チョウチョとお月さま①

ティクレのほっこり童話『チョウチョとお月さま』

あるチョウチョが、

満月の夜に、美しい森の中で、たまごをうみました。

つぎの満月の夜に、たまごのからをやぶって、

一匹のチョウチョの幼虫が、葉っぱの上にでてきました。

幼虫は、おなかが空いていたので、

葉っぱをむしゃむしゃ食べ始めました。

 

おなかがいっぱいになったころ、

穴のあいた葉っぱのむこうから、お月さまが、ほほえみながら

 

「こんばんは。このせかいへようこそ。あなたのお名前は?」といいました。

 

幼虫は、はじめて会うお月さまに、

 

「こんばんは、お月さま。わたしは、アゲハチョウのルンです。

 いつか、きれいなチョウチョになって、

 この広いお空をじゆうに飛びたいの。 」

 

と、にこにこしながらいいました。

 

「とても素敵なお名前ね、ルンちゃん。

 もし、困ったことがあったら、この木の妖精さんに、

 いつでも相談するといいよ。」

 

お月さまは、そう教えてくれました。

 

ルンちゃんは、お月さまに、お礼をいってから、

すやすやとねむりました。