チョウチョとお月さま⑦

つぎの満月の夜、ルンちゃんは、

約束をしたチョウチョと一緒に池のほとりに行きました。

 

ふたりで美味しいヤマユリの蜜をいっぱい飲みました。

そのあと、相手のチョウチョがにっこり笑っていいました。

 

「ぼくのこと、おぼえてる?」

 

そのとき、ルンちゃんは、はっとして幼虫のころを思い出しました。

 

「あなたが、あのとき、わたしに葉っぱをわけてくれたのね。」

 

「そうだよ。ぼくは、チョウチョになってから、

 森の中で、ずっときみを探していたんだよ。

 そして、ぼくが思っていたとおり、ルンちゃんは、とても思いやりのある、

 やさしいチョウチョになっていたね。だから、ぼくと結婚しよう。」

 

とそのチョウチョはいいました。

 

ルンちゃんは、とても幸せなきもちになりました。

 

そして、ふたりはそこで結婚しました。

しばらくして、ルンちゃんが池のほとりを見わたすと、

このあいだ森で声をかけたチョウチョたちが、

それぞれパートナーをつれて、池のほとりへやってきていました。

 

そして、みんな幸せそうに仲良くヤマユリの蜜を飲んでいました。

 

「お月さま、なんだかみんなが幸せそうで、

 わたしもとってもうれしい。いろんなチョウチョたちに、

 声をかけたもの無駄ではなかったんですもの。」

 

ルンちゃんは、うれしそうにお月さまにいいました。

 

すると、お月さまも、微笑みながら、

 

「ルンちゃん、結婚おめでとう。

 また、本当に大切なことに気づいたみたいね。

 とってもすばらしいことだわ。」といいました。

しばらくのあいだ、ルンちゃんは、とても幸せな日々をすごしました。

 

やがて、ある新月の夜に、

ルンちゃんは「次の満月までに、じょうぶな卵を産む場所を探そう。」

と心にきめました。ルンちゃんは、その場所を慎重にえらびました。

 

自分がこの世からいなくなっても、

生まれてきた幼虫たちが、すぐに、美味しい葉っぱが食べられて、

お月さまともお話ができるような場所をえらびました。

 

とうとう満月の夜がやってきました。

 

ルンちゃんは、お月さまがよく見える、

いいにおいのするミカンの葉っぱの上で、かわいい卵を産みました。

 

そして、ルンちゃんは、お月さまに見守られながら、天国へ旅立ちました。

 

(おしまい)