2020年

7月

05日

7月5日は、『山羊座』の満月です。

 

今日は、山羊座の満月で、半影月食が起きます。梅雨前線の影響が及び、九州では死者が出る大雨被害に見舞われています。

 

コロナ禍の煽りで経済的困窮とダブルで、今後の自然災害に備える必要性が高まっています。

 

天体上では、8月15日に天王星が牡牛座で逆行します。過去のデータでは、天王星が動くときに、何らかのハプニングが起こりやすくなります。

 

これまで進められていた経済分野での改革に、隠れていた壁が、経済問題として突然浮上するかもしれません。

 

地盤が弛んでいる地域におては、地震や火山の噴火、台風などの自然災害対策の強化が必要になるでしょう。

 

必要な備蓄は、新型コロナウイルス対策と併せてしておきましょう。

 

梅雨時期はが続いていますので、気圧や気温が著しく変化しています。その影響が体調に及ぼす影響は、私たちの自律神経のバランスを乱したり、慢性疲労感をもたらせ体調を崩しやすくします。

 

特に気圧が下がる雨天時は、大気中の酸素が激減するので、意識的に深呼吸をしていないと酸欠になってしまいます。湿度も高くなると息苦しくなり、脳に十分な酸素が送られず酸欠状態から集中力が低下します。眠気に襲われたり、目眩や頭痛が生じたり、浮腫みで肩や手足が強ばるでしょう。

 

食欲も低下するので体力や持久力がなくなるかもしれません。普段から寝不足、夜更かし、偏食、暴飲暴食、アルコール依存などで生活習慣が乱れがちな人は、ストレスを強く感じ免疫力が低下します。そういう状態の人が一度体調を崩してしまうと、自己治癒力がないため、長患いになるでしょう。実際に症状が出ている人は、すぐに生活習慣や食習慣の乱れに目を向けて、具体的な改善に努めましょう。

 

梅雨時期は、身体が冷えやすく浮腫みやすいので、体調を整えるには胃腸を労るような食事を心がけ、冷たい食べ物や飲み物を控えましょう。この時期に胃腸を壊してしまうと、免疫力が低下し胃腸炎や夏風邪を引き起こすリスクが高まります。意識的にバランスの良い食事を心がけて体調バランスを整えましょう。

 

実践的な方法は、腸内環境を整えるよう毎朝「甘酒」とヨーグルトなど、乳酸菌を混ぜて飲む朝の『腸活』習慣です。「甘酒」は、米麹(=善玉菌)を発酵させて作ったものです。

 

近頃では甘酒ブームもあり手軽に入手できます。朝が忙しくて朝食を食べない人でも、手軽に口にしやすいでしょう。そもそも「米麹」は、酵母菌(善玉菌)のことなので、毎日少しでも腸に入れて、この善玉菌の働きを活性させることが健康維持の秘訣です。

 

実際に腸内で活躍するのは「乳酸菌」、大腸で活躍するのは「ビフィズス菌」です。飲む点滴と言われるほど栄養価の高い「甘酒」を朝の栄養補給として飲むと、「第2の脳」と呼ばれる「腸内」を良い環境に保てます。さらにヨーグルトや豆乳を混ぜて飲むと、腸内活動が活性化してお通じもスムーズになります。

 

最近、冷えを感じたり、便秘気味だったり、体調が優れない場合は試してみてください。女性に嬉しいことは、豆乳で女性ホルモンに関わるイソフラボンが摂取でき、腸内環境が健康だとお肌のツヤも良くなります。

 

特にダイエット中の栄養バランスは崩れやすいので、手軽に取れるバランス飲料はおすすめです。腸内環境が良くなると、普段のお通じに加え、腸内壁にくっ付いている宿便を体外へ出しやすくなります。この腸壁に付着している宿便は「5k」程度あるそうです。自分の体重の中に「5k」の宿便も含まれていると思うと、かなり複雑な気分ですね(笑)。

 

ただ、宿便が長期間体内にあると、宿便から放出される毒素が体内に影響を及ぼします。口臭や体臭も強くなるので、男女を問わずに問題ありです。いくらお風呂やシャワーで身体を洗っても、その方法では臭いの原因を取り除くことはできません。不快な時期だからこそ、意識的に良い習慣を身につけ、快適に過ごせるよう体調管理をしっかり行ないましょう。

 

今回の満月での『月食』テーマは、これから自分が社会で役に立つ(社会的成功)ために、この先の社会に残したいものは何かを考えることになります。

 

あなたが社会人として成長していくためには、今回の蟹座の太陽と山羊座の月で起きる満月パワーが必要不可欠です。世の中や置かれた環境の中で、役に立ちたいという思いが強調されるときなので、2019年12月26日の山羊座の新月(日食)で計画したことから、これまでを一旦、振り返ってみてください。どんなプロセスを進んできたのか、今、どんな結果であれ、完成させたものや実現できているものに目を向けてみましょう。

 

その上で、あなたの社会人としてのキャリアや仕事で手がけているものが、社会に役立てられているかどうか、今後はそれを、どう発展させていくと良いのかを考えるタイミングになります。間違いのないものだと確信が持てれば、それが宇宙からあなたに与えられた「天職」だと言えるでしょう。実感が持てない人は、自分がこれから築き上げていくものを考えていくよう促されるでしょう。

 

現在の天体は、水星、木星、土星、海王星、冥王星の5惑星が軌道を逆行中です。水星の逆行の影響(〜7/12)は、主に通信やコミュニケーションの問題が生じやすくなります。仕事面での重要な契約や交渉事は、伝達に関する言い間違いや誤解が生じやすいので、発言や確認などは慎重に行いましょう。書類上でも数字や桁の誤記、必要事項の記述漏れなども生じやすくなります。

 

携帯電話や通信機器でのメールの送受信、公共の交通機関での遅延やトラブルも起きやすくなります。木星の逆行の影響(〜9/13)は、主に物事が停滞し、進展しづらい状況になります。自分に甘くなり必要な努力がしづらくなるため、目の前にあるチャンスを掴みにくいかもしれません。

 

土星の逆行の影響(〜9/29)は、主に個人のコンプレックスや苦手意識が強まり、自尊心が欠如するでしょう。海王星の逆行の影響(〜11/29)は、主に頭に浮かんだものを現実的に活かせず、考え方が悲観的になりがちです。現実味のない理想を抱いたり、誰かが代わりにやってくれるだろうという安易な発想をしやすいため、必要な努力がしづらくなります。現実的な生活能力が低下するので、物事の取り組みや自己管理が難しくなるでしょう。そのため、現実逃避して飲酒やドラッグ、ギャンブルなどに走ってしまう可能性もあります。

 

冥王星の逆行の影響(〜10/4)は、主に過去と同じような体験をしやすくなるので、過度に苦手意識やトラウマが強まると、これまでの努力ができず自暴自棄になってこれまで積み上げてきたものを手放してしまう恐れがあります。

 

今、あなたが経験していることは、「自己成長するために必要な経験」だということを忘れてはいけません。夢を叶えるということは、日々の努力の積み重ねなのです。そして、これから『満月』に向かって、心と身体が徐々に緩んでいきます。満月に近づくにつれて、イライラしたり落ち込みやすくなったり、あるいは気分が高揚したりと、バランスが崩れて不安定になりやすい時期へと移ります。

 

感情のコントロールができない時には、レスキューレメディを飲んでみましょう。深呼吸やストレッチをおこなうのも効果があります。また、そういう時期なのだと割り切って、無理をしすぎないよう意識して、ストレスを溜めないようにしてください。

 

