2021年

7月

23日

7月24日は『水瓶座』の満月です。

 

24日が満月になりますが、現在の太平洋海上には熱帯低気圧が発生しており、今後台風8号に成長して、来週にも東日本上陸の可能性が強くなっています。

 

気象情報の予測通りになると、東京オリンピックへの影響が懸念されます。そのような状況ではありますが、今日は57年ぶりの東京オリンピックの「開会式」です。

 

開催地である東京の上空には、航空自衛隊のブルーインパルスが現れ、五輪カラーのスモークで五輪の輪を描いて、東京オリンピック開催を盛り上げました。

 

昨年は残念ながら、東京オリンピック開催が未知の新型コロナウイルス感染に見舞われて、延期されました。

 

私たちの生活は急変し、先の見えない新型コロナウイルス感染との戦いが始まりました。

 

不安を抱えながらコロナ禍生活を強いられ、変化した生活環境に戸惑いながらも、社会生活が大きく様変わりして、私たちの生活様式も大きく変化しました。あれから1年が経ち、ようやくたどり着いた東京オリンピックの開催を迎えます。

 

それは、これまで経験したことのない形式のオリンピックです。私たちは東京オリンピックを目にして、どんな思いを巡らせるのでしょう。個人差はありますが、1年前とは全く違った生活や人生を歩んでいる人たちが多くいると思われます。

 

今回の東京オリンピックやパラリンピックの主旨テーマは、「復興五輪」です。逆境で苦しいときほど、心弾む感動や心を潤すことに触れることで、現状でとらわれている苦しい心が解放され、希望が生まれてくることでしょう。東京オリンピックを通して、私たちが必要とする「真実」に気づけるよう「全ては1つである」という社会的な「メッセージ」が、全ての人々に届くよう願っています。

 

現状の惑星の動きを読み取ると、木星、土星、海王星、冥王星の4惑星が逆行しています。その影響から私たちは重苦しい社会の流れに反発し、集合体意識が無意識に、社会的なモラルやルールを違反してしまう傾向があります。

 

楽しいはずの東京オリンピックが、心の底から喜べない状況に、どう私たちは向き合ったら良いのか、私たち一人ひとりが真剣に考えて行動する課題が与えられています。政府や自治体はもちろんのこと、個人がきちんと責任や義務を果たす意識をもち、社会的ルールや社会的責任の混乱を見直して改善することが重要です。

 

期間限定でも、皆が健全な共同体意識をもち、自分や皆のために、同じ目的を果たすよう協力することを促されています。個人的には、一人でも多くの人が、そのことに気づき、本気になって社会の一員としての責任や義務を果たし、社会全体が調和するために、正しい行いができることを切望しています。

 

これからの約1ヶ月間は、東京オリンピックやパラリンピックを楽しめるよう自己管理が必要です。夏シーズンの外出は、自分や人のためにもソーシャルディスタンスを保ちましょう。水分補給や体温管理を意識して、人のいない場所ではマスクを外して、体温が上がり過ぎないよう熱中症や意識が鈍らないよう気をつけましょう。

 

満月になると、理由なくイライラしたり、落ち込んだり、気分が高揚したりと、バランスが崩れて不安定になりやすいので、リラックスする時間をつくりましょう。感情のコントロールができない時には、レスキューレメディを飲むのがお勧めです。

 

時間に余裕がある時は、ヨガや瞑想で深呼吸やストレッチをおこなうのも効果があります。また、今はそういう時期なのだと割り切って、無理をしないことが得策です。今、あなたが経験していることは、「自己成長するために必要な経験」です。理想の夢を叶えるためには、目的を果たすために必要な課題と向き合って丁寧に取り組み、努力を積み重ねていくことが大切です。

 

『新月』に願ったことを達成できるように、今の迷いを断ち切り、迷わず『満月』に向けてチャレンジしていきましょう。

 

7月24日の水瓶座の満月は、人づきあいの苦手意識を克服するために、他人との間に壁を作ることを改めるチャンスを与えてくれます。独創的なアイデアを個人の利益だけではなく、より多くの人たちと分かち合える人間愛を学ぶチャンスです。

 

この時期は、人とは違うユニークな存在でありたいという欲求が高まるので、習慣にとらわれた伝統的なものの捉え方で行動するよりも、グローバルで普遍的な視野で行動する方が良い結果を得られやすいでしょう。気になる方は『満月の解放ワーク』をおこなってみてください。

 

『月のワーク』で最も大切なこと…

 

目標は、必ず身近で達成できる小さなことから始め、成功体験を積み重ねて、その達成感や充実感を脳に記憶させることが大切です。

 

その小さな成功体験の積み重ねこそが、大きな目的を達成させる行動力や継続力、意志力を強めていく秘訣になります。『自らの心で決めたことを、実現するために体で実行していく』この一連の流れは、体内で幸せホルモンの分泌を促し、脳内に成功体験の充実感を与えてくれます。何度もこれを繰り返すことで、脳に成功体験の流れを蓄積していくシステムを確立します。この脳内に作られたシステムこそが、不可能を可能にする『幸せを引き寄せる源』になるということなのです。

 

月毎のテーマに添って「新月ワーク」を行なうことで、あなたの思考がプラスの人生へと向かいます。逆に、マイナス的な思考のままだと、あなたの人生はマイナスへと向かうかもしれません。それは、自分本位なエゴを手放さず、そのエゴ的な発想からの思考を現実化させようとすると、理想とかけ離れた人生になりやすいので、あなたのエゴを手放す、「満月ワーク」で、マイナス感情の解放を行なうことが大切です。

 

今回の『満月ワーク』について、ご紹介いたします。

 

…★…★…

 

7月24日(火)11:38は、水瓶座に位置する満月です。

 

満月の浄化パワーの影響は、月が満ちる前後(48時間)になります。

ボイド時間は、ワークに適さない時間帯です。(※ボイド時間の説明はこちら

 

 7/24(土)01:34 ~  09:12(山羊座のボイド時間)

 7/26(月)08:13 ~  12:29(水瓶座のボイド時間)

 

山羊座のボイドでは、社会における自分の評価が気になり、社会的なステイタス(地位や名誉、経済力など)が、判断基準になるでしょう。社会活動が規制された状況下で、これまでの努力が報われないこと、評価されないこと、経済的な安定や安らぎが得られないことへの不安や恐れが強まります。視野が狭くなり自分の意見に固執し、反対意見を敬遠したり、親しい人にも素直な気持ちを表現しづらくなります。

 

水瓶座のボイドでは、気分のムラが激しく、人と違った自己アピールをして、突飛な発言や衝動的に行動しがちです。感情面は論理的な思考が、やや屁理屈になるでしょう。思い込みが強くなり、周囲の評価とは関係なく、自己中心的な行動で周囲から浮きがちです。

