バッチフラワーレメディについて

 

イギリスの医師であり細菌学者、病理学者、ホメオパシー医でもあったエドワード・バッチ博士が、病気は精神や心の不調和から起こると考え、野生の植物に心や感情を癒す力があることを発見し、1936年に38種類のバッチフラワーレメディを完成しました。

 


■信頼のおける癒しのシステム


このバッチフラワーレメディは、心の平安を取り戻したり、否定的な感情に対処するための、野の花や草木から作られた癒しのシステムです。現在、世界60数カ国で、医療関係者から一般に至るまで多くの人が使用しています。また、70年以上世界中で使われており、1度も事故がありません。バッチフラワーレメディが生まれたイギリスでは、5,000以上のお店で取り扱われてり、 誰もが気軽に使っています。


このバッチフラワーレメディは、精神や感情の状態に作用させるもので、体の症状に直接働きかけるものではありませんが、精神状態が良くなることによって、病気が治ったり、より健康になる場合が多いというケースが報告されています。

 

■ストレスを感じたときに


ご自分の性格や今の精神状態にふさわしいバッチフラワーレメディを選んで飲むことで、病気の発症を予防したり、闘病生活の心を平安な状態に保てるように導きます。


つまり、病気を患っている時、大抵の人や動物の感情は、落ち込んでしまい、マイナス志向になっています。気持ちがマイナスだと免疫力も低下してしまうので、ますます病気が進行してしまいます。そこで、植物のエネルギーであるフラワーレメディの感情をプラス志向へ導くエネルギー(波動)を体内に取り込むことによって、マイナスの感情をプラスに引き上げます。


結果、感情が前向き(プラス志向)になることで、免疫力がアップして、病気と闘うことができ、病気の治りが早くなります。つまり、日頃からストレスを感じたと思った時、フラワーレメディを飲むことによって、病気の早期予防になるのです。

 

■安全性について


全く副作用や害がないため、赤ちゃんからお年寄りまで安心して飲むことができ、無害なため、もし間違ってフラワーレメディを飲んだとしても安全です。気軽に日常的なストレスや感情、精神のバランスを整えるために、性格や習慣の改善にと使うことができます。(依存症、習慣性もありません)

 

■補完療法としての考え方


他の薬剤や治療法とも併用することができます。何か治療中であれば、その治療を助ける補完療法と思ってください。相乗効果により、短期間で病気が快方に向かう場合があります。

 

闘病生活を不安に過ごされている時など、医師から処方された薬と併用することで、不安な心を平安な状態に保てるように導きます。結果、病気の快復が早くなることも期待できるでしょう。

 

バッチフラワーレメディの使用により、動物や植物、意識のない赤ちゃんにも変化が見られますが、フラワーレメディは「直接、病気そのものを治す薬」ではありません。どちらかというと「感情を癒すサプリメント」といった方が近いかもしれません。最近では、ホリスティック医療を行う動物病院の分野でも、犬や猫のストレスケアとして活用されているケースもあります。

 

次ページへ