2017年

12月

12日

12月18日は、『射手座』の新月です。

 

月齢は『下弦の月』から新月へと移行しています。この時期のテーマは回顧、過去の出来事を客観的に振り返ることがテーマになります。

 

それと同時に、物事が順調に進んでいるかどうかを確認していくときです。集めた情報をどこまで活かせているか、これまでに行動してきたことを確認すると良いでしょう。

 

12月10日は、ティクレ主催 『ムーン・パワー活用講座/ビジュアルボード講習会2018』を開催し、受講者の方々が2017年を振り返り、次のステップアップをする、2018年を迎えるためのグループワークを行ないました。

 

この度、普段このティクレサイトをご活用頂いている方で、はじめて受講される方とも一緒に『夢を叶える(自己実現)』実践方法について、オリジナルの正しいやり方を学んで頂きました。

 

グループワークでは、参加者の皆さんがこの1年を通して体験した中での気づきや、具体的な目標達成の話をシェアしました。その後、ティクレの交流会にもご参加頂き、様々なジャンルの人たちとの交流も楽しんで頂きました。

 

私自身、多くの皆様と一緒に、2017年度の新月ワーク満月ワークをシェアさせて頂き、充実した日々を過ごしております。少しずつですが、ライフワークとなっている「月のワーク」でのシンクロニシティ(意味ある偶然の一致)が起こり、これまでにない様々なジャンルの人たちとのご縁を結び、その関係も次なる繋がりに広がっています。

 

このような素晴らしい人との出会いに心から感謝し、ティクレが目指す「豊かな心を育てるお手伝い」活動を、人から人へと広めていきたいと思っています。私の中での誓いですが、この場で皆様に公表させて頂きました(笑)

 

もちろん、ティクレサイトを訪れてくださる皆さんも、2017年の年明けに叶えたい目標を設定されたことでしょう。将来の自分のビジョンが明確になっている人にとっての1年は、その先にある夢へと繋がる通過ポイントです。

 

もうすぐ、次の新しいサイクルがやって来ます。これまでをしっかり振り返り、次の1年サイクルでの目標設定を考えはじめるときです。

 

今年1年を通じて、皆さんの願いはいくつ叶えられていますか?

 

得られた成果は、どのようなものでしたか?

挑戦したことや、達成できたこと…。

感動したことや、気づいたこと…。

手放せたものや、引き寄せたもの…。

縁を切った人や、縁を結んだ人はいますか?

あなたが経験したことの中で、学んだことは何でしょうか?

今、あなたが感じる「自分の人生に必要なもの」とは、具体的に何でしょうか?

 

幸せの基準は、個人の価値観によって異なります。

他人と比べて得られる幸せ(優越感)は、本当の幸せ(心の豊かさ)ではありません。

 

少し勇気を出して、この1年で物事が停滞したり、うまくいかなかったことに触れてみましょう。

あなたの人生に起きる全てのことには必ず意味があります。

 

そのときは、視野が狭まって余裕がなくなり対処できなかったことでも、時間が経過した今時点では、視野を広げてみることができるでしょう。視点を変えてみることもできるはずです。何か1つでも本質をつかんで学べたならば、それはこれからの糧になります。あなたが辛い経験(失敗や別れなど)を通して学んだことは、これからの人生をよい方向に導くパスポートなのです。

 

もし、あなたが2017年に多くの学びを得られたなら、2018年はあなたの夢を果たすための目標を健全な形で達成できるようになるでしょう。

 

今年の月のサイクルは、残すところ12月18日『射手座の新月』です。

 

まだ、叶えられていない目標は、焦らず成果を得られるまで諦めないよう努めましょう。あなたの夢が大きければ大きいほど、願いが叶う(目標達成)までには、多くの時間が必要なのかもしれません。自分で決めた志を、途中で諦めてしまえば、今までに費やした時間と労力は無駄になってしまいます。夢を叶えるには、情熱を絶やさず、1日1日を建設的に過ごし、夢の実現に向けて粘り強く行動していくことが大切です。

 

前回の蠍座の新月は、探究心や不屈の精神力、また物事の本質を見抜く能力や人の心を見抜く洞察力を与えてくれました。そのパワーを上手く活用できると、自分に欠けているものを見出し、自分のものとする機会を与えられました。

 

今までどうしても変えられなかった自分の現状を根本から変えるきっかけを得られたと思います。半年後に迎える蠍座の満月には、そのエネルギーが熟達し、善くも悪くも何らかの結果を得られますので、「自分に欠けているもの」を「自分のもの」とできるよう意識しながら、これからも行動につなげていきましょう。

 