 

子供っぽくワガママな面が出やすいので、あまのじゃくな言動が目立ちます。この反抗的な態度が原因で、相手に愛想を尽かされてしまうかもしれません。一時的なマイナス感情は、早く解放して、思いやりのある態度を心がけましょう。

 

月は、私たちの無意識に働きかけます。私たちが気づかないうちに満月の影響を受けた感情から、良くも悪くもその態度や行動をしがちです。月が及ぼす私たちへの影響をプラスに発揮することで、心と身体や精神のバランスを調整することができます。無意識を意識化して、プラスの思考を持つことで、夢や目標を実現させることが可能になります。まずは、手放したいマイナス感情を解放していきましょう。

 

満月の時期は、新月に立てた目標が成熟します。緊張感や不満感が一気になくなり、脱力ムードになる時期でもあります。そのため、満月の感謝ワークや瞑想などを行いながら、自分を客観的に見つめやすくなれるでしょう。

 

7月10日の蟹座の新月で立てた目標を、もう一度思い返してみてください。目標が達成している場合は、宇宙の法則や周りの人たちに感謝を忘れずに前進してみましょう。また、半年前の水瓶座の新月で立てた目標(長期目標)についても、何らかの結果が出やすい時期なので確認してみましょう。

 

もし、思うような結果が持たされていないようであれば、今回の水瓶座の満月で軌道修正をするタイミングになります。客観的な視点で目標の内容に無理がないか、目標を達成するための行動ができているか、これまでを見返して原因があれば、代替案を考えて修正するとよいでしょう。

 

水瓶座の満月では、個性的でありたい欲求が高まり人と違うことを無意識にするでしょう。気分のムラが激しく衝動的に動いて失敗をしやすいときです。湧き上がる衝動や感情をコントロールし、心身共により良い状態に変えていく努力が必要です。

 

獅子座の太陽の影響から、あなたの個性が際立つときです。自分を変えたいという潜在願望が強まるので、思い切ってファッションや髪型を変えて外見をイメージチェンジすると、自然と個性が際立つでしょう。社会面では、既成概念にとらわれず、自分のスタイルを貫こうとするので、社会的に意義のある活動をしたくなるかもしれません。また、知的関心が高まり、上下関係にとらわれない自由なネットワークを求めたくなります。

 

偏見なく人の個性を尊重できるときなので、ジャンルに関わらず交友関係を活発にすると、人から良い刺激を受け、新たな活動分野を見出せるチャンスです。独創的なアイデアがひらめきやすいときなので、感じたインスピレーションを積極的に活用してみましょう。

 

ただ、我が強くなって自分流を押し通してしまうと、視野が狭まり周りが見えなくなります。規律や上下関係が厳しい場では、浮いた存在扱いをされてしまい周りとの軋轢が生じ、孤立する恐れがあります。

 

そうなると、対人関係に強い苦手意識を抱き、人と繋がることをためらうでしょう。恋愛面では、相手との理想的な関係を模索するあまり、自分の中の欲求を無意識に押し込んでしまったり、プライドが邪魔して素直な気持ちが言えず、フラストレーションを抱くかもしれません。

 

満月は、浄化パワーが強いときです。自分に必要がないもの、必要なくなったものを手放す「解放ワーク」をするとよい日といわれています(ダイエットをはじめるとか、断捨離をするとか、影響されているものなど)。財運を上げるための「金運アップワーク」をするのもよいです。

 

水瓶座に関係する解放テーマは、「無関心な態度」「冷淡な態度」「反抗的な態度」「屁理屈」「ひがみやすさ」「ひとりよがり」「独善的」「厳格な考え方(思考)」「衝動的行動」などです。これらのマイナス感情を抱いている人は解き放つようなお願いをするとよいでしょう。

 

 

例えば、

 

○私は、利己的な行動を手放し、衝動的に行動せず社会ルールやモラルを守っています。

 

○私は、偏見や差別を手放し、自由な価値観で誰に対しても謙虚な気持ちで接しています。

 

○私は、人づきあいの苦手意識を手放し、常に親しみやすい態度でコミュニケーションを交わしています。

 

○私は、高慢な態度を改め、誰とでも健全な態度で接して信頼関係を築いています。

 

○私は、コロナウイルス感染者への偏見や恐れを手放し、ニュートラルな気持ちで社会活動しています。

 

○私は、コロナワクチン接種に対する賛否の情報に振り回されず、自分の正しいと思う選択ができています。

 

○私は、SNS上で人を傷つける発言を改め、健全な言葉で人の心を癒す配信ができています。

 

○私は、SNSに対する苦手意識を手放し、知的な情報ネットワークと繋がり見識を深めています。

 

○私は、偏見への恐れを手放し、独自の創造力を活かした活動で人の注目を集めています。

 

○私は、個人主義な考えを手放し、困っている人のサポートをして感謝されています。

 

○私は、社会情勢に対する反抗心を手放し、コロナ禍での憤りを健全な社会活動に活かしています。

 

○私は、人の意見に屁理屈を言わず、健全なコミュニケーションを交わしています。

 

○私は、独善的な態度を改め、他者の欲求を理解して寄り添える行動ができています。

 

○私は、他者の成功を羨む心を手放し、素直にその人の成功を喜べるようになっています。

 

○私は、過去の失敗にとらわれず、未来志向で自由な創造活動をしています。

 

○私は、人の善意を拒絶せず、感謝して人のサポートを受け入れています。

 

○私は、無意味な自己評価を手放し、短所を矯正し長所を伸ばすよう自己鍛錬しています。

 

○私は、厳しすぎる自己批判を手放し、ありのままの自分の個性を育てています。

 

○私は、自分を縛る厳格な思考を手放し、どんな状況にも柔軟に対応できています。

 

○私は、誤った行動をする癖を手放し、視野を広げ誤りを正して目的を果たしています。

 

○私は、パートナーへの無関心な態度を改め、共有できることを見出し絆を深めています

 

水瓶座が支配する身体部分と症状には、

 

「足首」「ふくらはぎ」に関する「血液循環」「リンパ系」の症状「下肢静脈瘤」「痙攣」「発作」などがあります。この辺が気になる方は、改善できるように願うとよいでしょう。

 

実践的なことでは、身体がむくみやすい満月の時期は、水瓶座の象徴する「ふくらはぎ」を集中して指で軽く押しながらマッサージをしてみましょう。

 

「ふくらはぎ」には、足のむくみや冷え性、生理痛などに効くツボが点在しています。ツボを刺激することで、気になる症状が改善しやすくなるでしょう。また、冷房で身体に冷えが生じ、慢性的な疲れや不調が気になる人は、老廃物を体外に排出する全身のリンパマッサージを行うと改善しやすくなるでしょう。

