知能力を発揮して、時代の流れに乗った人生を歩んでいます。

 

○私は、(倫理、道徳、精神世界、哲学、宗教、占いなど)を学んで、得られた知識を知恵として活かし、人生が良い方向へ進展しています。

 

○私は、精神世界を学んで高次の魂と結びつき、内なる声の導きで人生が好転しています。

 

○私は、(哲学、宗教、語学、歴史、海外の文化、具体的な専門分野など)について学び、博識を高めて社会貢献しています。

 

○私は、(具体名)の受験に関する有益な情報を集め、受験科目の勉強効率を高めています。

 

○私は、実利的な勉強法を実践し、目標の(中学、高校、大学、企業など)の受験に合格しています。

 

 

射手座に対応するフラワーレメディは。「アグリモニー」です。

 

「アグリモニー」タイプの人は、困難を感じたとき、人や周囲に敏感すぎてしまい、目の前の真実を認めることができず、うわべだけの偽善的な態度を装ってしまいがちです。戦う心を嫌うので、表面上は明るく楽観的に見えますが、精神的、肉体的に苦痛を伴うことへの不安から、本当の感情(不安、苦しみ、悲しみ、怒りなど)を意識から排除して、気にしていないふりをして、自分の本心を隠そうとします。

 

それは、際立った繊細さと、人生を楽しみたいという、強い欲求から成り立っています。また、自分の弱みや本音が他人に言えないため、内面の葛藤や苦しみから逃れるために、アルコールや薬物、過食、仕事などに溺れやすくなります。内面のバランスの崩れと同時に、睡眠障害や、気が休まらない状態、ひきつけ、痙攣、便秘、身体の痛みなどを生じる傾向にあります。

 

前向きな「アグリモニー」タイプの人は、心から喜びと幸せを感じられる、真の意味での楽観主義者です。堂々としていて朗らかで温和で、逆境にあっても、微笑む能力を持っています。それは、『人生に耐える方法』を心得ているからです。目の前の問題を、自己成長の糧にして、それを乗り越えられる、内面の力強さを持っています。自ら平和をつくり出すことができ、出会う誰の心も喜ばせることができる人です。

 

「アグリモニー」は、『自然な態度と誠実な態度を取り戻す』ためのレメディです。真実に目が向けられず、自分をごまかしたり、現実逃避をしたりする癖などに効果を発揮し、自分自身や他人に対して「より誠実になりたい」という気持ちを呼び目覚まします。内面の気が休まらない状態を癒し、リラックスさせてより開放的にすると共に必要であれば、あえて困難な状態に挑み、葛藤に耐えられるようにサポートしてくれます。

 

パワーストーンをお持ちの方は、月光浴をさせてエネルギーチャージをするのもおすすめです。

 

*新月のワークの方法は、「新月の願い事」をご参照ください。

2021年

11月

18日

11月19日は『牡牛座』の満月です。

 

11月19日の満月は、牡牛座で起きて部分月食になります。

 

今回の部分月食は、97.8%が欠けるのでほぼ「皆既月食」に近い月食です。

 

牡牛座の満月がもたらすエネルギーは、物質世界の中で心の豊かさを得るために必要な価値観を学ぶものです。

 

皆さんにとって、人生を豊かにする価値観とは具体的にどういうものなのでしょうか…。

 

あなたが所有するお金、仕事(天職)、人脈、特技、趣味、才能など、あなたが人生で本当に必要なものと、そうでもないものをはっきりさせてみましょう。

 

物質世界の中で心の豊かさを得るために、モノに対する執着心や所有欲を手放し、自分の欲望に振り回されず健全な価値バランスを学ぶチャンスです。

 

モノの価値を判断する力を養うために健全な価値観の多様性を認め、本当に価値あるものを見極めて、あなたの人生における価値の活かし方を考えてみましょう。詳しいことは、下記の満月ワークでご紹介しています。

 

<牡牛座の月食のメッセージについて>

 

月食の影響は、潜在意識の深い深いインナーチャイルドに及びます。

 

牡牛座の月食のテーマは、「健全な豊かさとは何か…」を知ることです。時代の流れは、これまでの物質的な豊かさから、目には見えない価値あるものの世界に移行しています。物質的に貧富の差が顕著になり、物質的な困窮生活を強いられる人々が増えています。世の中の多くの人々は、高い精神性と物質的豊かさは両立できないものと考えていることが少なくありません。

 

