チョウチョとお月さま②

ある新月の夜、

 

ルンちゃんは、生まれてきたところの葉っぱを、

ほとんど食べてしまったので、新しい葉っぱを探さなければなりません。

 

でも、その葉っぱから、離れたことがないルンちゃんは、

勇気を出して近くの葉っぱに行くことができません。

 

そんなとき、お月さまの声が、空から聞こえてきました。

 

「ルンちゃん、こんばんは。今日は、新月だから、

 ルンちゃんからわたしの姿はみえないけれど、

 わたしからは、ルンちゃんがよく見えるよ。

 さっきから何も食べていないみたいだけど、どうしたの?」

 

ルンちゃんは、

 

「こんばんは、お月さま。

 あのね、近くの葉っぱを食べにいきたいけれど、

 なんだかこわくて、ここから動けないの。」

 

といいました。

すると、そのはなしをきいていた、木の妖精がいいました。

 

「やあ、ルンちゃん。この木には、ルンちゃんのほかにも、

 いろんな幼虫さんがいるんだよ。だから、みんなとなかよく分け

 あって葉っぱを食べなくてはね。ルンちゃんは、小さくて茶色いから、

 すずめには見つからないよ。さあ、勇気をだして、行ってごらん。」

 

「ありがとう、木の妖精さん。もうおなかペコペコなの。すぐにいくわ。」

 とルンちゃんがいいました。

 

それを見ていたお月さまも、

「ルンちゃん、がんばってね。」とはげましてくれました。        

 

「ありがとう、お月さま。」

 

ルンちゃんはお礼をいって、その葉っぱから初めてはなれて、

近くの葉っぱにむかいました。

ルンちゃんが、近くの葉っぱにいくと、

そこには、もうほかの幼虫がいました。

そして、おいしそうに葉っぱを食べてました。

 

「こんにちは。わたし、とってもおなかが空いているの。

 ここでいっしょに、葉っぱを食べてもいいかしら?」

 

とルンちゃんは、いいました。

 

すると、その幼虫は、

 

「だめだよ。この葉っぱは、ぼくがさきにみつけたんだよ。

 だから、ぼくのものだよ。」

 

といいました。

 

ルンちゃんは、しかたなく、ほかの葉っぱをさがしました。

 

でも、こんどの葉っぱも、すでにほかの幼虫が、

むしゃむしゃと葉っぱを食べていました。

 

ルンちゃんは、さっきのことを思い出して、

もう声をかける勇気もでませんでした。