今回の射手座の新月は、既成概念にとらわれない自由で活発な好奇心や冒険心を目覚めさせ、未知なるものへのチャレンジ精神を与えてくれます。そのため、自分にとって未知なる新しい試みや、新たなグループとの交流や外国人との異文化交流などで、人間関係を結ぶ絶好のチャンスです。詳しいことは、下記の新月ワークでご紹介しています。

 

そして、再び巡ってくる『新月』は新しいことを始めるパワーに満ちています。実現したい目標を決めて、月が満ちる満月までの期間は、目標実現に向けて積極的に行動していきましょう。長期的な目標の場合は、それを細分化し、毎月の満月ごとにステップアップができるように計画してみてください。

 

月は、私たちの無意識(潜在意識)に働きかけます。私たちの生まれ持った才能や能力は、まだ気づかないだけで、多くのものが自分の中に眠ってはいないでしょうか?未知なる分野へのチャレンジは、不安や恐れがありますが、まずは自分の可能性を疑わない『自己信頼』と『勇気』が持てるように、新月のお願いをするのも良いのではないでしょうか?

 

新月のお願いが叶いやすくなる方法をご紹介いたします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

12月18日(月)の 21:18 射手(いて)座に位置する新月です。

 

この時刻から、48時間以内がワークに適している時間です。(ボイド時間除く)

*もっとも有効な時間は、8時間以内といわれています。

 

ボイド時間は、ワークに適さない時間帯です。(※ボイド時間の説明はこちら

 

 12/18(月)22:09 ~  22:34(射手座のボイド時間)

 

今回のボイド時間は短いのですが、射手座のマイナス作用としては、無意識にやってしまう傾向があるので覚えておきましょう。自由奔放な自己陶酔の傾向が強まって現実味のない空想やアイデアを夢見がちになるでしょう。

 

気をつけることは、冒険心が旺盛になり、何事にも興味本位でチャレンジしたくなるものの、飽きっぽさも現れるので一時的なもので終わらせてしまうことです。年末年始の行事が多いこの時期は、いつもより忙しくなり浮ついた気分になりやすいので、無意識にルーズで無責任な態度が出やすくなります。そのため、人に対する言動や態度があつかましくなったり、周りへの配慮に欠け、悪気はなくても人の心を傷つけるかもしれません。

 

その一方、現実的なことには無関心になりすぎて、仕事や家事などにも支障が出ることもあります。集中力が散漫なので、苦手なことや上手くいかないことがあると、焦りが生じてしまい、自分を誤摩化すために言い訳をして、目の前の現実から逃避してしまうかもしれません。    

 

射手座の人の特徴は、活発で好奇心や冒険心が旺盛です。生きることは、まさに冒険そのものだと感じながら、未知のことに興味を持ち、それがどんな波乱を含んでいようと体験したいという欲求を抱きます。楽観主義で自由な行動力を持ち、束縛を嫌います。熱しやすく冷めやすいところがありますが、探究心や向上心も強くあるので、目標を持つとスピーディーに行動します。

 

そのバランスが良いと未来を見据え、次々と新しいことにチャレンジして、スケールの大きな人生を歩むことができます。その反面、理想追求のため、マイペースを貫く傾向が強いので、自己中心的になりがちです。バランスを崩すと、興味の対象がすぐに変わってしまったり、成り行きまかせになったりと、無責任な行動が目立って散漫な人生を送る場合もあります。

 

射手座の支配星は、『木星』です。

 

『木星』は、成功や幸運、拡大を司り、宗教や科学、哲学など、深い知性を意味します。物事を大きく膨らませ、可能性を広げながら発展させる役目を持ち、社会的な成功を約束してくれる惑星です。

 

今回の射手座の新月は、物事を明るくポジティブな方向に発展させていくパワーを与えてくれます。自分の可能性を信じて大きな目標を持ち、実際それに向かって第一歩を踏み出すとよいでしょう。また、探究心や冒険心が旺盛になり、外国や異文化への興味や憧れが高まります。

 

思い切って、友人や仲間と一緒に旅をしたり、未だ行ったことのない海外や未知の場所を訪れたり、あるいは外国人と異文化交流するといった、新たなグループでの人間関係を築くには好機です。いつもより明るく開放的になり、行動範囲や視野が広がるので、集団で行うスポーツ交流もお勧めです。

 

恋人のいない人は、グループ活動や社交場へ出向き、積極的に自己アピールすることで、良い相手との出会いに恵まれそうです。また、知識欲や向上心も高まり、学問に関する理解力が優れます。語学や教育、宗教、出版、法律などにも興味が湧くでしょう。特に外国語を学んでいる人は、集中して学習するとスムーズに上達します。この時期は、単なる情報収集だけではなく、それらの学問を通じて知性や精神性が研ぎ澄まされます。