『新月』に願ったことを達成できるように、今の迷いを断ち切り、迷わず『満月』に向けてチャレンジしていきましょう。 

 

6月21日の蟹座の新月は、安らげる居住空間や生活環境を整え、心のよりどころになる家族の絆が深まるよう種を蒔くときでした。コロナ禍の影響で長期間の自粛生活を強いられましたが、その間に生活全般の乱れを見直して、心地よく過ごせるよう改善を試みた人もいるでしょう。

 

6月終盤には自粛生活から社会生活へ移り変わって間もなく、新型コロナウイルス感染者が増加しています。より気持ちを引き締めて、健全な心の基盤を築くプロセスを進んでいくことが大切です。

 

蟹座の新月で起こった『日食』パワーを活用して、意識的にアセンション(波動を高める、覚醒・進化・成長)させることで、心の闇を解放できたのではないでしょうか。蟹座は「慈愛」と「母性」を象徴するので、自分と向き合い、あなたの潜在意識に眠るインナーチャイルド(=「内なる子供」子供時代に傷ついた未だ癒されないトラウマ)を解放しやすくなるのです。

 

それを行なうことが自身では難しい場合は、専門家のカウンセリングやセラピーを受けると良いでしょう。ティクレでもメールやSkype、電話、対面カウンセリングなど、ご相談に応じておりますので、お気軽にご連絡ください

 

今回の山羊座の満月は、利己主義に陥ったり、人の気持ちを踏みにじったりすることを改め、人を信頼して愛する勇気を学ぶチャンスです。また計画通りに物事が進まないことを悲観的に捉えてしまう癖を手放して、明るい未来を信じられるように課題が与えられるときです。それをクリアできると、あなたは実利的な行動と結果が結びつくようになっていきます。山羊座の満月で『半影月食』が起きるので『月食』の影響も及ぶでしょう。

 

人の思考でありがちなのは、最短で物事を達成しようとしているとき、なかなか思い通りの進展がないと、どうしてもネガティブな思考になってしまうので、物事も悪循環に陥りがちです。けれども、その状況の中であっても一時的な感情に惑わされず前向きな意識を持つことが大切なのです。

 

今回の満月は、この課題を克服できる機会を与えてくれますので、気になる方は『満月の解放ワーク』をおこなってみてくださいね。

 

『月のワーク』で最も大切なこと…

 

 目標は、必ず身近で達成できる小さなことから始めるということ。そして、成功体験を繰り返しながら、その達成感や充実感を脳に記憶させること。小さな成功体験の積み重ねこそが、大きな目的を達成させる行動力や継続力、意志力を強めていく秘訣になります。

 

『自らの心で決めたことを、実現するために体で実行していく』この一連の流れは、体内で幸せホルモンの分泌を促し、脳内に成功体験の充実感を与えてくれます。何度もこれを繰り返すことで、脳に成功体験の流れを蓄積していくシステムを確立します。この脳内に作られたシステムこそが、不可能を可能にする『幸せを引き寄せる源』になるということなのです。

 

今回の『満月ワーク』について、ご紹介いたします。

 

…★…★…★…

 

7月5日 13:46は、山羊座に位置する満月、『半影月食』が起こります。

 

満月の浄化パワーの影響は、月が満ちる前後(48時間)になります。

ボイド時間は、ワークに適さない時間帯です。(※ボイド時間の説明はこちら

 

今回、満月前後のボイドは2回あります。

 

7/3(金)06:38 ~ 7/4(土)13:49(山羊座のボイド時間)

7/6(月)18:36 ~ 19:09(水瓶座のボイド時間)

 

山羊座のボイド時間は、いつもより視野が狭くなり自分の意見に固執する傾向があります。責任感が強まり常識や固定観念などを重んじ、自分にも周囲にも厳しく批判的になるので、会話上での口論に注意が必要です。また緊張が高まり感情の起伏も激しいので、訳がわからず憂うつになるかもしれません。

 

水瓶座のボイド時間は、無意識に人と違ったことをしたくなり、突飛な発言や行動を起こしがちです。感情面では論理的な思考でさえも、屁理屈になり冷たい印象を与えるかもしれません。仕事面では、思い込みが強くなり周囲の評価とは関係なく、自己中心的に行動して周囲から浮いてしまうかもしれません。

 

恋愛面では、相手に対して理解しがたいあまのじゃくな行動をとってしまいそうです。それが原因で、相手が引いてしい亀裂が生じる恐れもあるので、思いやりのある態度を心がけましょう。

 

月は、私たちの無意識(潜在意識)に働きかけます。私たちが気づかないうちに満月の影響を受けた感情から、良くも悪くもその態度や行動をしがちです。月が及ぼす私たちへの影響をプラスに発揮することで、心と身体や精神のバランスを調整することができます。

 

無意識を意識化して、プラスの思考を持つことで、夢や目標を実現させることが可能になります。まずは、手放したいマイナス感情を解放していきましょう。

 

満月の時期は、新月に立てた目標が成熟します。緊張感や不満感が一気になくなり、脱力ムードになる時期でもあります。そのため、満月の感謝ワークや瞑想などを行いながら、自分を客観的に見つめやすいときです。

 

6月21日の『蟹座の新月』で立てた目標を、もう一度思い返してみてください。目標が達成している場合は、宇宙や周囲にも感謝を忘れず、さらに前進してみましょう。あわせて『蟹座の日食』テーマも振り返ってみましょう。

 

半年前の『山羊座の新月』で立てた目標(長期目標)についても、これまでの努力の結果が出やすい時期なので確認してみましょう。もし、思うような結果が得られていないと感じるのであれば、今回の山羊座の満月で軌道修正をする絶好のチャンスです。目標の内容に無理がないかどうか、目標を達成するための行動ができているかどうか、その原因を分析したり、代替案を考えたりするとよいでしょう。

 

今回の山羊座の満月では、身体エネルギーや集中力が高まり、目標に向かってパワフルに行動できるでしょう。そのため、普段よりもオーバーワークになるかもしれません。やや短気になるので、些細なことで興奮し喧嘩することもあるでしょう。

 

この時期、突発的な事故が起きやすいので注意が必要です。いつもより責任感が強まり、努力を重ねられるときですが、理由なく憂うつな気分に苛まれるかもしれません。山羊座の満月は、物事を悲観的に捉える影響を及ぼすため、成功願望や責任感が強くあるわりには自分に自信が持てなくなる傾向があります。

 

今まで順調に進んでいた仕事や家庭、恋愛、勉強、健康などの将来を、なぜか最悪な状況に捉えてしまい、自分が傷つかないよう無意識に心が拒否反応を起こしてしまうため、恐れや不安が強くなりすぎて、気持ちが落ちてしまうかもしれません。あるいは、焦りが生じて最短距離で物事を達成しようと打算的になるため、実利的な方に気持ちが傾いてしまいます。そのせいで、人の気持ちを踏みにじるような行為をとってしまうでしょう。

 

今までコツコツと積み上げてきた信頼を、その行為で一気に失う恐れがあります。誤った行為を正当化したり、固定観念にしばられないよう気をつけましょう。現実的な目標に向けて利己主義にならないよう意識しましょう。必要な人からのサポートを受けられるよう、他者との信頼関係を築いていくことが大切です。あなたの情熱を建設的な方面に向けられるよう努めましょう。

 

満月は、浄化パワーが強いときです。自分に必要がないもの、必要なくなったものを手放す「解放ワーク」をするとよい日といわれています(ダイエットをはじめるとか、断捨離をするとか、影響されているものなど)。また、財運を上げるための「金運アップワーク」をするのもよいです。