 

浄化力が高まる満月水を作って、浄化作用のあるフラワーレメディ(クラブアップル)や、今のあなたに必要なフラワーレメディを飲んでみるのもお勧めです。

 

水瓶座に関係する象徴キーワードは、

 

「個性的」「独創的」「進歩的」「活動的」「積極的」「自由なアプローチ」「独立心旺盛」「改革的」「知的」「理論的」「情報」「客観視」「発想」「グローバルな価値観」「グループ」「偏見なく」などです。

 

水瓶座の人の特徴は、自由と個性、改革を重んじネットワークを大切にします。どんな人とも壁を作らずつき合える人です。独創性が豊かで社交性に富み、物事を広い視点で捉える、未来志向型を象徴しています。

 

あらゆるものから独立、自由でありたいという傾向があります。人がどう思おうと関係なく、既成概念にもとらわれず、興味の赴くことにマイペースに取り組む傾向があります。感情の動きが少ないので、クールな印象を相手に与えるかもしれません。人づきあいにおいて、距離の近い対人関係を好まず、集団の相手を全て公平に扱うことが得意なので、サラッとした交流を好むタイプです。

 

水瓶座の支配星は、『天王星』です。

 

『天王星』は、改革を促す星です。変化、ハプニング、分裂、オリジナリティを意味し、古いものを打ち壊し、新しいものを生み出す力を与えてくれます。発想力や独創力に影響を及ぼします。また、現状の改革、革新を司り、改革的な事柄や突発的な事件の暗示があります。

 

8月20日に天王星が逆行します。この影響が及ぶと、突発的な出来事が起きやすくなります。自然界では、自然現象が起こりやすくなるので、地震や台風、火山噴火などに注意が必要です。防災を意識して、災害時で役立つ備蓄品の点検や住居の整備をしておくと良いでしょう。

 

水瓶座に対応するフラワーレメディは、「ウォーターバイオレット」です。

 

「ウォーターバイオレット」タイプの人は、賢明で有能な落ち着きのある、内向性の強い性格です。人の性質と事情を鋭く観察することがででき、自分は一歩引くのを好みます。他人から頼まれれば、実践的なアドバイスを与えることができるのですが、人づきあいにおいては、親密さが欠けてしまいます。他人と距離を置きたがるのは、一人で足りていると感じる自主性からです。

 

自立心が強く自由を愛し、自己依頼も強い個人主義的な考えの持ち主です。バランスが崩れると、自分の殻の中に閉じこもってしまい、他人に対して拒絶的な態度をとり、徹底的に心を閉ざしてしまうので、周囲の人からは、近寄りがたい人になってしまいます。そのため、常に孤独を感じ、寂しさに苛まれつつも、さらに頑な態度をとってしまう傾向があります。

 

前向きな「ウォーターバイオレット」タイプの人は、自由と自立が生活基準となり、優れた才能と知性を使って、精神的にも物理的にも満たされた生活を成り立たせることができます。自分の希望や欲求を周囲に押しつけることなく、自分自身がそうであるように、寛容な態度で周囲に対しても、その人独自の生き方を尊重します。その誇り高い貫禄と安定と平静さは、周囲の誰に対しても、落ち着いた心地よい影響を与えます。

 

「ウォーターバイオレット」は、『人づきあいの苦手な一匹狼タイプ』のためのレメディです。人づきあいに問題がある人が、社交的で開かれた態度がとれるようになり、周囲との適度な距離の取り方がわかり、自分の世界も守れるようになります。そうなることで、孤独感や寂しさから解放されるでしょう。

 

苦しい状況で、他人に立ち入ってほしくない場合や、病気だと分かり、外部を遠ざけて引きこもってしまう場合に、このレメディは普段の状態に戻ることをサポートしてくれます。自己防衛から見られるノイローゼ的な反応での、不自然なプライドや傲慢な態度、遠慮しがちな態度の改善にも効果があります。

 

満月の時期は『女性ホルモン』のバランスを崩しやすく、感情や情緒が不安定になりやすいようです。イライラしたり衝動的な行動をとってしまいそうな時の対策には、過度の緊張から心を解放してくれる『レスキューレメディ』がオススメです。

 

パワーストーンをお持ちの方は、月光浴をさせて浄化とエネルギーチャージをするのもおすすめです。

2021年

7月

09日

7月10日は、『蟹座』の新月です。

 

関東では熱海、西日本では山陰エリアが長雨の自然災害に見舞われる中、強行的に東京オリンピック開催が刻々と近づいています。

 

私的な考えですが、政府の政策の矛盾を多々感じながら、平和の象徴とされる形ばかりの東京オリンピック開催には、心から喜ぶことができず複雑な心境です。

 

この度、4度目の緊急事態宣言が発令されました。

 

多くの人にとって現実の社会生活とのギャップを「どう埋め合わせるか」というテーマが浮き彫りになっています。

 

矛盾した政府の施策に、私たちは多くの疑問を抱いているので、葛藤が生じる人は自分を律することが難しい状態でしょう。

 

現状の惑星の動きを読み取ると、木星、土星、海王星、冥王星の4惑星が逆行しています。

 

その影響から、私たちは重苦しい社会の流れに反発し、集合体意識が無意識に社会的なモラルやルールを違反してしまう傾向があるようです。楽しいはずの東京オリンピックが、心の底から喜べない状況に、どう私たちは向き合ったら良いのか、私たち一人ひとりが真剣に考えて行動する課題が、宇宙から与えられているようです。

 

政府や自治体はもちろんのこと、個人レベルにおいても、社会的ルールや社会的責任の混乱と、それによる見直しや改善強化が必要になります。期間限定でも、皆が健全な共同体意識をもち、自分のため、皆のために、同じ目的を果たすよう協力することを促されています。

 

一人でも多くの人が、このことに気づき、本気になって社会の一員として社会が調和するために、とるべき行いをしていくことが重要です。

 

7月10日の蟹座の新月は、自己基盤となるものを育むことに関係する『家庭』や『家族』『育成』『衣食住』などがテーマになります。もし、あなたが家族や友人といった人間関係を疎ましいと感じていたり、親しい人たちと共に行動することに対して苦手意識を抱くようであれば、思い切って自分の殻を破るチャンスです。

 

ただ、蟹座に月が入るときは、蟹座を月が支配していることから感情や感受性、女性としての長所や短所に強い影響を及ぼします。月の満ち欠けと感情のリズムが同調するため、女性ホルモンバランスにも影響を与えます。

 

気持ちが揺らぎやすく気分のムラが出たり、情緒が不安定になるかもしれません。この時期は、無理をせずリラックスする時間を作って過ごしましょう。胃腸にも影響を与えます。無意識に食べ過ぎてしまう傾向があるので、意識的に胃腸を労る食事を心がけましょう。