 

特に受験生の皆さんは、これからが試験本番への重要な時間を過ごさなければなりません。健康管理に気をつけながら、どれだけ集中力を発揮させ、学習できるか、それはあなたの意志がどのくらい強いかで変わってきます。

 

今のあなたの努力が実るためにも、新月ワークで具体的な目標を立て実践できるように努めてみましょう。射手座の新月は、人生の中で起こる経験には、どれも意味があるということを気づかせてくれますので、意識して自分と向き合うと自己成長を促してくれるでしょう。   

 

射手座を象徴するキーワードは、以下を参考にしてみましょう。

 

○真実の探求を促すためのキーワード

 

・・・「正直さ」「率直さ」「ストレートな会話」「本音」「真理」「神への忠誠心(宗教心)」

   などです。

 

○自然界との結びつきを促すためのキーワード

 

・・・「自然との結びつき」「予言的な直感力」「共生」「心の安定」などです。

 

○自由を愛するためのキーワード

 

・・・「探究心」「冒険心」「自発性」「楽観的」「海外旅行」「柔軟性」「発展的」「未来志向」

   などです。

 

○楽観的な発想を呼び起こすためのキーワード

 

・・・「楽観主義」「信念」「幸運」「寛大な心」「親切さ」「親しみやすさ」などです。

 

○高次の学びを促すためのキーワード

 

・・・「指導者」「博識」「向学心」「精神性」「精神世界」「哲学」「大学」「専門学校」

   「解決法を探る」などです。

 

○過剰な不注意を回避するためのキーワード

 

・・・「ひとりよがり」「憶測する」「やりすぎる」「無愛想」「極端な楽天家」「向こうみず」

   などです。

 

○法律と上手くつき合うためのキーワード

 

・・・「弁護士」「訴訟」「裁判手続き」「調停」「倫理」「道徳」「良心」などです。

 

 

射手座が支配する身体部分と症状のキーワード

 

射手座は、「腰」「肝臓」「座骨神経」「大腿部(足の付け根)」などを支配しています。具体的な症状として、「腰痛」「肝臓疾患」「座骨神経痛」などがありますので、この辺が気になる方は、改善または健康を促進するお願いをするとよいでしょう。

 

また、月星座の射手座は体質的に太りやすい傾向があります。「おしり」も象徴するので、下半身太りにご注意。この時期に、ヒップラインや下半身を集中的に引き締めるエクササイズやマッサージケアをおこなって、後ろ姿の美しいラインを目指すと効果が高まるでしょう。

 

射手座の新月で効果を高めるお願い事の文例をご紹介します。

 

○私は、既成概念にとらわれず、自分の率直な意見を健全に話せています。

 

○私は、視野を広げ、物事の真理を理解し、今の現実を前向きに受け止めています。

 

○私は、自分の信念を貫く勇気を持ち、未知のことにチャレンジできています。

 

○私は、良心に従い、自由に行動しながらも倫理に反しないよう努めています。

 

○私は、抱えている(訴訟、調停、相続など)裁判手続きをスムーズに行い、

 スピード解決できています。

 

○私は、現状の裁判で勝訴できるよう、敏腕の弁護士を引き寄せています。

 

○私は、自発的に好奇心に従って行動し、潜在意識に眠る多様な可能性を引き出しています。

 

○私は、誠実に自分の問題に目を向け、建設的な方法で無理なく解決できています。

 

○私は、問題が起きても動揺せず事実確認して、最善の解決法を探り迅速に行動ができています。

 

○私は、大いなる宇宙のエネルギーを享受し、確信を持って自分が目指すべき道を進んでいます。

 

○私は、天の導きにより信頼できる指導者と出会い、確実に自己成長を促しています。

 

○私は、視野を広げ経験を積むため、(海外の具体的な場所)に行く計画を実行できています。

 

○私は、自然のリズムを意識しながら共感覚を身につけ、心身のバランスを保っています。

 

○私は、(倫理、道徳、精神世界、哲学、宗教、占いなど)を学び、

 得られたことを日常生活に生かせています。

 

○私は、精神世界を学んで高次の魂と結びつき、内なる声の導きに委ねることができています。

 

○私は、(哲学、宗教、語学、歴史、海外の文化、具体的な専門分野など)について学び、

 博識を高めています。

 

○私は、(具体名)の受験に関する情報を集め、受験科目の勉強効率を高めています。

 

○私は、一度決めた受験校を楽観視せず、堅実に実利的な勉強法を実践しています。

 