 

山羊座に関係する解放テーマは、

 

「未知への恐怖」「悲観主義」「厳格さ」「自己否定」「自己正当化」「融通が利かない頑固さ」「打算的」「冷淡さ」などです。

 

これらのマイナス感情を抱いている人は解き放つようなお願いをするとよいでしょう。

 

例えば、

 

○私は、物事が進展しないと悲観的に考える癖を手放し、粘り強く建設的な行動をしています。

 

○私は、変化に対する苦手意識を手放し、現実的な課題や制限を前向きに受入れ乗り越えています。

 

○私は、未知への恐怖を手放し、自己実現を果たすための具体的な取り組みをしてチャンスを掴んでいます。

 

○私は、他人への批判や猜疑心を手放し、人の長所を見て健全な人間関係を築いています。

 

○私は、他人の失態を叱責することを改め、人を許すことを学び成長しています。

 

○私は、約束を簡単に破る癖を手放し、社会人としての責任を持ち約束を果たしています。

 

○私は、失敗に対する自己批判を手放し、その経験を糧に再チャレンジして成果を得ています。

 

○私は、自分の誤りを正当化する癖を改め、社会人として常識ある訂正ができ信頼を回復しています。

 

○私は、打算的に行動することを改め、誠実な行動で自他ともに実利を得られています。

 

○私は、人の仕事や役割を奪ってしまう癖を手放し、健全な役割分担で相互扶助関係を築いています。

 

○私は、人生に責任を持つことへの恐怖心を手放し、自分の可能性を信じ主体的に人生を歩んでいます。

 

○私は、昔からあるコンプレックスを手放し、それを長所に転じています。

 

○私は、経済的な不安を手放し、現実的な解決策を実行して解決できています。

 

○私は、人に対する冷淡さを手放し、親しみやすい態度で周囲との関係を円滑にできています。

 

○私は、環境の変化に対する苦手意識を手放し、どんな変化にもスムーズに順応できています。

 

○私は、プレッシャーに対する弱さを手放し、自己成長に必要な経験に対して情熱を注いでいます。

 

○私は、不測の事態でのパニック状態を克服し、自制心のコントロールをして冷静な対応ができています。

 

○私は、融通の利かない頑固さを手放し、意識の変容で柔軟な行動ができ人生を好転させています。

 

○私は、やらなければという強迫観念を手放し、リラックスして必要な作業に取り組み成果を上げています。

 

○私は、自分を誤摩化す癖を手放し、乱れた生活習慣(夜更かし、暴飲暴食、偏食、運動不足など)を改善できています。

 

○私は、仕事中毒を手放し、積極的に休息する時間を作って心身のバランスを保っています。

 

山羊座が支配する身体部分と症状は、「骨」「関節」「膝(ひざ)」「胆のう」「皮膚」などがあります。これらに関する症状に「関節炎」「リウマチ」「胆石」「乾癬(かんせん)」「かゆみ」「にきび」などがありますので、この辺が気になる方は、改善できるように願うとよいでしょう。

 

山羊座は「歯」を象徴しますので、この時期にデンタルケア(定期検診や歯石取りなど)をするにはよい時期です。清潔感のある口元をアピールして、周りへの好感度がアップしてみましょう。睡眠不足や体力不足の人は、特に免疫力が下がっています。そうすると、口内細菌が繁殖しやすく、口臭がキツくなったり、虫歯や歯周病といった、症状を悪化させてしまう恐れがあります。口の中に違和感を感じる人は、思い切って歯科を受診してみてください。

 

夏本番のお肌対策は、この時期からしっかりしていくと効果が高まります。また、浄化力が高まる満月水を作って、浄化作用のあるフラワーレメディ(クラブアップル)や、今のあなたに必要なフラワーレメディを飲んでみるのもお勧めです。今回のお勧めフラワーレメディは『ミムラス』です。下記に説明がりますので参考にしてくださいね。

 

 山羊座に関係する象徴キーワードは、

 

「責任感」「誠実」「現実的」「賢明」「忍耐力」「野心的」「常識的」「成功願望」「慎ましさ」などです。

 

山羊座の人の特徴は、真面目で忍耐強く勤勉です。上昇志向が強く目標に向かってコツコツと努力していく意志の強さがあります。地位や名誉といったステイタスを好み、社会的に認められることで自分の存在価値や人生の喜びを見出そうとする傾向があります。自分の意思や欲望をコントロールできる理論的な思考力を持つ一方で、急激な変化に混乱するところがあり、しばしばパニックに陥りがちな面があります。

 

基本的には恥ずかしがり屋で人見知りのため、あまり社交的ではありませんが、誠実に人と接することができるので、周囲の人たちからの信頼を得られます。ただ、気が小さいところがあるので、計画通りに物事が進まなくなると、とたんに自信がなくなり悲観的になったり、投げやりになったりするところがあります。けれども、人に感謝されたり成功するまでには時間がかかる、ということを理解できれば、すぐに自信を回復することができるタイプです。

 

山羊座の支配星は、『土星』です。

 

『土星』は、縮小、制限、拘束、節制を意味し、困難や試練(苦手意識)を与えるとともに、それらを乗り越えるための忍耐力や思慮を与えてくれます。また、努力や堅実、実務能力を司ります。土星の恩恵を享受できると、時間をかけて苦手意識を克服した先には、苦手だったことが人よりも秀でる可能性があります。

 

天体上では、土星が逆行(〜9/29)しています。その影響が及ぶと、個人の心理面に及ぶと、過去の苦い経験が頭によみがえり、コンプレックスや苦手意識を強く抱いてしまうでしょう。自分に自信が持てず、言い訳を探して、目の前にチャンスが訪れても手放してしまうかもしれません。

 

土星は、自己実現のために必要な能力を引き出してくれる訓練の場を与えてくれると理解しましょう。強いプレッシャーの中でも、時間をかけてコツコツと目の前の課題をこなしていくことで、社会で成功するために必要な真の実力が身についていくでしょう。土星が与える困難や試練を乗り越えた先には、社会的な成功があるのです。

 

山羊座に対応するフラワーレメディは、「ミムラス」です。

 

「ミムラス」タイプの人は、素質に敏感さと傷つきやすさがあるため、過去の経験から来る不安定な気持ちを引きずることで、不必要な恐れを抱く傾向があります。自己イメージが弱いので、すぐ不安になったり、ある事柄を極端に恐れたり、あるいは何かに脅えてしまいます。

 

痛みも他の人よりも感じやすいため、神経の細やかさがセンサーとなり、日常生活の中に保障と安定を求めているので、常に慎重かつ注意深く、自分に危害が及ばないかを点検しています。自分が、いかに敏感に、危険に反応しているのか、あるいは、過剰な危機管理をしているのかには気がつきません。また、内向的で引っ込み思案です。

 

個人的な弱さを気にするので、特に高い社会層の人の中にいて、評価されないことへの不安や貧困への不安、喪失への不安などを抱きます。自分が求めているものを、きちんとわかっているので、求めているものが得られないことを、常に恐れて生きています。

 

建設的な「ミムラス」タイプの人は、この世に起こる全ての出来事や苦しみは、どれも一過性のもので、最終的には安定した秩序に従って癒されるものである、という確信を持ち、前向きに受け止められる強さがあります。そのため、どんなことにも挑戦して、粘り強く落ち着いた態度で、目的をやり遂げます。自己の勇気は、人生を継続的な自己防衛なしに生きようと努める『本当の強さ』(恐れに立ち向かう心の準備を意味していること)を知っている人です。

 