 

願い事を叶えるためには、自制心をコントロールして意識的な行動が必要です。これから『月のワーク』をやってみようと思われている方は、迷わずやってみてください。新月には『種まき』(目標設定)、満月は『収穫』(成果を得る)という意味があります。

 

もし、『満月』に成果を得られなかった場合は、改めて『軌道修正』(再考)して、次の新月に向かって実践することが『月のワーク』の1サイクルの流れになります。そして、どのくらいの成果を得られるかは、あなた次第ですので、毎月コツコツと続けてみましょう。今まで出来ないと思い込んでいたことが、1年を通して出来ているかもしれません。それは、物質的な現象だけではなく、精神的な成長を得られることもあります。

 

月は、私たちの無意識(潜在意識)に働きかけます。私たちの生まれ持った才能や能力は、まだ気づかないだけで、多くのものが自分の中に眠ってはいないでしょうか?未知なる分野へのチャレンジは、不安や恐れがありますが、まずは自分の可能性を疑わない『自己信頼』と『勇気』が持てるように、新月のお願いをするのも良いのではないでしょうか?

 

新月のお願いが叶いやすくなる方法をご紹介いたします。

 

…★…★…

 

7月10日(土)10:17 蟹座に位置する新月です。

 

この時刻から、48時間以内がワークに適している時間です。(ボイド時間除く)

 

*もっとも有効な時間は、8時間以内といわれています。

 

ボイド時間は、ワークに適さない時間帯です。(※ボイド時間の説明はこちら

 

7/11(日)01:11 ~ 09:22(蟹座のボイド時間)

 

蟹座のボイドでは、感受性が強くなり感情のコントロールが難しくなります。一時的な強い感情に振り回され、普段は気にならない些細なことでも深く傷つくかもしれません。外界の不測の事態や他者に警戒心が強まるので、自分の殻に引きこもったり、傷つけられた他者を過度に攻撃する傾向があります。コミュニケーションにおいては、やや押しつけがましい態度が目立ちそうです。相手の影響を受けて感情の起伏が激しくなり、突然苛立ちが爆発することもありそうです。

 

蟹座の人の特徴は、自分を取り巻く空間や衣食住に気持ちの良さを追求するため、自分が生まれた家庭やこれから作りたいと思っている家庭を愛します。心の安らぎは安定した生活にあるため、強い保障に突き動かされ、必要なまでに保障を求めたがります。

 

喜怒哀楽を重んじ「心」の世界を大切しているので、感受性が強く、わずかな変化にも敏感に反応してしまいます。母性愛が強く「大切なものを守る」ことに高い価値観を持ち、血縁を大切にします。日頃から社交的で人情味があり、とてもお世話好きです。その反面、世話好きが高じてしまうと、押しつけがましい態度や嫉妬深い面が表れます。 

 

蟹座の支配星は。『月』です。

 

『月』は、感情や感受性、女性としての長所や短所を色濃く表します。女性らしい情緒面を支配し、感情や心模様、恋愛心理に大きな影響を与えています。女性には、健康に対する影響が強いとされています。月の動きと感情のリズムは同調し、女性ホルモンバランスにも影響を与えるので、女性には健康に対する影響が強くあります。それは、女性の生理は『月のもの』と言われるように、月のサイクル(新月から満月になる周期)と標準的な月経サイクルが、共に29日半続き、自然のリズムの月の満ち欠けと関係があると言われています。

 

今回の蟹座の新月は、豊かな感受性が強調され、人の心の動きに敏感になります。それを活かせると、人の気持ちを察して身近な人へ、面倒見の良さを発揮できます。蟹座の月が象徴するテーマは、自己基盤となるものを育む『家庭』『家族』『育成』『衣食住』などになります。もし、あなたが家族や友人といった人間関係を疎ましいと感じたり、親しい人と共に行動することに対して苦手意識を抱くようであれば、思い切って自分の殻を破る好機です。

 

身近な人に共感する気持ちを培っていくと、今までにない「心のよりどころ」を認識して安らぎを得られます。自ら豊かな感受性を刺激することで、潜在意識に眠る「母性愛」「慈悲心」が浮上し、人としての魅力が高まり周囲への好感度が上がります。

 

家族や恋人、友人など、身近な人をサポートすることで共感を得られます。その相手からもサポートを受ける相互扶助の関係を築けるでしょう。また『育成』においては、子供だけではなく仕事面でも部下や後輩など、目下の人の世話をして教え導く意味もあります。職場で積極的に自分の責任や義務を果たすことで、やりがいや達成感を感じるでしょう。

 

自己基盤を固めていくには、適しているときです。積極的に家族や友人、グループ、仲間といった共同体に意識を向けてみましょう。ただ活動的になる一方、繊細な感受性により傷つきやすくなるため、無意識に警戒心が強まるかもしれません。傷ついたと感じると、引きこもったり、傷つけられた相手に攻撃することもありそうです。情緒が不安定になりやすいので、理由なく感情の起伏が激しくなります。意識的にリラックスできる時間を作り、ナイーブな心をケアすることを忘れずに…。

 

一人で過ごすなら、より理想的な居住空間を目指して、部屋の片づけや模様替えをしてみましょう。料理や読書、音楽やハートフルなDVDを鑑賞したり、好きな香りを焚いてくつろぐこともお勧めです。蟹座は『住居』も象徴するので、この時期に開運方向へ引っ越しをする計画を立てたり、物件探し、リフォーム、模様替えなどをする計画も良いでしょう。

 

蟹座を象徴するキーワードは、以下を参考にしてみましょう。

 

○自分の基盤を築き強化するためのキーワード

 

・・・「家」「家庭環境」「快適なライフスタイル」「家族の絆」「住環境」「心のよりどころ」「安らぎ」などです。

 

○心の安定を促すためのキーワード

 

・・・「経済的安定」「粘り強さ」「堅実」「自己信頼」「身近な幸福を意識する」「根拠のない自信」などです。

 

○成長や健全な育成を促すためのキーワード

 

・・・「学習」「トレーニング」「自己成長」「子供のしつけ」「育成能力」「前向きな思考」「サポートする」「サポートされる」などです。

 

○慈愛を育むためのキーワード

 

・・・「慈愛」「母性本能」「無条件の愛」「いたわり」「共感能力」「他者の気持ちに敏感」「感受性」などです。

 

○感情をコントロールするためのキーワード

 

・・・「優しさ」「寛容さ」「自分を客観視する」「自制心」「自分や相手の気持ちを理解する」などです。

 

○自分の感情を素直に表現するためのキーワード

 

・・・「健全な自己表現」「ありのままの自分」「自己信頼」「前向きな自分」「素直な心」などです。

 