この多くの人々の誤った考えに気づくチャンスを与えられています。宇宙が注目することは、「どうやって豊かになるか、そしてそれをどう使うか」になります。宇宙が惜しみなく与える豊かさを、遠慮なく受入れ、心地よい人生を誰もが謳歌して良いのだと伝えています。物質的豊かさの量で、私たちは自他の価値を測らないことを学ばなければなりません。

 

多くの人たちが、正当に受け取るべき対価に対して、自分の時間と労力を無駄にしています。労働と報酬の正しいバランスを取るには、正しい報酬というものは労働に見合った金額でなくてはならないと認識するよう促すでしょう。

 

地球の自然がもたらす豊かさ、食物を味わう官能的な喜びなどを受けとめるために、世界はとてつもなく大きく美しいものにあふれ、大自然は調和に満ちたハーモニーを奏でていることに気づくでしょう。そのとき、宇宙が人の魂の成長を願い、膨大なギフトを差し出していることに気づかせようとしています。

 

人々は、地球の美しさを大切に守り、身近なところからさらに美しい世界を作ろうと努力するよう導こうとしています。私たちを癒す自然と親しむことは、私たちに喜びを与えます。五感を全て解放し、敏感に自分の反応を見ているうちに、何が私たちに大きな喜びをもたらすかがわかってきます。

 

これを他者と分かち合うことにより、私たちは自然と上手に付き合う方法を示すことになるでしょう。私たちの魂が地球と深くつながり、身体という「乗り物」を得て地球上に生きることの快感を味わう喜びを学ぶタイミングになりそうです。

 

物質中心の俗世界と神の領域の精神世界の両面から、人やものごとの価値を「身体」「心」「魂」が、物質界でどのように機能するかについて洞察力を培うことになります。人類は、地球の環境が生き物に与える豊かさと安定感に感謝して受けとめる方法を探す必要があります。

 

私たち一人ひとりは、地球上に生きているという現実に感謝して受けとめ、自然との共生共存を目指す必要があります。そうしない限りは、地球の次元が私たちを魂の成長の旅から引き戻そうとするでしょう。つまり「感謝する心の大切さ」「感謝する気持ち」が、物質界への執着を断ち切るエネルギーとなっていくという深い教えに気づくことができると、私たちはこれまでとは異なった確かな「行動変容」を起こすでしょう。

 

一人ひとりの個の気づきが、集合体の無意識に溶解すると、地球全体に「健全な豊かさ」という「自然との共生共存」として地球全体が愛で満たされ、地球の全ての生命体が調和し、宇宙の摂理に基づいて地球に繁栄がもたらされるのです。

 

現在の天体上の動きは、「天王星」「海王星」の2つの惑星が逆行しています。

 

天王星の逆行の影響は、自分の個性や能力をうまく表現できず頑固さが強まります。あくまでも自分流を貫きたくなるので、トラブルを招くかもしれません。

 

海王星の逆行の影響は、意識が曖昧になりがちなので時間にルーズになったり、人と交わした約束が守れなかったり、自分のテリトリーと人のテリトリーの境界線が引けず、両者共にプライベートに踏み込みやすくなるので、対人関係に問題が起きやすいでしょう。

 

それらを忘れないようにして、物事を進めていく段階では、問題が発生することは想定内と考えておきましょう。トラブルが生じたときは、動揺せずも視野を広げて冷静に状況を確認しましょう。そうすれば、トラブルの原因を見つけやすくなります。慌てずに処理していくことが大切ですが、自分で対処に困ったときは、信頼できる人や経験豊富な人から専門的な知識を学びましょう。

 

『月のワーク』で最も大切なこと…

 

目標は、必ず身近で達成できる小さなことから始めるということ。

そして、成功体験を繰り返しながら、その達成感や充実感を脳に記憶させること。

 

小さな成功体験の積み重ねこそが、大きな目的を達成させる行動力や継続力、意志力を強めていく秘訣になります。『自らの心で決めたことを、実現するために体で実行していく』この一連の流れは、体内で幸せホルモンの分泌を促し、脳内に成功体験の充実感を与えてくれます。何度もこれを繰り返すことで、脳に成功体験の流れを蓄積していくシステムを確立します。この脳内に作られたシステムこそが、不可能を可能にする『幸せを引き寄せる源』になるということになります。

 

それでは、今回の『満月ワーク』について、ご紹介いたします。

 

…★…★…

 

11月19日(土)17:58は、牡牛座に位置する満月です。

 