「ミムラス」は、『恐れや不安、心配などの息苦しさから解放される』ためのレメディです。実際に感じている恐れや不安と向き合い、何らかの教訓を学びとり、危険を正しく判断する能力を高め、それらを克服する勇気を与えてくれます。また、同じ問題を抱えている他者に対する理解や、思いやりが高まります。

 

恐れが原因で身体症状が出たり、身体症状が悪化している場合、補完療法として使用すると効果が得られます。新しい環境を怖がる子供やペットにも効果が期待できます。性格的に現れる症状では、内気、臆病、引っ込み思案、あがり症、人見知り、人づきあいが苦手などをサポートしてくれます。

 

満月の時期は『女性ホルモン』のバランスを崩しやすく、感情や情緒が不安定になりやすいようです。イライラしたり衝動的な行動をとってしまいそうな時の対策には、過度の緊張から心を解放してくれる『レスキューレメディ』がオススメです。

 

パワーストーンをお持ちの方は、月光浴をさせて浄化とエネルギーチャージをするのもおすすめです。

2020年

6月

05日

6月6日は、「射手座」の満月です。

6日の射手座の満月は、部分月食が起こります。

 

スピリチュアルな観点から、「月食」が示すメッセージは、宇宙は完全に調和しているので、世界は一つだという共同体意識を支えることに、私たち一人ひとりの意識が繋がるよう伝えています。

 

自分の中に共同体意識を持つと、私たちは自分にできることを他人に提供して、お互いを尊重できるようになります。

 

ただ、その意識を邪魔するものが、多くの人々に宿っているエゴ(自我)の存在です。

 

私たちはエゴが強すぎると、利己主義に陥ってしまい、社会で成功するために人と競い合い、権力や地位を勝ち取ってお金や所有物が他者よりも多くあることを望みます。

 

そのために、社会的なのモラルやルールをつい無視してしまうこともあるでしょう。

 

政府が緊急事態宣言を解除して間もなく、福岡と東京では新型コロナウイルス感染者が増加しています。これまでの長い自粛生活から解放され、気が緩んでしまう状況は共感できます。

 

心に留めておくべきことは、ワクチンや特効薬が開発されるまでは、新型コロナウイルス感染の予防については、個人の免疫力を高め、その自然治癒力により集団免疫力を獲得するほかに得策はないということです。

 

何のために、これまで国民が一体となって、緊急事態宣言の自粛生活に耐えてきたのかを、忘れてはなりません。私たち一人ひとりの努力を無駄にしては、もったいないのです。今も経済的困窮にある人たちが増え続けている現実に目を向けましょう。自分だけが良い世の中にしてはならないのです。利己主義なそのエゴ(自我)を成長させることが大切です。

 

私たちの生活は、新型コロナウイルス感染の拡大により、生活スタイルが一変しました。これまでの人生が大きく変わったという人たちが多いと思われます。国や人種、生活形式などを超えて、人類が共有する課題(新型コロナウイルス感染拡大のパンデミック)が与えられたのです。

 

私たち人類が共有して目指す目的は、新型コロナウイルス感染の終息と経済社会生活の回復、つまり、私たちの心に平和を取り戻すことにあります。それらを達成するためには、私たち一人ひとりの意識の向上に基づく「行動変容」が必要になります。

 

これからしばらくの間、天体上の惑星の動きの影響が及び、社会的なモラルやルールが曖昧になるため、多くの人々(集団意識)が社会規範から逸脱する傾向があります。社会生活に明確な方向性を見失うため、混乱が生じるでしょう。

 

本来は精神性の高い生き方をすることが幸せへの近道になります。現状、人生の方向性に迷いが生じても、自分が求める高みを目指して進まなければ、幸せへの道は開かれません。この時期は、崩れてしまった生活基盤を回復するために、社会的な実務に携わるときです。

 

世の中で生き抜く力を身につける(生活力を養う)ために、自分の弱点を克服していくことが必要です。緊急事態宣言の解除後の環境の変化に順応するためにも、社会制度や保障を頼りながら、自らの実務能力を鍛えましょう。

 

天体上では「金星」「木星」「土星」「冥王星」が逆行中のため、その影響が及ぶと、洞察力や忍耐力に欠け、これまで進んでいた物事の進展が難しくなる傾向にあります。物事の展開が二転三転して、何度も再スタートを強いられる状況になるでしょう。

 

人間関係やお金に関する問題も起きやすく、パートナーシップにおいての関係性が変容していくでしょう。射手座の満月では、着手している事に矛盾や問題が浮上し、対応に追われるかもしれません。

 

そんな強いプレッシャーの一方で、自分の考えを維持し続けることの価値や、やりがいを感じるかもしれません。自分の中で確立してきた知識や考えを、実際の場で試すタイミングになりそうです。周囲から反論に遭うこともありますが、勇気をもって自説を貫いてみましょう。

 

5月23日の双子座の新月は、知的好奇心が高まり情報収集力やコミュニケーション能力を発揮して、有益な情報や知識を収集できる種蒔きでした。この作用を活かした人は、興味のある分野にアクセスして知識を学び、自分のものとして身につけていることでしょう。

 

このままの姿勢を維持して、自分の思い立ったことを最後まで突き詰めていきましょう。また、双子座の特徴の1つに、「身近な人たちとのコミュニケーション」があります。普段より他者理解に関心が向き、身近な人とのコミュニケーションがとりやすかったので、意識的に親子関係や兄弟(姉妹)関係、友人関係など、健全な関係を築くチャンスでした。

 

今回の射手座の満月は、独り善がりのコミュニケーションを改め、双方向のコミュニケーションを心がけること、また直感に頼りすぎず、事実関係を確認して行動に移すことを学ぶチャンスです。部分月食もあり、新型コロナウイルス感染の終息と経済社会生活の回復、つまり、私たちの心に平和を取り戻すための課題(避けられない出来事)を与えられるでしょう。

 

気になる方は、『満月の解放ワーク』をおこなってみてください。特に、うっかりミスの影響が出やすい人は、月星座が『乙女座』『魚座』の人です。いつもの満月よりも不安定になりやすいので、慎重な行動を心がけましょう。この時期に飲むと良いフラワーレメディは、表面的なコミュニケーションだけで無責任な態度を取らないようサポートしてくれる「アグリモニー」です。

 

もうすぐ満月です。『満月』に向かって、心と身体が徐々に緩んでいきます。満月に近づくにつれて、イライラしたり落ち込んだり、あるいは気分が高揚したりと、バランスが崩れて不安定になりやすいときです。感情のコントロールができない時には、レスキューレメディを飲んでみましょう。

 

深呼吸やストレッチをおこなうのも効果があります。また、そういう時期なのだと割り切って無理をせず、ストレスを溜めないようにしてください。『新月』に願ったことが達成できているかどうかを『満月』で確認して、まだ達成できていなければ、再考して必要な軌道修正を行ないましょう。

 

『月のワーク』で最も大切なこと…

 

目標は、必ず身近で達成できる小さなことから始めるということ。

そして、成功体験を繰り返しながら、その達成感や充実感を脳に記憶させること。

 

小さな成功体験の積み重ねこそが、大きな目的を達成させる行動力や継続力、意志力を強めていく秘訣になります。『自らの心で決めたことを、実現するために体で実行していく』この一連の流れは、体内で幸せホルモンの分泌を促し、脳内に成功体験の充実感を与えてくれます。

 

何度もこれを繰り返すことで、脳に成功体験の流れを蓄積していくシステムを確立します。この脳内に作られたシステムこそが、不可能を可能にする『幸せを引き寄せる源』になるということになります。

 