蟹座の解放キーワード

 

「依存心」「不安感」「過剰な警戒心」「独占欲」「押しつけがましさ」「拒絶されることへの恐怖」「過保護」などです。

 

 

<蟹座のテーマ>お願い事の例文

 

 

○私は、普段から家族と過ごす時間を大切にして、家族の絆を深めています。

 

○私は、緊急事態宣言を前向きに受けとめ、暮らしの中に工夫を凝らして快適に過ごしています。

 

○私は、社会的なモラルやルールを守り、効果的な感染予防をおこなって健康に過ごしています。

 

○私は、視野を広げ、積極的に異なる価値観に触れて偏りなく物事を考えることができています。

 

○私は、心のよりどころになる生活環境を整え、安心できる居場所で快適に過ごしています。

 

○私は、経済観念を培い、生活に困らない健全な収支管理ができています。

 

○私は、気になっているところ(家全般、部屋、水回りなど)のリフォーム計画を立て取り組んでいます。

 

○私は、子供が抱えた問題をさりげなくサポートし、親子の信頼関係を築いています。

 

○私は、常に子供の気持ちを理解し、子供に寄り添いながら健全な躾ができています。

 

○私は、手頃な家賃の素敵な(部屋、一軒家、シェアハウスなど)を見つけ、良いタイミングで移り住んでいます。

 

○私は、部屋を好みのインテリアに模様替えし、一人暮らしを快適に過ごしています。

 

○私は、今の生活が経済的に安定する社会的なニーズ分野を見つけ、仕事に就いています。

 

○私は、無償の愛を育て、困っている人に対して迷わず手を差し伸べています。

 

○私は、育成能力を発揮し、管理者として必要な人材育成ができています。

 

○私は、寛容さを身につけ、価値観や考えの違う人とも健全な交流ができています。

 

○私は、共感能力を発揮し、大切な人の気持ちを共有して絆を深めています。

 

○私は、周りの人たちに自分の素直な欲求を、健全な形で表現し受け入れられています。

 

○私は、根拠のない自信を持ち、どんな状況においても建設的な行動ができています。

 

○私は、好き嫌いは関係なく本気で自分の能力を磨くことに専念し、スキルアップしています。

 

○私は、常に客観視して、一時的な感情に振り回されず自制心のコントロールができています。

 

○私は、情熱を注ぐ分野を見つけ、価値観が同じ仲間と一緒に目的を果たすよう活動をしています。

 

○私は、暴飲暴食にならないよう心がけ、バランスの取れた食事で体調管理ができています。

 

○私は、免疫力を高める食事や運動、睡眠のバランスを整え、健康を維持しています。

 

 

蟹座が支配する身体部分と症状のキーワード

 

蟹座は、「乳房」「胸」「膵臓」「胃」「食道」などを支配しています。具体的な症状として、「膨満感」「胃潰瘍」「腫瘍」「乳房の疾患」「不妊症」などがあります。

 

この辺が気になる方は、改善または健康を促進するお願いをするとよいでしょう。実践的なことでは、胃腸をいたわるような食事を心がけ、冷たい食べ物や飲み物を控えましょう。たまには、1日の食事に簡単な薬膳料理(温かい薬膳スープやお粥など)を取り入れて、デトックスをしてみるのもお勧めです。特に、梅雨時は冷たいものや生ものは脾臓に負担をかけ、胃腸の働きを弱らしてしまうので控えましょう。

 

胃腸の機能を整えるこの季節での食材は、スズキ、鯛、あずき、そら豆、枝豆、かぼちゃ、さつまいも、とうもろこし、はと麦、しそ、香菜、フェンネル(ウイキョウ)、山椒、花椒、陳皮(ミカンの皮)などがあります。これらを使って、スープやお粥にチャレンジしてみてください。蟹座が象徴する「乳房」は、女性にとって大切な部位です。この時期、意識的に乳がんのセルフチェックをしてみましょう。気になる症状があれば、思い切って医師の検診を受けましょう。

 

雨の多いこの時期、森の中はマイナスイオンやフィットンチッド成分に溢れています。フィットンチッド成分は、免疫力をアップさせるので、マスクをつけて息苦しくランニングするよりも、森林の中を歩いて深呼吸をしてみましょう。

 

体内にマイナスイオンやフィットンチッドを取り入れると、免疫力が強化され体調を崩しにくくなる体質改善が期待できます。密にならない場所や時間帯を見つけて、緑のある景色の中でゆっくり身を委ねて深呼吸してみましょう。

 

詳しくは、森林セラピー&ウォークをご参照ください。

 

蟹座に対応するフラワーレメディは「クレマチス」です。

 

「クレマチス」タイプの人は、どこか不注意で、自分の思いに捕われがちです。面白くないことや辛い思いに直面すると、自分の殻に閉じこもり、非現実的な空想の世界に逃げ込んでしまいます。いつまでも空想の世界にふけったり、未来を夢見ることばかりに心が向いてしまい、自分の心と夢の中に生きる傾向があります。そのため、現実世界には無関心な心の状態にあります。

 

クレマチスの素質は、内向性、幻想を描く能力、生きる喜びと楽観的な期待を持つことへの強い欲求から成り立っています。病や不幸な境遇から、抜け出そうと努力することはありません。自分が傷つくことを恐れているので、現状の辛さを少しでも楽にしようと、いろいろな現実を記憶から上手く削除し、自分自身をも現実から切り離してしまいます。未来に憧れながらも、現実逃避を繰り返してしまいます。

 

一方、前向きな「クレマチス」タイプの人は、多くの社会活動に尽くし、周囲の世界に強い関心を示します。受容的で周りに対しての気配りができ、魅力的なので人気者になります。非常にクリエイティブで器用なので、多くの芸術や商業の分野に才能を発揮します。

 

生産的、人道的、実用的な面があり、多くの人のニーズを敏感にキャッチし、世の中の人に役立ちながら、心の思いをドラマチックに表現することができます。誠実さと忠実さを兼ね備えているので、周囲の人たちからの信頼も厚く、積極的に他者も助け、世の中に貢献していきます。人生に対する楽観的な見方を通して、自分の希望を体現し、深く豊かな感覚と思想を育てることができます。

 

「クレマチス」は、現実世界との健全な関係を回復するためのレメディです。現実世界から遠ざかる傾向のある人や、白昼夢や幻想ばかり見ている人をサポートします。注意力散漫な態度や、眠気が覚めないというような、軽い症状にも効果を発揮します。失神や放心状態になりがちな人にもお勧めです。

 

学校で問題があったり、自分に合わない環境で、学校生活を送らなければならないような子供たちの『心の逃亡(自分の世界に入り込んでしまうケース)』や、登校拒否の状況にも役立ちます。進行する重い病気から逃れるために、『死』への憧れを抱くような場合にも、現実と向き合う勇気を回復させる効果があります。これらの理由から緊急時用のレスキューレメディにも『クレマチス』が含まれています。