この時刻から、48時間以内がワークに適している時間です。(ボイド時間除く)

*もっとも有効な時間は、満月前後の8時間以内といわれています。

 

今回のボイド時間は、以下になります。

 

11/19(金)17:57 ~ 23:32(牡牛座のボイド時間)

 

牡牛座のボイドでは、物事を損得だけで捉えてしまう傾向が表れます。表面的なものに惑わされ、本質を見失いやすくなるでしょう。物事に対する融通がきかず、無意識に頑な態度を押し通そうとするので、周囲に煙たがれそうです。視野を広げて客観視し、柔軟な考えができるよう心がけましょう。

 

価値観の違う人たちの意見にも耳を傾け、善意あるアドバイスを受入れることが大切です。マイペースを通して時間がルーズになりがちです。約束や大事なことを先送りしてしまわないよう気をつけましょう。恋愛中の人は、執着や独占欲が強くなります。些細なことにも不安が生じるため、相手の何気ない言動に気持ちが動揺し、落ち込みやすいでしょう。牡牛座の満月前後で情緒が不安定になりやすい月星座の人は、「獅子座」と「水瓶座」なので、意識的に気をつけましょう。

 

月は、私たちの無意識(潜在意識)に働きかけます。私たちが気づかないうちに満月の影響を受けた感情から、良くも悪くもその態度や行動をしがちです。月が及ぼす私たちへの影響をプラスに発揮することで、心と身体や精神のバランスを調整することができます。無意識を意識化して、プラスの思考を持つことで、夢や目標を実現させることが可能になります。

まずは、手放したいマイナス感情を解放していきましょう。

 

満月の時期は、新月に立てた目標が成熟します。善くも悪くも結果が得られるときです。また、緊張感や不満感が一気になくなり、脱力ムードになる時期でもあります。そのため、満月の感謝ワークや瞑想などを行いながら、自分を客観的に見つめやすくなれるでしょう。

 

11月5日の蠍座の新月で立てた目標を見返してみましょう。特に蠍座の新月のエネルギーは、新月から満月にかけて「実現したいけれど、今まで何かと理由をつけて断念していたこと」に着手すると、ゼロからの再スタートを切りやすくなります。今までの人生を立て直す力が発揮されやすいので、自分の信念にしたがって大胆に行動を起こした人は、今回の満月に何か成果を得られた実感があるでしょう。

 

あるいは、半年前の牡牛座の新月に立てた目標を、もう一度思い返してみてください。目標が達成している場合は、宇宙の法則や周りの人たちに感謝を忘れずに前進してみましょう。目標が実現しなかった場合は、目標の内容に無理がないかどうか、目標を達成するための行動ができているかどうか、その原因を分析したり、代替案(軌道修正)を考えたりするとよいでしょう。

 

牡牛座の人の特徴は、穏やかで『五感』の感受性に優れ、物質的な豊かさを好みます。野心家ではありませんが、物事を寛大に受け止める器量があり、持久力もあるのでスローペースではあってもコツコツと物事を成し遂げていきます。

 

自分にとって価値ある物質的なものや、愛情などに対しての執着心や所有欲が強いところがあり、自分の感覚を満たしてくれるものを人よりも多く欲してしまう傾向があり、一度得たものは手放さない傾向もあります。現状維持を好むところがあるので、環境に変化に弱くストレスが生じます。独自の理想やこだわりがあり柔軟性には欠けるので、人のアドバイスを聞き入れない頑固さもあります。

 

牡牛座の満月には、感受性に優れ『五感』が研ぎ澄まされます。このため、この『五感』を通じてインプットされた刺激は、あなたに物質的な豊かさを及ぼします。「五感」を心地よく満たす食事や生活環境に関心が向くでしょう。美的感性を活かして、洗練された質の高い芸術や音楽を楽しみ、自然の香りや紅葉の美しさに触れてみましょう。あるいは旬の食材を食べたりと、気持ちよく『五感』を刺激すると、心が満たされ楽しく過ごせます。

 

ただ、行動がマイペースで感情や情緒がスローになる傾向があり、周囲の助言や変化にも鈍感になりがちです。あくまでも自分のやり方をマイペースに貫こうと、自分の意見や行動に固執するでしょう。このため、変化に対する苦手意識が強まり、周囲の影響でマイペースが通せないことに強いストレスを感じるでしょう。故に、マイペースも程々に、あまり頑固になりすぎないよう心がけましょう。

 

