ストレスと波動(気)の関係

 

皆さんは、この地球に存在している動物・植物・鳥類・魚類はこの宇宙エネルギーを吸収し、生命体を維持していることをご存知ですか?

 

宇宙のエネルギーとは、空気や水、光、熱などといった生きるため(生命力)には、なくてはならない重要なエネルギー源なのです。地球上の全てのものは、それぞれ固有の超微弱なエネルギー(波動)を発しています。

 

この波動のうち、人間が発している波動を「気」といいます。人間の身体はおよそ60兆個の細胞から成り立ってると言われています。その細胞組織や臓器の一つ一つが固有の波動エネルギー(気)を発しています。その波動(気)が正常な波から外れたり、弱くなると体調が悪くなったり、健康を害することになる恐れがあります。

 

「気」の説明でわかりやすいのは、初対面なのに話しやすい人、何度会っていても話しづらい人がいるように、その人と「気が合う」「気が合わない」と感じます。それはお互いが発している「気=波動」が自分自身に「合っている」「合っていない」ということなのです。この他にも私たちは「気配を感じる」「気がつく」「運気が強い」「気味が悪い」など、「気」を使った言葉が、人間の五感で波動を知らないうちに感じとっています。

 

私たちは、自分自身に同調する波動に囲まれているときは安定し、幸せだと感じます。ところが身につけている物(時計、携帯電話、宝飾品、化粧品、薬、コンタクトレンズ、眼鏡、歯の詰め物など)や生活環境、人間関係など、波動が自分に同調していないときは、体に影響(ストレッサー)を及ぼし、とても疲れたり、傷めたりと体調を崩してしまいます。特に金属製品や化学合成品などの人工製品は体に悪い影響を及ぼす傾向が高いようです。

 

あなたは、大丈夫ですか?