本当の自分(性格の改善)

他人の性格は客観的に観ることができても、自分の性格を観ることは容易なことではありません。特に他人から性格面で指摘されると、自分が認識している性格と違っていると思えることがあります。


他人の前では、本音が言えずに周囲に合わせている人もいるはずです。そのため、本当の自分ではない自分(装いの性格)が表面化して間違った情報として相手に認識される場合があります。

 

では、その原因とは一体何なのでしょうか?

良く言えば、協調性に長けていてどんな人にでも合わせられる人、悪く言えば、

誰にでも良い顔ができる八方美人な人になります。


後者は、本音と建前が違っていて、人によって言うことの違う信頼できない人になってしまいますが、両者の性格で言えば、同じ性格の人物なのです。

 

言い換えれば、どんな性格にもプラスの性質とマイナスの性質の両面の性質が存在するのです。その性格の性質バランスが取れている状態だと集団環境において、状況に応じた適切な対応が自ら望んでできるのでストレスを受けにくい性格です。

 

しかし、そのバランスを崩している状態だと集団環境において、周囲や人に敏感すぎるため、相手に影響されやすく、自分の考えとは違っていてもその人に合わせようと本音の部分を抑圧し我慢するため、ストレスが溜まってしまうことになるでしょう。


もし、自分の性格が自覚できていれば、その性格をプラスの性質に意識を向けることで、本当の自分に戻りやすくなります。

 

本当の自分を見つけたい場合には、38種類のバッチフラワーレメディの指標を読み取ることで、自分と向き合うことができます。自分の性格に合ったフラワーレメディを飲むことで、あなたの性格面のバランスを整えることができます。

 

簡単に言えば、性格の改善につながります。

 

ご興味がある方は、一度チェックしてみることをお薦めします。