今回の『満月ワーク』について、ご紹介いたします。

 

…★…★…★…

 

6月6日(月)の04:14は、射手座に位置する満月です。部分月食が起こります。

 

満月の浄化パワーの影響は、月が満ちる前後(48時間)になります。

ボイド時間は、ワークに適さない時間帯です。(※ボイド時間の説明はこちら

 

6/6(土)13:12 ~  6/7(日)04:45(射手座のボイド時間)

 

射手座のボイド時間は、現実味のない空想が強まり現実的な物事が疎かになりそうです。無意識に何事にもルーズになる傾向があるため、公私ともに大風呂敷を広げてしまうでしょう。このため、人に嘘をついたり、交わした大事な約束が守れず、無責任な態度をとって信頼を失う可能性があります。

 

特に時間や日程、期限を守るのが疎かになりそうです。 仕事面では、焦りが生じて集中力や持続力に欠けやすいため、これといった手応えがなく中途半端に終わりそうです。上手くいかないと苦手意識が強まり、何か理由をつけて現実逃避したくなるでしょう。

 

自分の気持ちを誤摩化そうとするので、自分の問題に気づけず何度も同じ失敗を繰り返しそうです。現状が辛い状況下に置かれている人は、現実逃避願望が強まるため、暴飲暴食やアルコール、薬などへ走らないよう注意が必要です。

 

月は、私たちの無意識(潜在意識)に働きかけます。私たちが気づかないうちに満月の影響を受けた感情から、良くも悪くもその態度や行動をしがちです。

 

月が及ぼす私たちへの影響をプラスに発揮することで、心と身体や精神のバランスを調整することができます。無意識を意識化して、プラスの思考を持つことで、夢や目標を実現させることが可能になります。まずは、手放したいマイナス感情を解放していきましょう。

 

5月23日の双子座の新月で立てた目標を、もう一度振り返りましょう。また半年前の『射手座の新月』で立てた目標が達成できているかどうかも、確認してみましょう。これまで目標に向かって努力を積み重ねてきた人は、成果を得られるときです。

 

目標が達成している場合は、宇宙の法則や周りの人たちに感謝を忘れずに前進してみましょう。目標が実現していなかった場合は、目標の内容に無理がないかどうか、目標を達成するための行動ができているかどうか、その原因を分析したり、代替案を考えたりするとよいでしょう。

 

射手座の満月は、本質を見抜く直感力と知的な分析力を活かし、未来の可能性を自由に追い求めたいという知的好奇心を与えてくれます。いつも以上に気分が高揚し、人の意見を聞かず自分の話に終始夢中になるかもしれません。そのため、つい人を見下すような高慢な態度や、相手の気持ちを無視した不誠実な態度をとりがちです。

 

無意識に「常に自分は良いことをしている」という独り善がりの気持ちが強くなるからです。あなたがこれまで無自覚にしてきたことが、コミュニケーションの場において表面化するので、自らが双方向のコミュニケーションを心がけないかぎり、仕事や恋愛においても、問題が生じるでしょう。

 

特に自分の言動や態度に義務と責任を持たなければなりません。そうすることで他者からの協力が得られ、自分が考えているスケールの大きな夢の実現に近づいていくことができます。また思い込みが激しくなるときなので、自分の直感に頼りすぎてしまうと判断ミスをしがちです。

 

物事の事実関係をきちんと確認して、冷静な判断ができるよう努めましょう。常に人の意見やアドバイスを聞き入れる『謙虚な心』を育てるときです。

 

満月は、浄化パワーが強いときです。

 

自分に必要がないもの、必要なくなったものを手放す「解放ワーク」をするとよい日といわれています。(ダイエットをはじめるとか、断捨離をするとか、影響されているものなど)また、財運を上げるための「金運アップワーク」をするのもよいです。

 

射手座に関係する解放テーマは、

 

「偏見」「差別」「不注意」「無責任」「飽きっぽさ」「ルーズ」「無防備」「現実逃避」「ひとりよがり」「やりすぎ」「無愛想」「短絡的」などです。

 

このようなマイナス感情を抱いている人は、これらを解き放つようなお願いをするとよいでしょう。

 

例えば、

 

○私は、人に対する差別を手放し、誠実な態度で交流し人脈を広げています。

 

○私は、社会人としての責任を放棄せず、社会モラルやルールを守っています。

 

○私は、気の緩みを改め、新型コロナウイルス感染予防対策を維持しています。

 

○私は、誤った差別や偏見を手放し、寛容な価値観で理解し受容できています。

 

○私は、勝手な憶測で先走ってしまう癖を改め、事実関係を確認した上で的確な行動をしています。

 

○私は、自惚れた態度を改め、誠実に周囲の人と関わり人間関係を円滑に築いています。

 

○私は、直感に頼り過ぎず、常に事実確認をした上で的確な行動をしています。

 

○私は、無責任な態度を手放し、人と交わした約束は責任を持って守っています。

 

○私は、無愛想な態度を手放し、誰とでも親しみやすい態度で交流の輪を広げています。

 

○私は、必要のないプライドを手放し、自然体でありのままの自己表現ができています。

 

○私は、現実味のない夢を語る癖を改め、理想と現実を埋める実際的な行動ができています。

 

○私は、短絡的な行動を改め、物事を深く考えた上で計画を図り行動に移しています。

 

○私は、飽きっぽさを手放し、一度手がけたことは結果を出すまで続けています。

 

○私は、苦手な問題から逃げる癖を改め、(仕事、恋愛、人間関係、病気など)の問題を解決する行動をしています。

 

○私は、(アルコール、喫煙、睡眠薬、過食、買い物など)に依存する弱さを手放し、強い意志で生活習慣を改善し健康を維持しています。

 

○私は、パソコンやスマホの(SNS、ゲーム、通販など)への極端な依存を手放し、偏らない健全な日常生活を過ごしています。

 

○私は、不注意な行動を繰り返す癖を改め、大人としての責任ある行動ができています。

 

○私は、自分を甘やかすルーズな生活習慣を手放し、自分を律して規則正しい生活をしています。

 

○私は、押しつけがましい態度を改め、本当にその人が必要とするサポートができています。

 

○私は、独善的な態度を手放し、人の気持ちや欲求をくみ取り健全な交流ができています。

 

○私は、現実問題を直視しない楽観主義を手放し、物事の真実を見抜いて問題を処理できています。

 

○私は、現実逃避する癖を手放し、生活基盤を回復するためにやるべきことに力を注いでいます。

 

○私は、誤ったことを正当化する癖を手放し、その誤りを正しく修正できています。

 

射手座が支配する身体部分は、「腰」「肝臓」「座骨神経痛」「大腿部(足の付け根)」などがあります。この辺が気になる方は、改善できるように願うとよいでしょう。また実践的なことでは、射手座は「おしり」も象徴するので、ヒップラインや下半身を集中的に引き締める、エクササイズやマッサージケアをおこなってみるのもよい時期です。

 

特に下半身の体幹トレーニングがお勧めです。ティラピスやヨガなどで、腰椎の周りにある筋肉(体幹)を鍛えると、腰椎が安定し、腰痛や座骨神経痛の改善や不良姿勢の改善につながります。

 

ちょっとしたことですが、後ろ姿の美しいボディラインを意識して、普段の歩き方や姿勢に気を配ってみましょう。それだけでも、スッキリした美しい下半身のラインがあらわれやすくなります。

 

年齢に負けない引き締まったヒップラインを目指して、無理なくできることからチャレンジしてみましょう。

 