○私は、個人の価値観や自由意志を尊重し、健全な人間関係を築いています。

 

○私は、常に親しみやすい言葉遣いを心がけ、周囲への好感度を高めています。

 

 

射手座に対応するフラワーレメディは。「アグリモニー」です

 

「アグリモニー」タイプの人は、困難を感じたとき、人や周囲に敏感すぎてしまい、目の前の真実を認めることができず、うわべだけの偽善的な態度を装ってしまいがちです。戦う心を嫌うので、表面上は明るく楽観的に見えますが、精神的、肉体的に苦痛を伴うことへの不安から、本当の感情(不安、苦しみ、悲しみ、怒りなど)を意識から排除して、気にしていないふりをして、自分の本心を隠そうとします。

 

それは、際立った繊細さと、人生を楽しみたいという、強い欲求から成り立っています。また、自分の弱みや本音が他人に言えないため、内面の葛藤や苦しみから逃れるために、アルコールや薬物、過食、仕事などに溺れやすくなります。内面のバランスの崩れと同時に、睡眠障害や、気が休まらない状態、ひきつけ、痙攣、便秘、身体の痛みなどを生じる傾向にあります。

 

前向きな「アグリモニー」タイプの人は、心から喜びと幸せを感じられる、真の意味での楽観主義者です。堂々としていて朗らかで温和で、逆境にあっても、微笑む能力を持っています。それは、『人生に耐える方法』を心得ているからです。目の前の問題を、自己成長の糧にして、それを乗り越えられる、内面の力強さを持っています。自ら平和をつくり出すことができ、出会う誰の心も喜ばせることができる人です。

 

「アグリモニー」は、『自然な態度と誠実な態度を取り戻す』ためのレメディです。真実に目が向けられず、自分をごまかしたり、現実逃避をしたりする癖などに効果を発揮し、自分自身や他人に対して「より誠実になりたい」という気持ちを呼び目覚まします。内面の気が休まらない状態を癒し、リラックスさせてより開放的にすると共に必要であれば、あえて困難な状態に挑み、葛藤に耐えられるようにサポートしてくれます。

 

パワーストーンをお持ちの方は、月光浴をさせてエネルギーチャージをするのもおすすめです。

 

*新月のワークの方法は、「新月の願い事」をご参照ください。

2017年

12月

03日

今夜はスーパームーン

 

今夜は、0時47分が双子座の満月(スーパームーン)になります。

 

日没近くで空にくっきり大きなオレンジ色の満月が昇ってきました。

 

天文学的には、地球から最も近距離の満月(スーパームーン)のことを近年で呼ぶようになってきました。スーパームーンとは、もともと占星術の用語です。

 

占星術上では、地球を私にたとえ、地球を公転する月は、常に地球(=私)の感情や情緒を司り、滞在する星座の影響を及ぼします。

 

今回は、双子座の象徴する「身近な人たちとのコミュニケーション」の在り方について学ぶチャンスを与えてくれます。

 

今日の12月3日から、九星気学風水では「陽遁」切替日です。

陽遁(ようとん)とは、気の流れが大きく変化する日…。

 

冬至から数えて一番近い甲子(きのえ・ね)の日からを陽遁として、この日を境に星のめぐりが昇順となり、運気のめぐりが変わってきます。これから自然界では、日照時間が徐々に長くなり自然の万物が伸長していきます。この期間は、2017年12月3日~2018年5月31日までになります。この自然界が上昇していく発展の運気に乗るには、今回の双子座の満月でのテーマに関わることになります。

 

今、天体で太陽は射手座の位置にあり、真逆にある双子座の位置で月が満月(スーパームーン)になっています。この射手座と双子座の共通するテーマは、魂レベルのステップアップ…。

 

このテーマに、今回は破壊と再生を司る冥王星が逃れられない運命的な影響を与えています。射手座の象徴する「未知への冒険」や「大きな夢」、「志や理想」などを実現化するには、双子座の象徴する「コミュニケーション」や「情報」などが大きく関わってきます。

 

現在、関わりのある特定の人や集団、組織、グループ交流の中で、どれだけ自分の夢を膨らませていけるか、あるいは、同じ夢(目的)を共有することができるかが、とても大切です。

 

大きな夢を果たすためには、1人ではできないことを、志や理想が同じ仲間と協力し合うことが必要になります。そのためには、人間関係において信頼関係を築くよう「コミュニケーション」能力を培っていかなければなりません。

 

今回のスーパームーンは、知的好奇心が旺盛になります。それを活かしてあらゆることを学び、夢や理想を実現するために突き進むときです。自由に活動することで、様々な分野と関わりを広げ、自分の考えを伝えることで周囲の人たちを刺激していきましょう。意識的に現実の中で、自分の理想を実現する道を目指すよう努めましょう。