牡牛座の満月は持久力を与えるので、自分の欲望に振り回されず、執着や怠け癖を手放し、健全な価値観を身につけるよう努めてみましょう。牡牛座の満月は、あなたが執着するもの(お金や人や所有物など)から、いかに解放されるかがテーマになります。物質的な豊かさを追求するには、自分の利益だけではなく、まわりの人たちにもその恩恵が行き届くように考えることが大切です。

 

満月は、浄化パワーが強いときです。自分に必要がないもの、必要なくなったものを手放す「解放ワーク」をするとよい日といわれています。(ダイエットをはじめるとか、断捨離をするとか、影響されているものなど) また、財運を上げるためのお財布の浄化をして「金運アップ」をするのもよいです。

 

牡牛座に関係する解放テーマは、

 

「頑固さ」「執着」「独占欲」「所有欲」「変化を拒絶すること」「独善的」「停滞」「不健全な抵抗感」「怠け心」「罪悪感」などです。これらのマイナス感情を抱いている人は解き放つようなお願いをするとよいでしょう。

 

例えば、

 

○私は、頑な態度を手放し、他者の建設的なアドバイスを受け入れ良い成果を得ています。

 

○私は、価値観の違う相手への拒絶を手放し、その人の考えや価値観を理解し受容しています。

 

○私は、不健全な抵抗感を手放し、価値観の違う人たちの意見にも耳を傾け知識を得ています。

 

○私は、状況の変化に不安を抱かず、勇気を持って変化に順応し、自己変容しています。

 

○私は、お金を稼ぐ罪悪感を手放し、健全なお金の稼ぎ方で高額の収入を得ています。

○私は、物質的な豊かさへの罪悪感を手放し、周囲にも得られた豊かさを健全な形で分けています。

 

○私は、不健全な所有欲を手放し、健全な価値観で自分に必要でないものを断捨離しています。

 

○私は、(具体名)に対する独占欲を手放し、個人の自由意思を尊重し信頼関係を築いています。

 

○私は、マイナス思考を手放し、前向きに物事に取り組むことができています。

 

○私は、物事に対する過度の心配を手放し、今やるべきことに集中して物事が良い方へ進展しています。

 

○私は、苦手意識での挫折癖を手放し、大きな夢を長期的な視野で達成できています。

 

○私は、独善的な考えを改め、人の利益も考え、周りと分かち合えるようになっています。

 

○私は、停滞している事柄について方向転換が必要なとき、的確な軌道修正ができています。

 

○私は、頑固さを手放し、自分の誤りを潔く認め、人の健全なアドバイスを受け入れ自己成長しています。

 

○私は、現実逃避する怠け癖を手放し、粘り強く物事を継続する力を発揮できています。

 

○私は、偏った考えを手放し、社会人としてのモラルやマナーを守っています。

 

○私は、利己主義なものの考え方を手放し、周り人たちの利益も考えて行動しています。

 

○私は、ルーズで不精な生活態度を手放し、現状に甘えず健全な生活を送れています。

 

○私は、面倒な事を先延ばしにする癖を手放し、(具体名)を行動に移しています。

 

○私は、浪費癖を手放し、健全な金銭感覚を身につけ堅実に貯金を増やしています。

 

○私は、物質価値への執着心を手放し、分かち合いの精神で心の豊かさを育てています。

 

○私は、自分を過小評価する癖を手放し、自らの存在価値を認め、健全な欲求を満たしています。

 

牡牛座が支配する身体部分は、「喉」「あご」「首」「甲状腺」「声帯」などがあります。症状では「喉の炎症」「咽頭炎」「首こり」「甲状腺の疾患」「声帯ポリープ」などがありますので、この辺が気になる方は、改善または健康を促進するお願いをするとよいでしょう。

 

実践的なことでは、喉や首に美容液を塗って、マッサージするなどのお手入れや、リラックスのためのアロマテラピー(芳香療法)でストレスを解消するのがよいでしょう。牡牛座の月生まれの人は、洋なし体型になりやすいようです。

 

新月から満月にかけては、身体が栄養や水分を吸収しやすい時期なので、日頃から運動不足や寝不足の人、生理前の人は新陳代謝が滞りやすくなります。特に上弦の月頃から満月にかけては、自制心のコントロールがしづらくなります。食欲が旺盛になって体重が増加しやすいので、体型が気になる人は意識的に食事の管理をおこないましょう。

 

牡牛座の支配星は、『金星』です。

 