浄化力が高まる満月水を作って、浄化作用のあるフラワーレメディ(クラブアップル)や、今のあなたに必要なフラワーレメディを飲んでみるのもお勧めです。この時期は、心から喜びと幸せを感じられるために、アグリモニー(自分の問題と向き合い、誠実な態度を取り戻す)が、内心の葛藤を手放す役に立つかもしれません。

 

射手座に関係する象徴キーワードは、

 

「真実の追究」「祈りと天上の導き」「宗教」「自然との結びつき」「直感」「自由」「冒険」「好奇心」「法律」「楽観主義」「寛大な心」「高次の学び」「解決策を見つける」などです。

 

射手座は、冒険心に満ちあふれ自由な行動力で、次々と未知なる世界へのチャレンジを試み、スケールの大きな人生を歩むことを象徴しています。

 

射手座の人の特徴は、動物の本能的な力と人間の知恵を併せ持ち、未知なる世界への挑戦を理解し、その冒険に心を奮い立たせます。そのため、活発で好奇心や冒険心が旺盛です。生きることは、まさに冒険そのものだと感じながら、未知のことに興味を持ち、それがどんな波乱を含んでいようと体験したいという欲求を抱きます。

 

楽観主義で自由な行動力を持ち、束縛を嫌います。熱しやすく冷めやすいところがありますが、探究心や向上心も強くあるので、目標を持つと、スピーディに行動します。そのバランスが良いと、未来を見据え、次々と新しいことにチャレンジし、スケールの大きな人生を歩むことができます。

 

その反面、理想追求のためにマイペースを貫く傾向が強いので、自己中心的になりがちです。バランスを崩すと、興味の対象がすぐに変わってしまったり、成り行きまかせになったりと、無責任な行動が目立つようになり散漫な人生を送る場合があります。

 

射手座の支配星は、『木星』です。

 

『木星』は、木星は、成功や幸運、拡大を司り、宗教や科学、哲学など深い知性を意味します。物事を大きく膨らませ、発展させる役目を持ち、社会的な成功を約束してくれる惑星です。現在、木星は山羊座に位置しているので、山羊座が象徴する「一般常識」「社会的モラル」「社会的責任」などが、2020年のテーマとなります。社会的責務をまっとうすることに幸運の流れを引き寄せます。

 

社会における役割を自覚し、それをきちんと遂行することで成功を掴むことができます。自らを律して、自分が立てた目標を、長期間のたゆまぬ努力で着実に達成していく過程を通して、精神的な成長や物事の発展に繋がります。

 

9月13日までは木星が逆行しているため、物事が停滞や遅延する状況です。また、12月19日に木星が次の水瓶座に移ります。このため、その時以降は、水瓶座が象徴する「インターネット」「ネットワーク」「最先端技術」「思想」「哲学」などが、テーマとなっていくでしょう。

 

射手座に対応するフラワーレメディは、「アグリモニー」です。

 

「アグリモニー」タイプの人は、困難を感じたとき、人や周囲に敏感すぎてしまい、目の前の真実を認めることができず、うわべだけの偽善的な態度を装ってしまいがちです。争う心を嫌うので、表面上は明るく楽観的に見えますが、精神的、肉体的に苦痛を伴うことへの不安から、本当の感情(不安、苦しみ、悲しみ、怒りなど)を意識から排除して、気にしていないふりをして、自分の本心を隠そうとします。

 

それは、際立った繊細さと、人生を楽しみたいという、強い欲求から成り立っています。また、自分の弱みや本音が他人に言えないため、内面の葛藤や苦しみから逃れるために、アルコールや薬物、過食、仕事などに溺れやすくなります。内面のバランスの崩れと同時に、睡眠障害や、気が休まらない状態、ひきつけ、痙攣、便秘、身体の痛みなどを生じる傾向にあります。

 

建設的な「アグリモニー」タイプの人は、心から喜びと幸せを感じられる、真の意味での楽観主義者です。堂々としていて朗らかで、温和で、逆境にあっても、微笑む能力を持っています。それは、『人生に耐える方法』を心得ているからです。

 

目の前の問題を、自己成長の糧にして、それを乗り越えられる、内面の力強さを持っています。自ら平和を作り出すことができ、出会う誰の心も喜ばせることができる人です。

 

「アグリモニー」は、『自然な態度と誠実な態度を取り戻す』ためのレメディです。真実に目が向けられず、自分をごまかしたり、現実逃避をしたりする癖などに効果を発揮し、自分自身や他人に対して「より誠実になりたい」という気持ちを呼び覚まします。

 

内面の気が休まらない状態を癒し、リラックスさせてより開放的にすると共に、必要であれば、あえて困難な状態に挑み、葛藤に耐えられるようにサポートしてくれます。

 

満月の時期は『女性ホルモン』のバランスを崩しやすく、感情や情緒が不安定になりやすいようです。イライラしたり、衝動的な行動をとってしまいそうな時の対策には、過度の緊張から心を解放してくれる『レスキューレメディ』がオススメです。

 

パワーストーンをお持ちの方は、月光浴をさせて浄化とエネルギーチャージをするのもおすすめです。

2020年

5月

21日

5月23日は、『双子座』の新月です。

緊急事態宣言が公布されて、自粛生活を強いられた結果、私たちの生活スタイルが変化しています。

 

私の仕事スタイルも環境の変化に伴って、対面カウンセリングから、リモートでのカウンセリングになっています。

 

定例の月のワークグループ講習会は、受講生の皆さんと一緒に慣れないリモートワークにアタフタしながらも、回数を重ねるうちに段々と上達してきました(笑)。

 

パソコンやスマホが苦手な人が、これを機に学習され、アプリケーションがインストールできない不具合やリモートが繋がらないトラブルなど、困難や障害はあったものの、それを乗り越えて講習会に参加されています。

 

新型コロナウイルス感染拡大による自粛生活がなければ、現在のスタイルはなかったでしょう。環境の変化によって、仕事のあり方について見直す機会を得られました。

 

心理学的には、人は未知なことに挑戦するとき、恐れや不安を抱きます。プラス思考の人は、自分の可能性を信じられるので、その恐れや不安を克服し、未知なる世界に挑戦することができます。逆に、マイナス思考の人は、その恐れや不安で自分の可能性を信じられず、せっかくのチャンスを逃しがちです。

 

大切なことは、自分が人生の主役であることを忘れないでください。どんな状況のときでも、自分が選択しなければ、後で後悔することになります。一歩進むことで、人生は開かれるのです。プラス思考で選択することが、光の差す方向に進むのです。

 

徐々に地方から緊急事態宣言が解除されています。主要都市圏での感染者も減少化していますが、これまで抑圧された人々の集団意識が、一気に解放へ向かうと、蜜な場所が増え、再び感染者が増加することは否めないでしょう。

 

現在、天体上では「金星」「木星」「土星」「冥王星」が逆行しています。その影響が及ぶと、基本的には過去に焦点が当るので、これまで進展していた物事が停滞したり、スタートに引き戻され、再スタートを強いられるかもしれません。

 

自分の中で確立してきた知識や考えを、実際の場で試すよう促されるでしょう。社会面においては、国内外問わず新型コロナウイルス感染の終息と社会経済の再構築を実現するには、様々な障害や困難が伴うでしょう。

 

社会活動の場では、自らの責任を果たさなければ、再スタートしたとしても、一筋縄では解決できないので、現実と向き合いながら、社会的なルールや秩序を乱さないよう、私たち一人ひとりが上手く調整していくことになります。周囲から反論に遭うこともありますが、勇気をもった政策をとっていくことが重要になるでしょう。

 

