チョウチョとお月さま⑥

つぎの満月の夜、ルンちゃんは、

たくさんのチョウチョが集まっている池のほとりにいきました。

 

ルンちゃんは、そこで素敵なチョウチョを見つけると、

勇気を出して「こんばんは」と声をかけました。

けれど、誰も相手にしてくれません。

 

みんな、ヤマユリの蜜を飲むのに一生懸命で、

ほかのチョウチョのことなどおかまいなしなのです。

 

結局、ルンちゃんは、ひとりぼっちでヤマユリの蜜を飲んで、

しょんぼりした顔で、森へかえってきました。

 

すると、お月さまが、

 

「ルンちゃん、よくがんばったわね。

 まだまだ、結婚相手を探すチャンスはあるのだから、

 気を落とさないようにね。焦らないで。」

 

と励ましてくれました。

つぎの新月の夜、ルンちゃんは、

結婚相手をみつけることができなかった原因について、

ゆっくり考えてみました。幼虫だったころのこともいろいろ思い出しました。

 

そして、お月さまに、

 

「お月さま、いつもわたしを励ましてくれてありがとう。

 わたしも、あれから、いろいろと考えてみたの。

 池のほとりにいたみんなに声をかけるのではなくて、

 池のほとりに行ったことのないチョウチョたちに、

 いっしょに、あの美味しい蜜を飲みに行こうって、

 誘うのがいいんじゃないかしらと思ったの。

 自分のことだけじゃなくて、

 みんなが幸せになることを考えなければって

 思ったの。」といいました。

 

お月さまは、

 

「ルンちゃんは、とっても素敵なことに気づいたようね。

 今回のことも無駄じゃなかったみたいね。

 その考えは、すごく大切だとおもうわ。

 がんばってね、ルンちゃん!」といいました。

 

ルンちゃんも笑顔で、うなづきました。そして、

「つぎの満月までに、いっしょに池のほとりに行ってくれる相手を探そう。」

と決心しました。

それから、満月までの間、

ルンちゃんは、森にいるチョウチョたちに、笑顔で声をかけました。

 

「池のほとりに、とってもきれいなヤマユリの花が、

 いっぱい咲いているのだけれど、今度の満月に、一緒に行きませんか?」

 

ルンちゃんは、何匹ものチョウチョにふられても、

あきらめずに、声をかけつづけました。

 

すると、とうとう一緒に行ってくれる相手が、あらわれたのです。