『金星』は、愛と美を司り、芸術、品性、美的感受性、恋愛、社交性などに影響を与えます。全般的に『幸福の暗示』を与えてくれる優しい惑星でもあります。女性にとっては、男性への愛の傾向を示します。男性にとっては、好みの女性のタイプを示します。

 

牡牛座に対応するフラワーレメディは、「ゲンチアナ」です。

 

「ゲンチアナ」タイプの人は、消極的な性格で意志力が弱いため、不測の出来事に気落ちしやすく、すぐに挫折する傾向があります。マイナス思考が強く否定的な人生観を持っているので、なかなか自分の可能性を信じようとはしません。

 

そのせいか、目の前にチャンスが来ても疑うばかりで、幸運を信じようとはせず『悪い前兆』として信じる傾向があります。そして、新しいことにチャレンジするのを恐がり、諦める理由や不平を言うための理由を探します。人は『経験から学ぶ』ということを理解できず、自分への信頼が持てないことで、自分が持っている才能や能力の可能性を、信じることができないのです。また、物事の相互関係がつかめず、日常生活の中で盲目的に動く傾向があります。

 

このような偏りのあるマイナス思考と、頑な態度で時間が経過すると、うつ病や神経衰弱になりやすい傾向があります。また、頑な態度を変えようとしないため、病気の治療効果が停滞したり、治っていた病気がぶり返すことがあり、治療の効果が現れにくいタイプです。

 

前向きな「ゲンチアナ」タイプの人は、自然界の力と法則の信念を持ち、不測の出来事を受け入れることができます。常にプラス思考で、たとえ気持ちが動揺することがあったとしても、自分の可能性を信じて、その試練を乗り越えようと努力します。自分自身を励まし、どんなことにも諦めることはせず、確固たる態度と着実な努力によって、現実世界を生きる存在になります。

 

「ゲンチアナ」は、原因のある落ち込みや心配性の人のためのレメディです。何か不測の出来事が起きて気持ちが動揺して安定しなかったり、落ち込んでしまった時、自分を励まして自らの可能性を信じられるようにサポートしてくれます。また、心配から生じる恐怖心を、前向きな気持ちに切り替えて、自らの可能性を疑わずに再チャレンジができるように、忍耐強さを育てられるようにサポートしてくれます。

 

満月の時期は『女性ホルモン』のバランスを崩しやすく、感情や情緒が不安定になりやすいようです。イライラしたり衝動的な行動をとってしまいそうな時の対策には、過度の緊張から心を解放してくれる『レスキューレメディ』がオススメです。

 

パワーストーンをお持ちの方は、月光浴をさせて浄化とエネルギーチャージをするのもおすすめです。

2021年

11月

04日

11月5日は『蠍座』の新月です。

11月5日に蠍座の新月を迎え、11月になると出雲大社がある島根では「神在月(かみありづき)」を迎えます。

 

令和3年は、昨年と同じく一般の人の見学・参列はできないそうですが、11月14日(旧暦の10月10日)に、日没後から粛々と厳かに稲佐の浜で『神迎神事(かみむかえしんじ)』が始まり、出雲大社の神楽殿にて全国の神様たちをお迎えします。

 

全国から八百万の神々が「ご縁結びの会議」を行なうために集います。一般の人の参列が可能な行事は「夜神楽祈祷」になります。出雲大社では、神在祭期間中の境内での参拝はできるそうです。

 

但し、今後のコロナ感染状況により、内容に変更が生じる可能性がありますので、詳しくは、出雲観光ガイドサイトhttps://www.izumo-kankou.gr.jp/6404出雲大社サイトhttps://izumooyashiro.or.jpをご参照ください。

 

天体上の動きは海王星(〜12.1順行)と天王星(〜2022.1.18順行)が逆行中の影響から、今決めていることが、後で気持ちが二転三転しやすい状況が起きやすいので、重要な決定を下すには慎重さが必要です。非現実的な目標に意識を向けがちです。漠然とした予感や心惹かれる何かに導かれる傾向があるので、行く先が分からないまま物事が進んでいくかもしれません。そんな危なげな面もありますが、新しい可能性も見出せるでしょう。

 

11月5日の蠍座の新月のテーマは「人脈の活用 」です。人との結びつきや関わり方を工夫して人脈を活かしていくと、新たな可能性を広げることができるでしょう。運気上昇の流れに乗るためには、洞察力を発揮して良い人脈をつかんでチャンスを手に入れたり、積極的に人と人を結びつけて新しい可能性を広げましょう。関わる人によって、様々な展望が見えてきます。