過去にとらわれやすくなるので、物事に対する視野が狭まり、洞察力と忍耐力に欠ける傾向にあります。頑固で自分の考えに固執しやすくなるので、周囲のアドバイスに耳を傾けにくいでしょう。

 

この時期は、人間関係や恋愛関係が一転二転しやすくなるので、様々なパートナーシップにおいての調整(愛情、価値観、関係性、共有するもの、金銭など)が必要になります。これまで順調だったパートナー関係に亀裂が生じやすく、その関係を見直したり、やり直しを強いられるでしょう。あるいは、過去に関係がある人との縁が再び結ばれる場合もあります。

 

意識的に視野を広げて、自然の法則の流れを読み取ったり、善意ある周囲のアドバイスに耳を傾けてみましょう。そうすると、様々な情報が集まり、現状を打破できるヒントを掴めるでしょう。常に情報のアンテナを立て、興味のある分野の有益な情報を集めましょう。

 

4月23日の牡牛座の新月は、五感(視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚)を研ぎ澄まし、物質的な豊かさを引き寄せる種蒔きでした。新月や満月のエネルギーは、本当に必要なものであれば、自然にシンクロニシティ(意味のある偶然の一致)が起きるチャンスを与えてくれます。

 

ただし、どんなに望んでも、あなたの人生に必要でないものは、何をしても手に入りません。それは「手に入らないことに意味がある」からです。これを理解できると、自らのエゴを手放し、真の価値に目覚め「心の豊かさ」が育っていきます。幸せになるためのシンクロニシティを引き寄せるためには、未来への理想のビジョン(夢)を持つことが第一条件です。そして、夢を具現化するための現実的な目標設定を立て、実行に移すことです。

 

現在、各地で緊急事態宣言が解除されていますが、天体上の惑星が4つ逆行していることから、感染者が減少していても、再び増えるリスクがあります。社会全体での経済回復には、多大な時間がかかります。これまでの抑圧された自粛疲れから欲求不満が強まりますが、緊急事態宣言が解除されても気を緩めず、社会的な責任を果たすための社会ルールを守って、生活スタイルをきちんと整えていきましょう。

 

自分の生活や今取り組んでいること全体を見渡し、無駄のないスタイルを作り出すことが重要です。自然のリズムに逆らわないでいることも大切です。なぜなら、私たちの住んでいる地球という環境は、宇宙の摂理によって創り出された現実の世界です。

 

その世界には、私たちの想像を超える数の細菌やウイルス、微生物が存在しています。未だ人間の叡智は、新型コロナウイルス感染を終息させるまでには至っていません。私たち一人ひとりの意識を高めて、社会活動の中で感染リスクを減らすための行動を維持しなければならないでしょう。これまでの生活環境とは異なる生活スタイルを確立し、ソーシャルディスタンスの基本的な予防に努めなければ、何度も新型コロナウイルス感染に脅かされることになるでしょう。

 

5月23日の双子座の新月は、知的好奇心が高まり、情報収集力やコミュニケーション能力を発揮できるチャンスです。この作用を活かして興味のある分野を学び、自分のものとして身につけていく好機なので、自分の思い立ったことを最後まで突き詰めていきましょう。

 

双子座の特徴の1つに、「身近な人たちとのコミュニケーション」があります。普段より他者理解に関心が向き、身近な人とのコミュニケーションがとりやすくなります。親子関係や兄弟(姉妹)関係、友人関係など、健全な関係を構築するタイミングです。詳しいことは、新月のワークでご紹介しています。

 

もうすぐ新月を迎え、次の新しいサイクルがやって来ます。これまでやって来たことが、どこまで進んでいるか振り返り、きちんと確認して次の目標を考えてみましょう。

 

願い事が叶うタイミングは、自らが意識して行動に移して行くことが大切です。最初から諦めてしまえば、それまでです。月のサイクルを活用した『新月ワーク』と『満月ワーク』を繰り返し実践していると、自然のリズムに乗って自己実現が果たされるよう導かれていくようになります。

 

これから『月のワーク』をやってみようと思われている方は、迷わずやってみてください。新月には『種まき』(目標設定)、満月は『収穫』(成果を得る)という意味があります。『満月』に成果を得られなかった場合は、改めて『軌道修正』(再考)して、次の新月に向かって実践することが『月のワーク』の1サイクルの流れになります。

 

どのくらいの成果を得られるかは、あなた次第なので、毎月コツコツと続けてみましょう。今まで出来ないと思い込んでいたことが、1年を通して出来ているかもしれません。それは、物質的な現象だけではなく、精神的な成長を得られることもあります。

 

月は、私たちの無意識(潜在意識)に働きかけます。私たちの生まれ持った才能や能力は、まだ気づかないだけで、多くのものが自分の中に眠ってはいないでしょうか?未知なる分野へのチャレンジは、不安や恐れがありますが、まずは自分の可能性を疑わない『自己信頼』と『勇気』が持てるように、新月のお願いをするのも良いのではないでしょうか?

 

新月のお願いが叶いやすくなる方法をご紹介いたします。

 

…★…★…★…

 

5月23日(土)02:40 双子座に位置する新月です。

 

この時刻から、48時間以内がワークに適している時間です。(ボイド時間除く)

 

*もっとも有効な時間は、8時間以内といわれています。

 

ボイド時間は、ワークに適さない時間帯です。(※ボイド時間の説明はこちら

 

5/22(金)17:01 ~  22:36(牡牛座のボイド)

 

5/24(日)20:09 ~  5/25(月)08:09(双子座のボイド)

 

牡牛座のボイドでは、目先のモノや金銭といった利益に振り回される傾向があります。目先の利益に気を取られ、精神面を軽視してしまい人への妬みや嫉妬が強まります。そのため、人の新しいアイデアや善良なアドバイスを無視しがちです。

 

欲をかいて自分の考えや意見に固執するので、失敗するリスクが高まるでしょう。物事が上手くいかないことで、ネガティブ感情を抱き、周囲に八つ当たりするかもしれません。また、食欲や睡眠などの自己欲求を満たすことを優先するので、やるべき責任や義務を疎かになるでしょう。

 

双子座のボイドでは、情報トラブルが起きやすくなります。間違った情報に振り回されたり、時間や場所、数字や表記などの見間違いや、書き間違いなどが起きるでしょう。また、コミュニケーション上で、口が災いするような軽はずみな発言や「言った」「言わない」など、伝達のトラブルも起きやすくなるでしょう。

 

好奇心が強まり、意識が多方面に分散してしまうので、大事なことを飛ばしてしまいそうです。勘違いもしやすいときなので、慎重さを心がけるようにしましょう。

 

双子座の人の特徴は、知恵や知性を働かせ、知の世界や現実世界といった、いくつもの世界を自由に飛び回り、何に対しても向学心や好奇心が旺盛です。何者にも縛られず、真実に目を向け、得られた知識や教訓を人生に生かしたいという欲求があります。活気があり、楽しいことや面白いことが好きで、いつも新鮮な刺激を求めようとします。

 

快活で人なつこい一方で、爆発的な反骨精神も内に秘めています。情報収集能力やコミュニケーション能力に優れ、話術にも長けているので、人に物事を伝えることが得意です。頭の回転が速いので、その時々に対して臨機応変に対応ができます。

 

ただ、要領の良さが裏目に出ると、八方美人で優柔不断な態度が表れやすくなります。さらに、飽きっぽい面が出てくると信用できない傾向が強まります。

 

双子座の支配星は。『水星』です。

 

『水星』は、知識、知性、伝達、コミュニケーション能力を司り、判断力、学習能力、神経組織を支配しています。この水星の授けてくれる能力を活用することで、頭の回転や記憶力が優れ、学習や知性を磨く作業がスムーズに進みます。