 

パワーストーンをお持ちの方は、月光浴をさせて、浄化とエネルギーチャージをするのもおすすめです。

2021年

6月

24日

6月25日は『山羊座』の満月です。

 

明日は山羊座の満月です。

 

5月26日の射手座の月食のテーマ「宇宙意識と一体化して差別や偏見を手放し、共同体意識に目覚める」と、6月10日の双子座の日食テーマ「コミュニケーションの学び(情報伝達の大切さ、言葉の大切さを理解する能力)」の社会面や個人への影響は、次の月食と日食が起きるまでの約半年は続くと思われます。

 

月食と日食のテーマを踏まえて、今回の山羊座の満月では、同じ目標に向かって仲間と強く結びつき、皆の力を合わせて課題をこなしていくときです。

 

皆で話し合いながら意見を調整して、連帯感や信頼感を高めていきましょう。

 

この時期は、一致団結して共同作業に取り組むことで、個人の力ではクリアできない難題に挑むことができます。

 

確実に成果をあげてプロジェクトを成功に導くためには、各々の自覚と協力が重要になるため、常に全体の働きを見ながらチームワークを大事にしましょう。

 

互いの意見を尊重しながら、信頼関係を築き「共同体意識」のもと、情報伝達や言葉の大切さを理解して「コミュニケーション」を活発に交わすことがカギになります。

 

7月の東京オリンピックの開催に向け、その調整と準備が着々と進んでいますが、一筋縄では上手くいかないかもしれません。国と国民がチームジャパンという「共同体意識」のもと、前例のないコロナウイルス感染対策と日本経済の回復と併せて、東京オリンピックとパラリンピックを成功させる目標に向かって強く結びつき力を合わせることが、現状の大きな課題です。

 

この先の私たちの行動は、暫くは海外メディアから注目を注がれ、良くも悪くも評価されることになります。今こそ、私たちは人道的で善良な行いができるかを試されるときです。東京オリンピックの開催を通して、世界に日本の素晴らしさをアピールできるか否か、私たち一人ひとりの選択と行動に反映されるでしょう。

 

梅雨時期は、気圧や気温が著しく変化しています。その影響が体調に及ぼす影響は、私たちの自律神経のバランスを乱したり、慢性疲労感をもたらせ、体調を崩しやすくします。特に気圧が下がる雨天時は、大気中の酸素が激減するので、意識的に深呼吸をしていないと酸欠になってしまいます。

 

湿度も高くなると息苦しくなり、脳に十分な酸素が送られず酸欠状態から集中力が低下します。眠気に襲われたり、目眩や頭痛が生じたり、浮腫みで肩や手足が強ばるでしょう。食欲も低下するので体力や持久力がなくなるかもしれません。

 

普段から寝不足、夜更かし、偏食、暴飲暴食、アルコール依存などで生活習慣が乱れがちな人は、ストレスを強く感じ免疫力が低下すると、コロナウイルス感染リスクが高まります。そういう状態の人が一度体調を崩してしまうと、自己治癒力がないため長患いになります。実際に症状が出ている人は、すぐに生活習慣や食習慣の乱れに目を向けて、具体的な改善に取り組みましょう。

 

現在の天体は、木星、土星、冥王星の3惑星が軌道を逆行中です。

 

木星の逆行の影響(〜10/17)は、主に物事が停滞し進展しづらくなります。順調に進んでいた物事が振り出しに戻され、再スタートを図るよう促されることもあります。自分に甘くなり必要な努力がしづらくなるため、目の前にあるチャンスを掴みにくいかもしれません。

 

土星の逆行の影響(〜10/10)は、主に個人のコンプレックスや苦手意識が強まり自尊心が欠如するでしょう。社会面では、良くも悪くも社会的ルールや社会的責任、思い込みが強い「あるべき論(理想と現実のギャップ)」というテーマが浮き彫りになってくるでしょう。自分を律することが困難になり、社会的なモラルやルールを違反してしまう傾向があります。

 

冥王星の逆行の影響(〜10/5)は、人間の意識や力ではコントロールできないレベルのものです。世の中全体に何かしら影響する現象が浮上し、破壊と再生を強制的に体験するでしょう。極端に視野が狭まり、自分の考えに固執する傾向があります。他者に対する偏見や嫉妬といったネガティブな感情も強まるので、客観的に自分の精神性を培う必要があります。

 

今の自分を見つめることが難しいと思われる人は、専門家のカウンセリングやセラピーを受けると良いでしょう。ティクレでもメールやSkype、電話などで、ご相談事やカウンセリングに応じておりますので、「お問い合わせ」からご連絡ください。

 

今、あなたが経験していることは、「自己成長するために必要な経験」だということを忘れてはいけません。夢を叶えるということは、日々の努力の積み重ねなのです。これから『満月』に向かって、心と身体が徐々に緩んでいきます。満月に近づくにつれて、イライラしたり落ち込みやすくなったり、あるいは気分が高揚したりと、バランスが崩れて不安定になりやすい時期へと移ります。

 

感情のコントロールができない時には、レスキューレメディを飲んでみましょう。深呼吸やストレッチをおこなうのも効果があります。また、そういう時期なのだと割り切って、無理をしすぎないよう意識して、ストレスを溜めないようにしてください。

 

『新月』に願ったことを達成できるように、今の迷いを断ち切り、迷わず『満月』に向けてチャレンジしていきましょう。 

 

人の思考でありがちなのは、最短で物事を達成しようとしているとき、なかなか思い通りの進展がないと、どうしてもネガティブな思考になってしまうので、物事も悪循環に陥りがちです。けれども、その状況の中であっても一時的な感情に惑わされず前向きな意識を持つことが大切なのです。

 

今回の満月は、この課題を克服できる機会を与えてくれますので、気になる方は『満月の解放ワーク』をおこなってみてくださいね。

 

『月のワーク』で最も大切なこと…

 

 目標は、必ず身近で達成できる小さなことから始めるということ。そして、成功体験を繰り返しながら、その達成感や充実感を脳に記憶させること。小さな成功体験の積み重ねこそが、大きな目的を達成させる行動力や継続力、意志力を強めていく秘訣になります。

 

『自らの心で決めたことを、実現するために体で実行していく』この一連の流れは、体内で幸せホルモンの分泌を促し、脳内に成功体験の充実感を与えてくれます。何度もこれを繰り返すことで、脳に成功体験の流れを蓄積していくシステムを確立します。この脳内に作られたシステムこそが、不可能を可能にする『幸せを引き寄せる源』になるということなのです。

 