 

特に人間関係の舵取りが物事の成否に大きくかかわるので、良縁で結ばれる人間関係をどのように構築し、どのように動かしていくかを真剣に考えてみましょう。一人ではできないことも、人脈を利用して人を上手に動かせば、大きな目標を達成する可能性を引き寄せます。

 

蠍座の支配星が冥王星であることから蠍座の新月のエネルギーは、私たちの潜在意識に強い影響をもたらします。蠍座の新月は、探究心や不屈の精神力を与え、徹底的に物事の本質や人の心を読み取るという、目に見えないものを見抜く「洞察力」を授けてくれます。

 

それらの力を活かして自分の内面を見つめると、自分に欠けているものに気づくことができます。自分に欠けているものを自分のものとする力を授けてくれるので、今までどうしても変えられなかった自分や、停滞している現状を根本から変えられるかもしれません。

 

蠍座の特性は、興味や関心のあることを徹底的に追求してみましょう。強靭な忍耐力が発揮できるのでコツコツと努力を重ねていくと、最終的には社会的成功に繋がっていきます。詳しいことは、新月のワークでご紹介しています。

 

『新月』は新しいことを始めるパワーに満ちています。

 

再び、実現したい目標を決めて、月が満ちる満月までの期間は、目標実現に向けて積極的に行動していきましょう。長期的な目標の場合は、それを細分化し、毎月の満月ごとにステップアップができるように計画してみてください。

 

月は、私たちの無意識(潜在意識)に働きかけます。私たちの生まれ持った才能や能力は、まだ気づかないだけで、多くのものが自分の中に眠ってはいないでしょうか?未知なる分野へのチャレンジは、不安や恐れがありますが、まずは自分の可能性を疑わない『自己信頼』と『勇気』が持てるように、新月のお願いをするのも良いのではないでしょうか?

 

新月のお願いが叶いやすくなる方法をご紹介いたします。

 

…★…★…

 

11月5日(金)06:16 蠍座に位置する新月です。

 

この時刻から、48時間以内がワークに適している時間です。(ボイド時間除く)

*もっとも有効な時間は、8時間以内といわれています。

実際に行動を起こすのは、新月から12時間後からが良いでしょう。

 

ボイド時間は、ワークに適さない時間帯です。(※ボイド時間の説明はこちら

 

 11/ 6(土)01:10 ~  09:52(蠍座のボイド時間)

 11/ 7(日)22:43 ~  11/ 8(月)10:03(射手座のボイド時間)

 

蠍座のボイドは、何事も極端な考えにとらわれ、感情のコントロールが難しく蓄積していた不満や嫌悪が一気に噴火して衝動的にキレます。油断すると、大切な秘密や情報をつい漏らして取り返しのつかない事態に陥る可能性があります。恋愛中の人は、独占欲や嫉妬心に火がつくので、一方的な感情を相手にぶつけ、相手も逆切れするので要注意です。

 

射手座のボイドは、自由奔放な自己陶酔が強まり、現実味のない空想やアイデアを夢見がちです。未知なことに対して冒険心が高まり、何も考えず興味本位で挑戦したくなりますが、熱しやすく冷めやすいときなので、一時的で終わりそうです。

 

無意識に浮ついた気分になり、ルーズさや無責任な態度が出ると、 周囲への配慮に欠けてしまい、人に対する言動や態度が厚かましくなります。知らずに人の心を傷つけてしまうかもしれません。夢が膨らむ一方で、現実的なことに無関心になりやすく、仕事や物事への集中力が散漫になるため、苦手なことや上手くいかないことがあると、子供っぽい言い訳をして現実逃避する傾向が出て生活が乱れるでしょう。   

 

蠍座の人の特徴は、洞察力に優れ目的意識を持って行動します。内向的で人をなかなか信用しないので、ごく限られた人にしか心をオープンにすることができません。感情もなかなか表情にも出さないので、「何を考えているのかよく分からない人」という、印象を周りに与えがちです。

 

その反面、一度心を許すと非常に誠意を尽くす傾向があります。真面目で、何事にも白黒はっきりつけたがります。

 

蠍座の支配星は、『冥王星』です。

 

『冥王星』は、物事の始めと終わり、個人ではどうすることもできない時代の流れや、潜在している宿命的なもの(カルマ)を司っています。不思議な魅力やカリスマ性を与えてくれることもあり、その反面、突然の大変動を暗示することもあります。

