チョウチョとお月さま③

ルンちゃんが、あきらめて、そのとなりの葉っぱのほうへ行こうとしたとき、

目の前の葉っぱにいた幼虫が、ルンちゃんのほうをみて、いいました。

 

「ねえ、きみもおなかがすいているのでしょ?

 ここで、ぼくといっしょに食べようよ。」

 

「ほんとうにいいの? でも、これはあなたの葉っぱだから・・・。」

 

ルンちゃんは、そういいながら、

もうその葉っぱを食べたくて、

しかたありませんでした。

 

「ぼくらは、いつすずめや大きな虫に

 ねらわれるか、わからないんだよ。

 だから、みんなで助けあわないと

 いけないと思うんだ。みつけた葉っぱを

 ひとりじめする幼虫もいるけど、

 ぼくは、ちがうよ。さあ、たべよう。」

 

とその幼虫は、いいました。

 

ルンちゃんは、そのことばに、こころをうたれました。

 

「ありがとう、いっしょにいただくわね。

 わたしも、あなたのように、やさしい

 チョウチョになるわ。」

 

ルンちゃんは、そういって、

ふたりでなかよく一枚の葉っぱを分けあってたべました。

つぎの満月の夜、ルンちゃんは、はじめての脱皮をしました。

そして、少しからだが大きくなりました。

 

ルンちゃんが、のびをして歩きだそうとすると、

それをみていた、モンシロチョウがいいました。

 

「はやく、脱皮した皮をたべるのよ。

 そのままにしていたら、おそろしい虫たちに、みつかってしまうわ。」

 

「ええ、わかったわ。ありがとう、モンシロチョウさん。」

 

ルンちゃんは、すぐに皮をたべました。

 

「わたしたちチョウチョは、茶色い幼虫のうちは、

 小さいから、いろんな虫たちにねらわれるのよ。気をつけてね。」

 

モンシロチョウは、そういうと遠くへ飛んでいきました。

 

ルンちゃんは、森での生活が、だんだん不安になってきました。

でも、今は葉っぱをたくさんたべて、

早く大きくなることだけを考えることにしました。

ルンちゃんは、早く大きくなりたくて、あせっていました。

そして、新月の夜に、

つぎの満月になったら、もういちど脱皮をするけいかくをたてました。

それまでのあいだ、とにかく葉っぱをいっぱいたべました。

 

満月の夜がやってきました。

しかし、ルンちゃんは、葉っぱを食べすぎて、おなかをこわしてしまいました。

これでは、脱皮はできません。

 

そんなとき、お月さまがいいました。

 

「ルンちゃん、あせらないで。無理をして、食べすぎないでね。

 すこしづつ、じょうぶなからだをつくっていかなくてはね。」

 

ルンちゃんは、はっとして気がつきました。

 

「ありがとう、お月さま。

 わたしには、わたしにあった成長のしかたがあるのね。」

 

ルンちゃんは、ほっとした表情にもどりました。

 

そして、けいかくを見なおすことにしました。