 

スーパームーンでの磁力の影響は、大きく及ぶことになるので、特に女性は、女性ホルモンバランスに影響が及びやすくなり、体内リズムが一時的に崩れやすくなることがあります。

 

満月時では、感情や情緒が乱れやすくなり、気持ちの浮き沈みが激しくなるので気をつけましょう。また生活習慣に乱れのある人や、睡眠不足の人、オーバーワークの人、闘病中や持病のある人、高齢者、幼児、ペットなど、体調を崩しやすいと思われますので、健康管理に気をつけてください。

 

この時期は、原因がはっきりしない体調不良に悩まされるかもしれませんが、その健康問題を通して精神世界への関心が向いていく傾向があります。意識的にレスキューレメディを用いて自制心のコントロールを心がけ、それでも難しい時には、カウンセリングやセラピーなどを受けて、マイナスの感情を解放することをお勧めします。これまでの私の経験からですが、スーパームーン時期に緊急のカウンセリングが入りやすいようです。

 

今宵は、双子座の満月(スーパームーン)のプラスのエネルギー作用を使って、不要なものを手放し、新たに上昇していく気の流れに乗り換えられるよう、満月ワークを行なってみましょう。

 

12月10日のビジュアルボード講習会に参加される皆さんは、特にこの満月ワークを行なってください。2018年は活動範囲が広がり、新しいステージに入っていくことへの準備段階です。

 

さらなる発展、自己成長へと、その流れは続いていきます。

2017年

11月

27日

12月4日は、『双子座』の満月です。

 

都内の至る所でクリスマスツリーの点灯が行なわれ、街並みにも鮮やかなクリスマスイルミネーションが目立ってきました。

 

12月になると、自然に忘年会やクリスマスイベントといった流れで、いつもより気分が高まっていくでしょう。

 

あるいは、年末恒例の事柄(お歳暮の手配、年賀状の発送、大掃除、年末の買出しなど)が頭の中にいっぱい出てくるかもしれません。

 

私も通常のカウンセリングや月のワーク講座に加え、年末年始で行うドリームマップ特別講座など、毎年のことなのに、なぜか落ち着かない年末を迎えております。

 

今年こそは、無理をせず余裕のある年末年始を過ごそうと思っている今日この頃です。

 

 

12月4日は双子座で起きる、地球から最も近距離の満月(スーパームーン)になります。そのため、地球への磁力の影響も大きく及ぶと思われます。一般的に地球を公転する月の周期が、約28日になることから、女性の生理周期と重なり女性ホルモンバランスに影響が及び、私たちの体内リズムに影響を及ぼすと言われています。

 

月の引力で、新月や満月近くに生理になる人も多いかと思われます。満月は、特に感情や情緒が乱れやすくなり、気持ちの浮き沈みが激しく現れる傾向があります。したがって、今回のスーパームーンの影響が、体に何らかの影響を及ぼしてしまう可能性が高いので、意識的に自制心のコントロールを心がける必要があるでしょう。

 

特に、生活習慣に乱れのある人や、睡眠不足の人、オーバーワーク気味の人、透析をされている人や高齢者、幼児、ペットなど、体調を崩しやすいと思われますので、健康管理に気をつけてください。

 

12月3日から23日まで、水星が逆行になります。そのため、コミュニケーションの問題が浮上しやすくなります。例えば、会話の中での意思疎通のすれ違いや情報伝達の誤り、書類上での数字の誤りや読み間違いなどが起こりやすいでしょう。

 

また、交通機関の遅延や物事の遅延なども、生じやすくなります。この時期は、約束の時間に間に合わないということが起きやすいので、いつもより早めに行動すると良いでしょう。また、勘違いをしやすくなるので、時計の時刻や交通機関の時刻表の読み間違いにも気をつけましょう。

 

12月10日(日)は、年末年始恒例の「ムーン・パワー活用講座ドリームマップ2018」を開催いたします。今回も参加者の皆さんと一緒に、今年(2017年)を振り返り、各々の体験を参加者の皆でシェアする予定です。

 

現在、占星術で2018年の運気の流れを読み取り、個人の運気の流れを診断しております。2018年に向けてのドリームマップの準備に欠かせない資料として、コツコツと準備中です。2018年度の運気の流れや自分の課題テーマがはっきりすると、より「月のワーク」に活用しやすくなります。今回もご参加いただける皆様と一緒に、内容を充実させ楽しくワークをおこなっていきたいと思います。

 