 

この時期、山羊座で冥王星と土星が重なる(合)状態なので、社会面(社会システム)に大きな課題と変容をもたらせる傾向があります。その影響が私たちを取り巻く環境に大きく関わってくるので、個人差はありますが、多くの人たちが自分の意思とは関係なく、良くも悪くも人生の転換期を迎えることになるでしょう。

 

今回の蠍座の新月は、人の奥底に眠る潜在意識に働きかけ、状況を根本から変容させるエネルギーが強くなります。新月パワーが物事の核心を見抜く力を与えてくれるので、探究心や不屈の精神力、集中力にも恵まれます。

 

新月から満月にかけて『実現したいけれど、今まで何かと理由をつけて断念していたこと』に着手すると、ゼロからの再スタートが切れるので、これまでの人生を立て直す力が発揮できます。無理して社交的に行動するよりも、一人でできる仕事や趣味にそのパワーを注ぐときです。

 

その一方、絶大なパワーを内に秘めるので、何事も極端な考え方をしやすくなるときなので、方向性を間違うとトラブルが生じます。執着心が強くなるため、一旦誤った方向に進むと、途中で軌道修正が困難になるかもしれません。

 

人の心を見抜く洞察力も備わるので、嘘や秘密に気づきやすく、集中すると人の本音を簡単に見抜くことができるでしょう。その洞察力が自分に向けると、自分を欺かず自分自身の心の深層にある心理的な問題に気づくことができます。さらに新月エネルギーを活かせると、あなたの今までの悪いパターンを崩し、自分を浄化する方法や根本的な自己変容を促すことができます。

 

深くつながりたいと思う人がいれば、相手の気持ちの深いところに触れ合うことができるでしょう。ただ、その気持ちの深層は自分が期待するものと違っているかもしれません。その人の全てを受け入れることができれば、関係を深めていくことができるでしょう。恋愛中の人は、スキンシップで二人の愛情を深めるには良いときです。

 

蠍座を象徴するキーワードは、以下を参考にしてみましょう。

 

○幸せになるために変化を促すためのキーワード

 

・・・「プラスの変化」「過去の重荷を捨てる」「復活」「我が道を突き進む」「変容」などです。

 

自制心をコントロールするためのキーワード

 

・・・「自律(セルフコントロール)」「自制心」「洗練された人格」「責任をもって関わる」「善悪を見極める」「欲望のコントロール」などです。

 

○危機管理能力を促すためのキーワード

 

・・・「人を見抜く目」「危機管理対策」「不屈の精神力」「冷静な判断」などです。

 

○絆を深めるためのキーワード

 

・・・「助け合う関係」「パートナーシップ」「互いを認め合う」「価値観を理解する」「ソウルメイト」「深い愛情」「スキンシップ」などです。

 

○財務協力をスムーズにするためのキーワード

 

・・・「税金」「負債(ローン)」「奨学金」「遺産」「遺産相続」「契約」「ビジネス」「融資」などです。

 

○権力闘争を回避するためのキーワード

 

・・・「権力闘争」「復讐心」「嫉妬心」「破壊的願望(衝動)」「罪悪感」「酷評」「厳しい自己批判」「頑な姿勢」「他者の欲求を理解する」などです。

 

○個人の力を強くするためのキーワード

 

・・・「カリスマ性」「コミュニケーション」「強い精神力」「強い意志」「秘密」「許容力」「権力」「政治」などです。

 

蠍座が支配する身体部分と症状のキーワード

 

蠍座は「排泄器官」「生殖器官」などを支配し、排泄器官に関わる「直腸」「結腸」「膀胱」などに影響を及ぼします。具体的な症状として、「ポリープ」「痔」「膀胱炎」などがあります。生殖器官に関わる「性器」「子宮」「卵巣」など、具体的な症状として、「性病」「生理不順」「子宮内膜症」「子宮筋腫」「子宮がん」「月経前症候群」「ED」などがありますので、この辺が気になる方は、改善または健康を促進するお願いをするとよいでしょう。

 

この時期、生殖器の問題を抱えている人は、改善されやすい時なので、ひとりで悩まずに婦人科の検査や疾患治療を受けてみましょう。性的な問題を抱えている人は、パートナーに自分の悩みを打ち明けてみましょう。自分の希望を素直に伝えたり、性に対する意見交換をすると良い成果を得られます。

 

蠍座の新月で効果を高めるお願い事の文例をご紹介します。

 