今回の『満月ワーク』について、ご紹介いたします。

 

…★…★…

 

6月25日 03:40は、山羊座に位置する満月です。

 

満月の浄化パワーの影響は、月が満ちる前後(48時間)になります。

ボイド時間は、ワークに適さない時間帯です。(※ボイド時間の説明はこちら

 

6/26(土)21:51 ~ 23:10(山羊座のボイド時間)

 

山羊座のボイド時間は、いつもより視野が狭くなり、自分の意見に固執する傾向が高まります。責任感が強まり常識や固定観念などを重んじ、自分にも周囲にも厳しく批判的になりそうです。会話上でのトラブル発展に注意が必要です。緊張が高まり感情の起伏も激しいので、訳がわからず憂うつになるかもしれません。

 

山羊座の支配星である土星が逆行していることから、普段よりも自分を過小評価してしまったり、不意にコンプレックスや苦手意識が強まるかもしれません。あまり深刻にならないよう気分転換しましょう。考え過ぎてしまうときは、何も考えす美味しい物を食べたり、心地よい音楽や映像を観て楽しむのが得策です。

 

満月の時期は、新月に立てた目標が成熟します。緊張感や不満感が一気になくなり、脱力ムードになる時期でもあります。そのため、満月の感謝ワークや瞑想などを行なうことで、自分を客観的に見つめられるときです。

 

月は、私たちの無意識(潜在意識)に作用を及ぼすので、気づかないうちに満月の影響を受けて、良くも悪くもその満月の月星座の特徴を帯びた行動をする傾向があります。

 

満月時の月星座が及ぼす影響においては、そのプラス作用を活かすことで、心と身体や精神のバランスを調整することができます。そのためには、意識的にプラス思考を持つことが必要です。

 

夢や目標を実現させることができないと感じる人は、満月の今が軌道修正のチャンスです。この時期に、自分の状態を客観視して、手放したいマイナス感情があれば、満月の浄化エネルギーを使って解放していきましょう。

 

6月10日の『双子座の新月』で立てた目標を、もう一度思い返してみてください。目標が達成している場合は、宇宙や周囲にも感謝を忘れず、さらに自分を磨いてください。併せて、双子座の日食テーマ『コミュニケーションの学び』についても意識を向けて、世の中に溢れる様々な情報に振り回されず、正しい情報や知識をキャッチしているか、自分を取り巻く環境に悪い影響が及んでいないか、人と交わすコミュニケーションのあり方が間違っていないかなど、必要な調整があれば行ないましょう。

 

半年前の『山羊座の新月』で立てた目標(長期目標)についても、これまでの努力の結果が出やすい時期なので確認してみましょう。もし、思うような結果が得られていないと感じるのであれば、今回の山羊座の満月で軌道修正をする絶好のチャンスです。目標の内容に無理がないかどうか、目標を達成するための行動ができているかどうか、その原因を分析したり、代替案を考えたりするとよいでしょう。

 

今回の山羊座の満月では、感情を理性でセーブできるので、物事を冷静に判断して自分の役割や責任を果たそうとする意識が強まるでしょう。人間関係では、ごく親しい人たちの前では、リラックスしてのびのびと感情豊かに過ごせるでしょう。

 

その一方、自分の考えを相手にわかって欲しい欲求と、他人に対する目が厳しくなる傾向があるので、些細なことで他人と衝突してしまうかもしれません。この作用を建設的に活かすと「人を許す」ことを学べます。人間関係の調和を図るには相互扶助の関係を意識しましょう。必要なときに信頼のおける人からサポートを受けられるよう、その人との信頼関係を築いていくことが大切です。

 

この時期は、成功願望や責任感が強くある割には自己確信が弱まるので、物事を悲観的に捉えやすくなります。今まで順調に進んでいた仕事や家庭、恋愛、勉強、健康などの将来を、なぜか否定して最悪な状況に考える傾向があります。それは、自分が傷つかないよう無意識に心が拒否反応を起こすからなのです。

 

恐れや不安が、強くなり過ぎてしまうと、気持ちが落ちて鬱っぽくなるので注意しましょう。あるいは、焦りが生じて最短距離で物事を達成しようと打算的になり、実利的な方に気持ちが傾いてしまうため、人の気持ちを踏みにじる行為をしてしまいがちです。今までコツコツと積み上げてきた社会的なキャリアや信頼を失う恐れがあります。

 

誤った行為を正当化したり、固定観念にしばられないよう気をつけましょう。山羊座の満月は、目の前の問題から逃げず現実的な解決をするよう要求します。この課題をクリアできると、何かご褒美がもらえるかもしれません。

 

満月は、浄化パワーが強いときです。自分に必要がないもの、必要なくなったものを手放す「解放ワーク」をするとよい日といわれています(ダイエットをはじめるとか、断捨離をするとか、影響されているものなど)。財運を上げるための「金運アップワーク」をするのもよいです。

 

山羊座に関係する解放テーマは、

 

「未知への恐怖」「悲観主義」「厳格さ」「自己否定」「自己正当化」「融通が利かない頑固さ」「打算的」「冷淡さ」などです。

 

これらのマイナス感情を抱いている人は解き放つようなお願いをするとよいでしょう。

 

例えば、

 

○私は、物事が進展しないと悲観的に考える癖を手放し、粘り強く建設的な行動をしています。

 

○私は、変化に対する苦手意識を手放し、現実的な課題や制限を前向きに受入れ乗り越えています。

 

○私は、変異株コロナウイルス感染の恐れを手放し、生活力をアップする取り組みを行なっています。

 

○私は、他人への批判や猜疑心を手放し、人と調和する方法を見出し健全な人間関係を築いています。

 

○私は、他人の失態を叱責することを改め、共同体意識を持ち人の過ちを許すことができています。

 

○私は、社会規範を破る癖を改め、社会人としての責任や役割を理解し、社会的モラルやルールを守っています。

 

○私は、失敗に対する自己批判を手放し、その経験を糧に再チャレンジして成果を得ています。

 

○私は、自分の誤りを正当化する癖を改め、社会人として常識ある訂正ができ信頼を回復しています。

 

○私は、打算的に行動することを改め、誠実な行動で自他ともに実利を得ています。

 

○私は、人の仕事や役割を奪ってしまう癖を手放し、健全な役割分担で相互扶助関係を築いています。

 

○私は、人生に責任を持つことへの恐怖心を手放し、自分の可能性を信じ主体的に人生を歩んでいます。

 

○私は、自分のコンプレックスや苦手意識を手放し、それを長所に転じて建設的な行動をしています。

 

○私は、経済的な不安を手放し、現実的な解決策に取り組んで良い方向に進んでいます。

 

○私は、人に対する冷淡さを手放し、親しみやすい態度で周囲との関係を円滑にできています。

 

