チョウチョとお月さま⑤

しばらくして、ルンちゃんは、

雨にぬれない、大きな木の幹で、蛹になりました。

 

何日かして、また新月の夜を迎えたとき、

お月さまの声がきこえてきました。

 

「ルンちゃん、こんばんは。

 きれいなチョウチョになったら、

 さいしょに何をしたいのかしら?

 いっぱいやりたいことが、あるものね。

 今のうちに、ゆっくり考えておくといいわね。」

 

ルンちゃんは、心の中で、

 

「お月さま、ありがとう。チョウチョになったら、

 まず、お空からこの美しい森を眺めたいの。

 そして、素敵な結婚相手を見つけるの。

 そのあと、かわいい卵を産みたいな。

 なんだか、とってもワクワクしてきたわ。」

 とつぶやきました。

つぎの満月の夜、とうとうルンちゃんは、

蛹から、うつくしいアゲハチョウになりました。

ルンちゃんは、ゆっくりとまわりを見まわしながら、

羽が乾くのをまっています。

 

するとお月さまが、

 

「ルンちゃん、おめでとう。とってもかがやいているわね。

 いよいよ、お空へ飛びたつのね。さあ、勇気を出して!」

 

と励(はげ)ましてくれました。

 

ルンちゃんは、羽がちゃんと乾いたのを確認すると、

深呼吸をして、ゆっくりと羽を広げてみました。

そして、勇気をだして、飛びたちました。

 

「こんばんは、お月さま。

 わたし、とうとうチョウチョになったわ。

 お空を飛ぶって、本当に気持ちいいのね。

 それに、ここはなんて美しい森なんでしょう。

 

 お月さま、いろいろありがとう。お月さまのおかげで、

 こんなにきれいなチョウチョになれたんですもの。」

 

ルンちゃんは、お月さまにこころからお礼をいいました。

ある新月の夜、

ルンちゃんが、ひまわりの蜜(みつ)を見つけて、

おいしそうに飲んでいると、お月さまの声がきこえてきました。

 

「こんばんは、ルンちゃん。毎日たのしそうね。」

 

ルンちゃんは、

 

「こんばんは、お月さま。

 ええ、毎日とっても楽しいわ。

 それに、そろそろ結婚相手にも出会いたいの。

 でも、すてきなチョウチョを見かけても、

 なかなか声がかけられないの。

 勇気をださなければね。」といいました。

 

お月さまは、

 

「そうね。その勇気はとっても必要なことね。

 この先の池のほとりに、

 ヤマユリの花がいっぱい咲いているのを知ってるかしら?

 そこには、満月になると、

 とってもたくさんのチョウチョが集まるのよ。

 ルンちゃんも、いって見たらどうかしら。」といいました。

 

「ありがとう、お月さま。さっそくこんどの満月にそこに行ってみるわね。」

 

 ルンちゃんは、目をきらきらさせながらいいました。