○私は、(仕事、家庭、家族、対人、健康、恋愛、婚活など)について、すでに建設的な行動ができています。

 

○私は、人との結びつきや関わり方を工夫して人脈を活かし、新たな可能性を広げています。

 

○私は、過去の経験を糧にして、今まで変えられなかった現状を根本から変えています。

 

○私は、愛される為にこの世に生まれ、ありのままの自分が愛おしく大好きです。

 

○私は、探究心や洞察力を発揮して、目の前の問題を的確に解決しています。

 

○私は、失敗してもゼロからやり直せる不屈の精神を持ち、再チャレンジしています。

 

○私は、好きなものにこだわり、生涯をかけてその分野を探求しています。

 

○私は、何か問題が起きても、その物事の本質を見抜き冷静な判断で解決できています。

 

○私は、人生上のどんな障害も強い意志で乗り越え、自己実現を果たしています。

 

○私は、自らの考えやあり方を変容し、停滞している現状を根本からよい方向へ変えています。

 

○私は、自分の夢を果たすため、孤独や失敗を恐れずに目標に向かって突き進んでいます。

 

○私は、現状の人間関係を把握し、大切な人との強い絆を深めています。

 

○私は、洞察力を発揮して人の本性を見抜き、対人トラブルを回避できています。

 

○私は、公平な心を持ち、人の意見に対して善悪を見極め、正しい判断ができています。

 

○私は、他者の欲求や動機、価値観を理解し、建設的な関係を築いています。

 

○私は、問題のある人と打ち解け合い、健全なパートナーシップを深めています。

 

○私は、大切な人と共に学びながら、人生を価値あるものにしています。

 

○私は、運命のソウルメイトと出会い、お互いの存在を認め合い助け合う関係を築いています。

 

○私は、積極的に(具体名)とスキンシップして、お互いの愛情を深めています。

 

○私は、(税金、年金、保険、遺産相続、奨学金など)の申請や処理を積極的に行なっています。

 

○私は、融資を受けるために必要な申請を完璧に行ない、大きな融資を受けています。

 

○私は、堅実な返済プランを見出し、無理のないローン返済をスムーズに終えています。

 

○私は、女性ホルモンのバランスを整え(生理不順、PMS、更年期障害、子宮疾患、卵巣疾患など)が完治しています。

 

蠍座に対応するフラワーレメディは。「チコリー」です。

 

「チコリー」タイプの人は、嫉妬深く、愛する人たちを自己中心的に所有したがります。思う人を絶えず近くに置きたがり、相手の意思とは関係なく自分勝手に拘束しがちです。パートナーや子供を愛するよりも、自分が果たせない願望を相手に押しつけたがります。

 

願望を遂げるためには、同情と他の義務感を悪用し、相手をコントロールしようとします。願望が思い通りにならないと、自らが被害者を演じて、同情と看護で相手を拘束しようと自己犠牲的な病気になることもあります。一見、相手の幸福を願って手助けしているように見えますが、実は利己的な利点から行動しています。人からの関心を自分に引きつける欲望が強いため、それが満たされていないと不安と恐れに苛まれ、バランスを崩してしまいます。

 

前向きな「チコリー」タイプの人は、人の幸福に直接関わることで、自分も生き甲斐を感じ、人と喜びを共に分かち合い、自分自身の心を温めます。自分自身を助けるために、人を助け、慈悲深く見返りのない無償の愛を注ぎます。『人を愛し、愛される人』という、理想的な愛の意味を知っているので、バランスの取れた愛情表現で接することができ、内なるもの(心/精神/魂)が喜びで満たされています。

 

「チコリー」は、『本当の愛に気づく』ためのレメディです。愛が手段や目的の介在しない『生きる喜び』から生じていることを気づかせてくれます。愛は、働いて手に入れることも力ずくで奪うこともできないと認識させ、病的な利己主義、感情的依存、感情による暴力的な支配、脅迫、自己憐憫を緩和するので、人間関係やパートナー、子供との問題の改善をサポートします。

 

愛情深く、相手を縛らない人間関係を築けるように、恋人や夫婦関係、神経症的な親子関係の改善(親離れ、子離れのようにお互いの自立心を育てる)によく使われています。また、物に対する執着心の改善にも役立つので、手放したい対象物があるときに効果があります。

 

パワーストーンをお持ちの方は、月光浴をさせてエネルギーチャージをするのもおすすめです。

 

*新月のワークの方法は、「新月の願い事」をご参照ください。