今回は素敵なアーティスト(parallelleap/パラレルリープ)さんをお迎えし、ティクレ主催による「うたとギターのコンサート」Liveも開催いたします。こちらは、改めてご紹介したいと思います。

 

今年も出雲大社の恩恵を賜り、様々な方々とのご縁や協力を頂き、心を豊かにする活動の輪が広がっていることに心から感謝しています。

 

今、月は『上弦の月』になります。気力が充実し、行動力と表現力が優れて何事にも頑張れる時期ですので、新月から始めた計画に従って、積極的に行動を起こしてみてください。ただ、心理的には、意識と無意識の間で葛藤が起きる時期ですので、何かと計画通りに進まないこともあるでしょう。

 

けれども、目標を達成するためには、しっかりと目標を見据えて、気持ちがブレないように意識してみてください。今、あなたが経験していることは、自己成長するために必要な経験だということを忘れてはいけません。夢を叶えるということは、日々の努力の積み重ねなのです。

 

11月18日の蠍座の新月は、物事の真相を見抜く洞察力を与えてくれました。現状の問題と向き合うことで、その問題の真相を見抜き、根本的な問題の解決に挑まれた人もいるでしょう。まだ、解決に至らない問題は、焦らず時間をかけて解決していきましょう。問題と向き合うことで、自分自身の心の深層にある心の問題にも気づくことができます。

 

自分の悪いパターンを崩し、自分を浄化する方法や根本的な自己変容を意識的に行なっていくことが大切です。今年のうちに、自己変容を試みる人は、来年からの運気の流れに乗りやすくなります。あくまでも、気づいて終わりではなく、自分の悪いパターン(思考クセや行動パターンなど)を改善するための実践的な努力が必要です。

 

これから『満月』に向かって、心と身体が徐々に緩んでいきます。満月に近づくにつれて、イライラしたり落ち込みやすくなったり、あるいは気分が高揚したりと、バランスが崩れて不安定になりやすい時期へと移ります。

 

感情のコントロールができない時には、レスキューレメディを飲んでみましょう。深呼吸やストレッチをおこなうのも効果があります。また、そういう時期なのだと割り切って、無理をしすぎないよう意識して、ストレスを溜めないようにしてください。『新月』に願ったことを達成できるように、今の迷いを断ち切り、迷わず『満月』に向けてチャレンジしていきましょう。

 

今回の双子座の満月は、一貫性のない優柔不断さを改善していくチャンスです。健全なコミュニケーションで人間関係を築き、信頼性の高い人格を身につけられるよう導いてくれるでしょう。また、物事の表層にとらわれず、物事の本質に目を向ける能力を与えてくれます。

 

この満月のエネルギーを生かすことができれば、得られた教訓や知識を「知恵」として、実生活の中で役立てられるようになるでしょう。詳しいことは、下記の満月ワークでご紹介しています。

 

『月のワーク』で最も大切なこと…

 

目標は、必ず身近で達成できる小さなことから始めるということ。

そして、成功体験を繰り返しながら、その達成感や充実感を脳に記憶させること。

 

小さな成功体験の積み重ねこそが、大きな目的を達成させる行動力や継続力、意志力を強めていく秘訣になります。『自らの心で決めたことを、実現するために体で実行していく』この一連の流れは、体内で幸せホルモンの分泌を促し、脳内に成功体験の充実感を与えてくれます。何度もこれを繰り返すことで、脳に成功体験の流れを蓄積していくシステムを確立します。この脳内に作られたシステムこそが、不可能を可能にする『幸せを引き寄せる源』になるということになります。

 

それでは、今回の『満月ワーク』について、ご紹介いたします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

12月4日(月)の00:47は、双子座(ふたご)座に位置する満月です。

 

この時刻から、48時間以内がワークに適している時間です。(ボイド時間除く)

満月の浄化パワーの影響は、月が満ちる前後になります。

*もっとも有効な時間は、前後の8時間以内といわれています。

 

 12/14(水)14:59 ~  21:10(土)(双子座のボイド時間)

 

今回は満月前後でのボイドはありません。ただ、傾向として満月は情緒が不安定になりやすい時期です。スーパームーンでの影響も生じやすくなるので、参考まで…。

 

月が双子座に入座しているときのマイナス傾向は、なにかと焦りが生じやすいときです。特に情報や通信トラブルが起きやすくなります。メールやFAX、電話など、間違った情報に振り回されることが多くなるでしょう。

 