 

私たち個々の考え方や思考のクセに影響を与えるため、生まれた出生時の水星星座の特徴が、個人の考え方や思考のクセに反映されます。物事においては、情報、通信、流通、交通機関、移動(ショートトリップや引っ越しなど)に影響を及ぼします。

 

双子座の新月は、私たちの好奇心と柔軟性を増幅し、身近な人たちとの社交性を与えてくれるので、身近な人たちと一緒に楽しみたいという気持ちが強まるでしょう。他者を理解するには良い時期なので、人づきあいでは特定のグループに所属するよりも、視野を広げて様々な分野の人と交流をしていくと、楽しい会話の中で有益な情報を共有することができます。

 

変化にも順応しやすいときなので、不安よりもチャレンジ精神が高まるでしょう。スピーディに行動を起こし、集めた情報を活かして自己アピールが効果的にできるチャンスです。ただ、饒舌になりすぎて人のうわさ話や余計なことを発言してしまう傾向があります。無意識に人の気持ちを煽ってしまうと、トラブルが生じるので発言に気をつけましょう。

 

ひとりで過ごす場合は、読書や執筆、企画書、インターネット(ブログ、SNS、ゲーム)など、頭を使う作業には良いときです。その一方、次々と新鮮な刺激を追い求め過ぎると、飽きっぽい面が表れ、収拾がつかなくなるでしょう。せっかくの新しいチャンスを活かせず、そのまま終わってしまうかもしれません。

 

双子座を象徴するキーワードは、以下を参考にしてみましょう。

 

○効果的な伝達能力を促すためのキーワード

 

・・・「話術」「表現力」「調和力」「記述力」「傾聴能力」「理解力」などです。

 

○社交性を高めるためのキーワード

 

・・・「臨機応変」「受容力」「許容力」「寛容な心」「親しみやすさ」「迅速な反応」などです。

 

○身近な人たちと関係を築くためのキーワード

 

・・・「身近な人間関係」「近所の住人」「親子」「兄弟」「姉妹」「友人」などです。

 

○学びから情報が受け取りやすくなるためのキーワード

 

・・・「的確な情報」「インターネット」「専門誌」「学校教育」「好奇心」「情報のアンテナ」などです。

 

○知性や論理性を高めるためのキーワード

 

・・・「様々な選択肢」「多様性」「客観視」「的確な判断」などです。

 

○適正な運動や活動を促すためのキーワード

 

・・・「ウォーキング」「散歩」「短期旅行」「ドライブ」「サイクリング」などです。

 

○ 双子座の解放キーワード

 

・・・「優柔不断」「落ち着きのなさ」「飽きっぽさ」「神経質」「表面的なことにとらわれる」「質問過剰」などです。

 

<双子座のテーマ>お願い事の例文

 

○私は、表面的な情報にとらわれず客観的に物事の真実を見極め、正しい行動ができています。

 

○私は、人の考えや意見を理解し、多様な情報や知識を生活の中で活かしています。

 

○私は、人の情報やアイデアで良いことは取り入れ、自粛生活を快適に過ごしています。

 

○私は、環境の変化に順応し、仕事スタイルを変えて、新たな経済基盤を構築しています。

 

○私は、有益な情報をキャッチし、社会の流れを読み取り、新しいビジネスを見出しています。

 

○私は、常に親しみやすい会話を心がけ、その時々の交流を心から楽しんでいます。

 

○私は、インパクトを与える話術を発揮し、相手の気持ちを引きつけています。

 

○私は、健全なコミュニケーションで、身近な(親子、兄弟、姉妹、友人など)関係を健全に築いています。

 

○私は、(具体名)さんと親しくなれるよう、お互いの共通点を見つけアピールしています。

 

○私は、相手の意見を尊重し、客観的な視点から自分の考えや意見をはっきり言えています。

 

○私は、ブログやSNSで効果的に情報発信し、多様な分野のネットワークと繋がりチャンスを掴んでいます。

 

○私は、選択したことに自己確信を固め、自分の能力を発揮して成果を得ています。

 

○私は、意志の強さを持ち、目の前のやるべきことに力を注ぎ、困難な状況を乗り越えています。

 

○私は、仕事の効率を上げるための情報処理能力を発揮し、どんな状況にも素早く的確に対応しています。

 

○私は、人の心をつかむ効果的な話術を発揮し、交渉の場で有利な条件で契約を結んでいます。

 

○私は、常に情報のアンテナを立て、有益な(仕事、恋愛、生活、健康など)情報を集めて活用しています。

 

○私は、知的好奇心を発揮し、興味のある分野を迅速に学んで習得しています。

 

○私は、最先端な知的活動をするグループに参加し、埋もれている潜在能力を引き出しています。

 

○私は、自分の培った知識やレアな情報を周囲と分かち合い、情報通として注目を浴びています。

 

○私は、やり始めたことを継続する工夫をして、楽しく良い習慣を身につけています。

 

○私は、いつまでも若々しくあるために(ウォーキング、森林セラピー、体操、ヨガなど)を継続して実践しています。

 

双子座が支配する身体部分と症状のキーワード

 

双子座は、「肺」「呼吸器」「神経系」などを支配しています。具体的な症状として、「花粉症」「肺疾患/呼吸器疾患」「神経疾患」などがあります。上半身の対になっている部位の「手」「手首」「腕」「肩」「凝り」「疲れ」が出やすくなりますので、この辺が気になる方は、改善または健康を促進するお願いをするとよいでしょう。

 

実践的なことでは、パソコンを使いすぎて手や腕、肩が凝り固まったりしないよう、長時間の作業は控えましょう。時間を決めて、滞ったリンパの流れを促すようストレッチを行ないましょう。手先が痺れたり強ばる人は、腱鞘炎やバネ指になりやすいので、血液の流れを良くするマッサージが効果的です。神経が疲れやすいときなので、意識的に深呼吸して上半身の凝りを弛めるリラックスを心がけましょう。

 

双子座に対応するフラワーレメディは「セラトー」です。

 

「セラトー」タイプの人は、自己信頼と私的判断力に欠けるため、自分なりの判断があっても、その判断に確信が持てず、他の人の意見を求めます。無視できるような無価値な意見は1つもないと考えるため、誤り導かれることがあります。

 

皮肉なことに、セラトータイプの人は、明敏な知性とはっきりとした意見を持つ知識人です。しかし、「自分の正しい判断に逆らうことが多い」ため、目標に達するまでには多くの時間を費やすことになります。自主性に欠けるので、誰かに背中を押されないと、なかなか先に進めないことがあります。

 

前向きな「セラトー」タイプの人は、自分の判断に信頼をおくことができ、確信を持っています。非常に直感力に優れ、内なる声を聞き取り、自分の心と能力を信頼して、的確な判断をします。包括的で能力があり、どんな状況にあってもうまく立ち回れます。

 

「セラトー」は、「自分の意見や判断に、確信が持てない人のためのレメディ」です。自分が本当にやりたいことを、自分のやり方で行動するのを助けます。

 

自分にとっての『良いこと』と『悪いこと』の区別、『正しいこと』と『間違っていること』の区別を、より深く区別できるようにしていきます。そして、問題を自分で解決しようとはせず、すぐ人に助けを求めがちな性格(特に子供)を、精神的に自立できるようにサポートします。

 

パワーストーンをお持ちの方は、月光浴をさせて、浄化とエネルギーチャージをするのもおすすめです。

 

*過去ログ:過去のブログ(2015年以前)はこちら

→→→2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年