解放と感謝、金運アップのための満月ワーク

『満月ワーク』の基本的なやり方について

 

満月は、浄化パワーが強いときです。自分に必要がないもの、必要なくなったものを手放すのに適した時期です。

 

☆ 満月の解放ワークと感謝ワーク ☆

 

まず、メモ用紙とペンを用意します。

できれば、心の整理を促しやすい青い用紙が良いとされていますが、なくても大丈夫です。

必ず、満月の時刻になってから心を落ち着けて、手書きで浄化したいこと、手放したい事柄を「一人称で箇条書き」に2~10個以内で書き出してみましょう。

 

書いた内容を声に出して読み上げた後、「私は、生まれ変わりました。今までありがとう。」と感謝の気持ちを込めて言ってみてください。そして、その紙を手放すことで自分自身を解放するため、ビリビリに破って捨ててしまいましょう。そうすることで、手放すワークを完了させます。

 

その後、深呼吸をして「満月のアファメーション」を唱えましょう。

 

また、新月のお願い事が叶っているかどうかの確認もしてみてください。願いが叶っている場合は、「ありがとうございます」と感謝の言葉を忘れずに言ってください。

 

叶っていない願い事は、願い事に無理がないかどうか、自分が願いを叶えるための行動がなされているかどうかを再確認してみるのもよいと思います。そこで、見直しが必要だと気づくかもしれません。

 

女性の方は、満月はホルモンバランスを崩しやすく、情緒不安定になりやすいようです。イライラしたり衝動的な行動をとってしまいやすいので注意しましょう。そんなときは、レスキューレメディで対応するのもよいでしょう。

 

パワーストーンをお持ちの方は、月光浴をさせて浄化とエネルギーチャージをするのもおすすめです。また、金運アップを祈願するのもよいそうです。

 

なぜ金運アップなのかを説明すると、経済心理学では、月の満ち欠けによる株価での影響を調査した結果、株取引では満月の影響で株価が下落し、新月の影響で株価が上昇するという調査結果が発表されています。

 

すなわち、月の満ち欠けは、経済を揺るがす影響力があると言っても過言ではありません。満月の日は、不安感を抱きやすく情緒不安定になりやすいようです。不安や恐れから何事にも行き過ぎた衝動に捕われやすく、株取引で例えると、判断力が低下し優柔不断になりやすく不安や心配が助長されるので、持ち株が下落するのではないのかと恐れる気持ちから、持ち株を売る人が多くなるため、株価は自然と下落するようなのです。

 

逆に、新月では「物事がスタートしやすくなるパワー」の影響から、気持ちが前向きになり意欲的に株を買う人が多くなるので、やはり株価は上昇するようです。

 

このような傾向から、満月の金運アップのワークでは、お金が手元から離れるだけでなく、きちんと戻ってくるイメージで、常に経済が循環していることに感謝をすることがポイントです。

 

☆ 満月の金運アップのワーク ☆

 

お願いをするときは、お財布から銀行カードやクレジットカード、買い物レシートなどの「お金が出ていくもの」を抜き出しましょう。お札と小銭は入れたままで大丈夫なので、そのお財布をフリフリしてください。

 

このときに 「今月もたくさんの臨時収入がありました。どうもありがとうございます」と感謝の気持ちを満月に伝えましょう。

 

そして、「私は、十分なお金が絶えず回っていて幸せです」と唱えながら満月パワーをお財布の中にチャージしてみてください。お財布フリフリが終わったら、カード類は元に戻して大丈夫ですが、レシートは抜き取ったままの方が良いでしょう。お金の無駄使いがないかどうか、レシートを再確認することもお忘れなく…。

 

次回の満月は、10月6日です。詳細はこちら

<満月のアファメーション>

 

満月の光によって、私は、癒され、安らぎを得ています。

満月のエネルギーによって、私は、私の弱さを手放します。

 

私は、進化するために、頑な態度を手放します。

そして、私は、全てのマイナス感情を手放します。

 

満月の浄化パワーで、私は新しい自分に生まれ変わる準備ができています。

 

私は、サナギから羽化(うか)して、

広い世界に飛び立つ準備ができているチョウチョです。

満月のエネルギーによって、私は、その時を迎えます。