そのため、数字や表記、時間や場所、値段の見間違い、宛名の書き間違いなどに注意が必要です。また、コミュニケーションにおいても、「言った」「言わない」あるいは、おしゃべりが過ぎてしまい、余計な一言を口走ったりなど、いつもより伝達でのトラブルが多くなるかもしれません。気持ちが焦るときは、意識的に深呼吸をして一呼吸置くようにしてみましょう。一時的なことなので、冷静に判断ができるまでは、すぐに答えを出したり、安易な行動をしないように心がけましょう。

 

月は、私たちの無意識(潜在意識)に働きかけます。私たちが気づかないうちに満月の影響を受けた感情から、良くも悪くもその態度や行動をしがちです。月が及ぼす私たちへの影響をプラスに発揮することで、心と身体や精神のバランスを調整することができます。無意識を意識化して、プラスの思考を持つことで、夢や目標を実現させることが可能になります。まずは、手放したいマイナス感情を解放していきましょう。

 

満月の時期は、新月に立てた目標が成熟します。緊張感や不満感が一気になくなり、脱力ムードになる時期でもあります。そのため、満月の感謝ワークや瞑想などを行いながら、自分を客観的に見つめやすくなれるでしょう。

 

11月18日の蠍座の新月で立てた目標を、もう一度思い返してみてください。また、半年前に同じ双子座の新月で立てた目標(中期計画)を、もう一度確認してみましょう。目標がが達成している場合は、宇宙の法則や周りの人たちに感謝を忘れずに前進してみましょう。目標が実現しなかった場合は、目標の内容に無理がないかどうか、目標を達成するための行動ができているかどうか、その原因を分析したり、代替案を考えたり(軌道修正)するとよいでしょう。

 

今回の双子座の満月では、一貫性のない優柔不断な態度を改め、人に親愛される健全なコミュニケーションを身につけるチャンスです。物事の表層にとらわれず、真実に目を向け、得られた教訓や知識を「知恵」として、実生活の中で役立たせる機会を与えられます。

 

双子座の特徴である好奇心と柔軟性が増し、あれこれに興味や関心が向き社交的になるでしょう。自然と親しい人たちと一緒に楽しみたいという気持ちが強まります。普段よりも頭が冴え、何をするにもスピーディです。

 

その反面、いったん焦りが生じると人の気持ちを無視したり、ややモラルに反してしまうことがあります。態度にも一貫性がなくなり、一度決めたことをひっくり返すこともあるでしょう。

 

物事に対する見方を表層部分だけではなく、きちんと深層部にある真実に目を向けるように意識してみましょう。そうすると、双子座の満月パワーがもっと深い部分で人と通じ合えるようにサポートしてくれます。また、一人で過ごす場合でも、読書や執筆、企画の立案、インターネット(ブログ、SNS)など、情報収集だけではなく、集めた情報や知識を実生活に上手く活用していくことにも意識を向けてみましょう。

 

満月は、浄化パワーが強いときです。自分に必要がないもの、必要なくなったものを手放す「解放ワーク」をするとよい日といわれています(ダイエットをはじめるとか、断捨離をするとか、影響されているものなど)。財運を上げるための「金運アップワーク」をするのもよいです。

 

双子座に関係する解放テーマは、

 

「優柔不断な態度」「一貫性のなさ」「落ち着きのなさ」「飽きっぽさ」「神経質」「表面的なことにとらわれる」「過剰な質問」「モラルのなさ」などです。これらのマイナス感情を抱いている人は解き放つようなお願いをするとよいでしょう。

 

例えば、

 

○私は、優柔不断な一貫性のない態度を改め、先延ばしにしていたことに着手しています。

 

○私は、気分のムラに振り回されず、一つの事に気持ちを集中して最後までやり遂げています。

 

○私は、人との約束は社交辞令ではなく、責任を持ち約束を果たしています。

 

○私は、人の話をさえぎる癖を改め、相手を尊重し最後まで傾聴しています。

 

○私は、思ったことをすぐに口にする癖を改め、一度熟考して的確な意見が言えています。

 

○私は、自分の判断や決断に不安を抱くことを手放し、決断したことの自己確信を固めています。

 

○私は、人を傷つける言葉遣いを改め、健全な言葉遣いができています。

 

○私は、モラルのない自分勝手な振る舞いを改め、他者の役に立つ行動ができています。

 

○私は、表面的なことにとらわれる癖を手放し、物事の本質を見極めています。

 

○私は、都合の良い嘘をつくことを改め、人に対して誠実に本心を語っています。

 

○私は、飽きっぽい性格を改善し、目の前のやるべき事を最後までやり遂げています。

 

○私は、些細なことでも神経質になる癖を手放し、常に大らかな気持ちを心がけています。

 

○私は、あれこれと考え過ぎる癖を手放し、物事を前向きに捉えるよう心がけています。

 

