チョウチョとお月さま④

つぎの満月の夜に、ルンちゃんは、無事に脱皮ができました。

するとこんどは、ぐんと大きくなりました。

 

そして体の色も、茶色からあざやかな緑色にかわりました。

頭には、すてきな角もかくし持っています。

 

それをみていたお月さまが、

 

「ルンちゃん、こんばんは。

 上手に脱皮ができたようね。おめでとう。」

 

と微笑みながらいいました。

 

「ありがとう、お月さま。」

 

とルンちゃんが、お礼をいったとき、

ルンちゃんをめがけて、何かが飛んできました。

 

それは、ルンちゃんを食べようとしてやってきた、すずめでした。

そのようすを見ていた木の妖精は、大きな声でさけびました。

 

「ルンちゃん、あぶないっ!

 早く、あたまの角をのばして、くさい匂いを出して!」

 

ルンちゃんは、あたまの角を、すぐにのばして、くさいにおいを出しました。

すると、すずめは、おどろいて、遠くへ逃げていきました。

 

「ありがとう、木の妖精さん。

 わたし、もう少しで食べられてしまっていたわ。」

 

ルンちゃんが、お礼をいうと、

 

「ルンちゃんが、たすかってほんとうによかった。

 これからは、気をつけなくてはね。

 大きくなったのだから、ほかの小鳥や虫たちにも、

 見つからないようにしなくてはね。」

 

と木の妖精は、やさしくいいました。それをみていた、お月さまも、

 

「ルンちゃん、勇気を出して、よくがんばったね。満月のときは、

 いろんな動物や虫たちが興奮してるから、これからも注意しないとね。」

 

とやさしく教えてくれました。

 

ルンちゃんは、お月さまと木の妖精に、心から感謝をしました。

ある新月の夜、お月さまの声がきこえてきました。

 

「こんばんは、ルンちゃん。

 すっかり立派な幼虫さんになったわね。

 もうそろそろ、蛹(さなぎ)になる準備をしなくてはね。」

 

ルンちゃんは、

 

「ありがとう、お月さま。これからその準備をするところなの。

 太い幹のしたで、だれにもみつからない場所をいま探しているの。

 それと、チョウチョになるときには、羽がかわくまで飛べないから、

 静かで、雨にあたらないところを探さなくてはならないの。」

 

といいました。

 

「もうすぐルンちゃんは、素敵なチョウチョになって

 お空をじゆうに飛べるのね。しっかりね、ルンちゃん!」

 

お月さまは、うれしそうにいいました。