○私は、環境の変化に対する苦手意識を手放し、どんな変化にもスムーズに順応できています。

 

○私は、プレッシャーに対する弱さを手放し、自己成長に必要な経験に対して情熱を注いでいます。

 

○私は、不測の事態でのパニックを克服し、冷静に事態を把握して的確な対処ができています。

 

○私は、融通の利かない頑固さを手放し、臨機応変に意識を変容して人生を好転させています。

 

○私は、やらなければという強迫観念を手放し、リラックスして必要な作業に取り組み成果を上げています。

 

○私は、自分を誤摩化す癖を手放し、乱れた生活習慣(夜更かし、暴飲暴食、偏食、運動不足など)を改善できています。

 

○私は、仕事中毒を手放し、積極的に休息する時間を作って心身のバランスを保っています。

 

山羊座が支配する身体部分と症状は、「骨」「関節」「膝(ひざ)」「胆のう」「皮膚」などがあります。これらに関する症状に「関節炎」「リウマチ」「胆石」「乾癬(かんせん)」「かゆみ」「にきび」などがありますので、この辺が気になる方は、改善できるように願うとよいでしょう。

 

山羊座は「歯」を象徴しますので、この時期にデンタルケア(定期検診や歯石取りなど)をするにはよい時期です。清潔感のある口元をアピールして、周りへの好感度がアップしてみましょう。睡眠不足や体力不足の人は、特に免疫力が下がっています。

 

そうすると、口内細菌が繁殖しやすく、口臭がキツくなったり、虫歯や歯周病といった、症状を悪化させてしまう恐れがあります。口の中に違和感を感じる人は、思い切って歯科を受診してみてください。さらに、夏本番のお肌対策は、この時期からしっかりしていくと効果が高まります。

 

浄化力が高まる満月水を作って、浄化作用のあるフラワーレメディ(クラブアップル)や、今のあなたに必要なフラワーレメディを飲んでみるのもお勧めです。今回のお勧めフラワーレメディは『ミムラス』です。下記に説明がりますので参考にしてくださいね。

 

山羊座に関係する象徴キーワードは、

 

「責任感」「誠実」「現実的」「賢明」「忍耐力」「野心的」「常識的」「成功願望」「慎ましさ」などです。

 

山羊座の人の特徴は、真面目で忍耐強く勤勉です。上昇志向が強く目標に向かってコツコツと努力していく意志の強さがあります。地位や名誉といったステイタスを好み、社会的に認められることで自分の存在価値や人生の喜びを見出そうとする傾向があります。

 

自分の意思や欲望をコントロールできる理論的な思考力を持つ一方で、急激な変化に混乱するところがあり、しばしばパニックに陥りがちな面があります。基本的には恥ずかしがり屋で人見知りのため、あまり社交的ではありませんが、誠実に人と接することができるので、周囲の人たちからの信頼を得られます。

 

ただ、気が小さいところがあるので、計画通りに物事が進まなくなると、とたんに自信がなくなり悲観的になったり、投げやりになったりするところがあります。人に感謝されたり成功するまでには時間がかかる、ということを理解できれば、すぐに自信を回復することができるタイプです。

 

山羊座の支配星は、『土星』です。

 

『土星』は、縮小、制限、拘束、節制を意味し、困難や試練(苦手意識)を与えるとともに、それらを乗り越えるための忍耐力や思慮を与えてくれます。また、努力や堅実、実務能力を司ります。土星の恩恵を享受できると、時間をかけて苦手意識を克服した先には、苦手だったことが人よりも秀でる可能性があります。

 

天体上では、土星が逆行(〜9/29)しています。その影響が及ぶと、個人の心理面に及ぶと、過去の苦い経験が頭によみがえり、コンプレックスや苦手意識を強く抱いてしまうでしょう。自分に自信が持てず、言い訳を探して、目の前にチャンスが訪れても手放してしまうかもしれません。

 

土星は、自己実現のために必要な能力を引き出してくれる訓練の場を与えてくれると理解しましょう。強いプレッシャーの中でも、時間をかけてコツコツと目の前の課題をこなしていくことで、社会で成功するために必要な真の実力が身についていくでしょう。土星が与える困難や試練を乗り越えた先には、社会的な成功があるのです。

 

山羊座に対応するフラワーレメディは、「ミムラス」です。

 

「ミムラス」タイプの人は、素質に敏感さと傷つきやすさがあるため、過去の経験から来る不安定な気持ちを引きずることで、不必要な恐れを抱く傾向があります。自己イメージが弱いので、すぐ不安になったり、ある事柄を極端に恐れたり、あるいは何かに脅えてしまいます。痛みも他の人よりも感じやすいため、神経の細やかさがセンサーとなり、日常生活の中に保障と安定を求めているので、常に慎重かつ注意深く、自分に危害が及ばないかを点検しています。

 

自分が、いかに敏感に、危険に反応しているのか、あるいは、過剰な危機管理をしているのかには気がつきません。また、内向的で引っ込み思案です。個人的な弱さを気にするので、特に高い社会層の人の中にいて、評価されないことへの不安や貧困への不安、喪失への不安などを抱きます。自分が求めているものを、きちんとわかっているので、求めているものが得られないことを、常に恐れて生きています。

 

建設的な「ミムラス」タイプの人は、この世に起こる全ての出来事や苦しみは、どれも一過性のもので、最終的には安定した秩序に従って癒されるものである、という確信を持ち、前向きに受け止められる強さがあります。そのため、どんなことにも挑戦して、粘り強く落ち着いた態度で、目的をやり遂げます。自己の勇気は、人生を継続的な自己防衛なしに生きようと努める『本当の強さ』(恐れに立ち向かう心の準備を意味していること)を知っている人です。

 

「ミムラス」は、『恐れや不安、心配などの息苦しさから解放される』ためのレメディです。実際に感じている恐れや不安と向き合い、何らかの教訓を学びとり、危険を正しく判断する能力を高め、それらを克服する勇気を与えてくれます。同じ問題を抱えている他者に対する理解や、思いやりが高まります。

 

恐れが原因で身体症状が出たり、身体症状が悪化している場合、補完療法として使用すると効果が得られます。新しい環境を怖がる子供やペットにも効果が期待できます。性格的に現れる症状では、内気、臆病、引っ込み思案、あがり症、人見知り、人づきあいが苦手などをサポートしてくれます。

 

満月の時期は『女性ホルモン』のバランスを崩しやすく、感情や情緒が不安定になりやすいようです。イライラしたり衝動的な行動をとってしまいそうな時の対策には、過度の緊張から心を解放してくれる『レスキューレメディ』がオススメです。

 

パワーストーンをお持ちの方は、月光浴をさせて浄化とエネルギーチャージをするのもおすすめです。