○私は、不眠症になるほど考え込む心配性を手放し、物事を楽観視できています。

 

○私は、思い込みで物事を進める癖を手放し、俯瞰で物事を捉えて堅実な行動ができています。

 

双子座が支配する身体部分は、「肺」「呼吸器」「神経系」などがあります。症状では「花粉症」「肺疾患」「呼吸器疾患」「神経疾患」などがあります。また、上半身の対になっている部位の「手」「手首」「腕」「肩」などのコリや疲れが出やすくなりますので、この辺が気になる方は、改善または健康を促進するお願いをするとよいでしょう。

 

実践的なことでは、パソコンを使いすぎて手や腕が凝っている人は、マッサージを受けるのもよいでしょう。特に、二の腕を引き締めるエクササイズを行なうと効果が出やすいときです。この時期は、神経が過敏になって緊張したり、気持ちの動揺が表れやすく神経が疲れやすくなります。

 

外気が冷え無意識に呼吸も浅くなりがちになるで、仕事や作業中は意識的に深呼吸やストレッチを行い、上半身の筋肉を弛めるようにしてみましょう。また、双子座は「肺」を象徴するので、室内では空気清浄機や加湿で空調の調整をおこなって、快適に過ごせるよう職場や住環境も整えてみましょう。

 

双子座に関係する象徴キーワードは、

 

「伝達能力」「社交性」「好奇心」「向学心」「身近な人間関係」「コミュニケーション能力」

「知性」「知識」「論理性」「的確な判断」「軽いフットワーク」「情報収集」「情報処理能力」

 

などです。

 

双子座の人の特徴は、何に対しても向学心や好奇心が旺盛です。活気があり、楽しいことや面白いことが好きで、いつも新鮮な刺激を求めようとします。情報収集能力やコミュニケーション能力に優れ、言葉数が多いので人に物事を伝えることが得意です。また、頭の回転が速いので、その時々に応じて臨機応変に対応することができます。

 

ただ、要領の良さが裏目に出ると、八方美人で優柔不断な態度が現れやすく、飽きっぽい面が出ると、「いい加減で信用できない人」になってしまうことがあります。また、明るく人なつこい一方で、反抗精神を持っているので、何かにつけて負けん気の強い態度が現れることもあります。

 

双子座の支配星は、『水星』です。

 

『水星』は、知識、知性、伝達、コミュニケーションを司り、判断力、学習能力、神経組織を支配しています。この水星の授けてくれる能力を活用することで、学習や知性を磨く作業がスムーズに進んだり、他人と上手くコミュニケーションがとれるようになります。また、恋愛のアプローチテクニックや、将来の職業の指針などを導いてくれる惑星です。

 

双子座に対応するフラワーレメディは、「セラトー」です。

 

「セラトー」タイプの人は、自己信頼と私的判断力に欠けるため、自分なりの判断があっても、その判断に確信が持てず、他の人の意見を求めたがります。無視できるような無価値な意見は1つもないと考えるため、誤り導かれることがあります。

 

セラトータイプの人は、明敏な知性とはっきりとした意見を持つ知識人です。しかし、自分の正しい判断に逆らうことが多いため、目標を達成するまでには多くの時間を費やすことになります。自主性に欠けるので、誰かに背中を押されないと、なかなか先に進めない傾向があります。

 

前向きな「セラトー」タイプの人は、自分の判断に信頼をおくことができるので、何か決断したことに確信を持つことができます。非常に直感力に優れ、内なる声を聞き取り、自分の心と能力を信頼して、的確な判断を下します。包括的で能力があり、どんな状況にあっても上手く立ち回れます。

 

「セラトー」は、「自分の意見や判断に、確信が持てない人」のためのレメディです。自分が本当にやりたいことを、自分のやり方で行動するのを助けます。自分にとっての『善いこと』『悪いこと』の区別、『正しいこと』『間違っていること』の区別を、より深く区別できるようにしていきます。そして、問題を自分で解決しようとはせず、すぐ人に助けを求めがちな性格(特に子供)を、精神的に自立できるようにサポートします。

 

また、満月の時期は『女性ホルモン』のバランスを崩しやすく、感情や情緒が不安定になりやすいようです。イライラしたり衝動的な行動をとってしまいそうな時の対策には、過度の緊張から心を解放してくれる『レスキューレメディ』がオススメです。

 

パワーストーンをお持ちの方は、月光浴をさせて浄化とエネルギーチャージをするのもおすすめです。

 

*過去ログ:過去のブログ(2015年以前)はこちら

→→→2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 

2017年

11月

19日

蠍座の新月テーマ

続きを読む